先週のこと。

in-kyoでもポストカードやドローイング集、
新作ではマスキングテープなどの作品をお取り扱い
させて頂いている素描家のしゅんしゅんさんが、
はるばる広島から三春までやって来てくれました。
ま、広島から直接びゅーんとではなく、
ちょうど東京・国立市谷保のcircle gallery&books(国立市谷保5119やぼろじ内)
で今月の24日まで開催中の個展「Croquis De Voyage」があり、
ならば!と展示在廊の後、北上してくれたわけなんですが
お疲れのところ本当に有難く、嬉しいことです。

メールでのやり取りはしているものの直接会うのは久しぶり。
実は来年の今頃、しゅんしゅんさんの個展を
in-kyoで開催する予定で、その前にお店と三春の町の
空気を感じ取っておきたいと、足を運んでくれたのです。

この日はちょうど漆作家の宮下智吉さんも浄法寺に行く前に
お店に立ち寄ってくれて、初対面の二人はなんとなく
空気感も似ていてこの場で紹介できたことを
勝手に喜ばしく思っていたのでした。
そんな宮下さんも今年の12月に個展を予定。
in-kyoのこの空間の空気を染み込ませるように
言葉にはならない何かをいつも持ち帰ってくれているようで
展示が今からとても楽しみ。

しゅんしゅんさんも宮下さんも作家として活動を始めた頃からの
おつきあい。ぐんぐんと成長していくお二人に
おいて行かれないように私も頑張らねば。
やり取りを繰り返し、妄想?想像?イメージを広げながら
だんだんと展示の輪郭がくっきりとしてくる
その実感を味わうのがワクワクするのですが
そのワクワクが私だけでなく、お客様へもちゃんと伝わる
かたちになるよう、準備を進めていきますので乞うご期待。

私は残念ながら行けませんがご興味のある方は
24日まで東京で開催のしゅんしゅんさんの個展もきっと素敵だと
思うのでぜひ。