昨日は朝から頭も体も重くて重くて、気持もなんだかしょぼしょぼだった。
それでもお店に向かってテレンテレンと歩いていたら、
見覚えのあるブルーのかわいい軽トラにゆっくり追い越された。
ふと顔をあげると革作家の曽田さん。
ゆっくり走る(歩く?)軽トラを運転する曽田さんとしゃべりながら並んで歩く。
そんな小さな出来事でもずいぶんと救われた。
人間「毎日元気に楽しく!」ってワケにはいかないのだ。
でもそれでいいのだと思う。そうじゃないと本当に楽しいことも
平均的に薄まってしまってもったいない。昨日みたいな日もある。

今日は打って変わって久々の青空。
天気によってこうも気分というものは違ってくるんだろうか。
午前中お休みを頂いて、睡眠もたっぷり。
寝床で仰向けになりながら枕もとのカーテンを引くと
青い空と白い雲が窓いっぱいに広がっている。
そうなってくるとだいぶ気持ちがラクになって
すんなり起き上がれた。

お店に寄る前に銀座の「日々」で明日まで行われている
岡田直人さんと竹俣勇壱さんの展示を観に行った。
実は先日、オカズ夫妻に小松まで連れて行って頂いて、
岡田さんのお宅にお邪魔した。
良い器を作る方はやはり食いしん坊!奥さまもお料理上手で
その土地の山の幸、海の幸をたらふくご馳走になりました。
はぁぁ書きながら反芻、反芻。
そして思うことは岡田さんの器は使ってこそ、使ってさらに良さがわかる器だと。

良い器を見て良い気分になって午後から出勤。
天気とか環境とかでこんなにも大きく左右されている。
でも自分にとってはそれも自然なことなのかもな。
先日訪れた木曾の空気はどこまでも澄んでいて、木々の匂いや小川の水が流れる音、
虫たちの鳴き声・・・それらにつつまれた一日は体がふわっと軽くなった。
null

昨日のお弁当はその木曾のもの。
漆のわっぱ。
お弁当箱を変えるだけで気分も変わる。
梅干しは昨年漬けた小梅の梅干し。
味がだんだん丸くなってきた!
null





20日から木下宝さんの展示が始まりました。
そして昨日はライブイベントの日。
お申し込み頂きました皆さま、当日夜の部にお越し頂きました皆さま、
本当にありがとうございました。
もちろんライヴだけでなく、in-kyoに足を運んで下さった皆さまも、
ありがとうございます!
null
心配していた天候もなんとかもち、じめじめしながらも
アノニマ・スタジオのキッチンスペースには川風がサワサワ吹き込んでいた。
何より青木さんと入江さんの涼やかな演奏がスーッと体を包んでくれて、
昼の部では耳を傾けながら「このまま昼寝ができたらさぞかし気持ちいいだろうなぁぁ」と
思っておりました。
今回、演奏の中で入江さんが宝さんのガラスを楽器として演奏して下さって、
夜の部ではなんと宝さん自身がグラスハープ奏者?として参加!
ギターとミュージカルソウ(のこぎり)とガラスの音が気持良くて、
昨夜はいつまでも耳の奥の方でひたひたと余韻に浸っていた。
例えていうなら水面に仰向けになってプカプカと浮かんでいるような・・・
足も手もバタつかせないで、耳の際々が水面に出たり入ったりしているときみたいに。
ラッコじゃないからそれは無理か。
null
今日は天気予報の通り、午後からどしゃぶり。
けれども窓越しに並べた花器は雨降りでも光を通してきらきらときれいで、
雨降りも悪くないなと思わせてくれる。
平井さんが活けてくれた野花たちはまるでそこから生えてきているみたいに
宝さんの花器たちに沿うようにのびのびしながら透明なガラスに色を添えている。
今日のin-kyoは静かーで、そんな様子をひとりじめするかのように(あ、南さんと二人じめです)
しげしげ眺めていてとっぷりと贅沢気分にひたっております。
そして青木さんのCDを聴きながら目を閉じて・・・
おっと、キケンキケン。

null
花器にはノズル付きのボトルを使ってギリギリまで水を差し込んでます。
こうするとガラスに水跡がつかずに済むと宝さんが教えてくれました。
水がたっぷり入ったガラスもこれまた美しいのです。
日記を更新しないまま、気がつけば2週間以上が経ち・・・。
バタバタしていて、これではなんだかカラカラカラカラと、ゲージの車輪の中で駆けているハムスターみたいだ。ハムスターというところが重要で、ハツカネズミのように軽やかじゃない。ぽたんぽたんとお腹のあたりがたぷついて、車輪の回転に間に合わなくなり、そのうち蹴つまずく・・・。で、だら~んと車輪に体をまかせて突っ伏してしまう。うん、やっぱりハムスター。
null
えーっと。
井藤さんの展示が7日で無事終了し、搬出の日が鳥越神社のお祭りと町内会の榊神社のお祭りとも重なり、搬出日をずらして頂いた。
そして大変お礼が遅くなりましたが、期間中に足を運んで下さった皆さま、本当にありがとうございました。どの大きさにしようか、素材、色、中に何を入れようか・・・などと真剣に考えていらっしゃる方が多くてその様子を見ているだけでシアワセでした。

搬出が終わってしまうとぽかんと取り残されたようでしばらく寂しかったのだけど、そうこうしているうちに、今日は明日から始まる木下宝さんの搬入日。
今週は梅雨空が戻ってくるらしいけれど、キリッと涼しげなガラスとコーヒーでジメジメ気分をすっきりさせようっと。そしてどうやらライヴでは青木さんがガラスを音源にした演奏も取り入れてくれるとのこと!
ますます楽しみです。
null
実はこの2週間のうちに、木曽に行ったり小松へ行ったりしていて、そのときの日記も書きたいのにぜんぜん追いついていない・・・。
五月晴れをたっぷり味わうことなくこのまま梅雨入りしそうな天気。
肌寒かったりもするし何を着て出かけたらいいのかわからなくなって
朝はいつも慌てる。

あわわ、あわわとしながら「出かけよう!」としたところで貧血を起こした。
貧血を起こすと、バチンとブレーカーが落ちて真っ暗闇になるみたいに目の前が暗くなる。
今日のは軽かったから少し横になってクラクラするのがおさまるのを待つ程度で済んだけれど。

お店に来て、今日みたいな雨降りの日は青木隼人さんの音楽が良く似合う。
次回の木下宝さんの展示の際には青木さんのライブも予定していて今からとても楽しみ。
(詳しくは「お知らせ」のページにて)
null
ライヴも2部制ならば、そこで用意するコーヒーも2部制。
昼間はオオヤミノルコーヒーさんの豆を使ってコーヒーフロートとコーヒーゼリーを。
お客様に選んで頂けるように用意。
夕方の方では森彦さんのコーヒーを使ってアイスコーヒーを。
今日、ちょうどオオヤさんにお電話をしたところ。
オオヤさんとのコーヒーのやりとりは豆が到着するのをワクワクさせる。
オオヤさんはコーヒー診療所の院長さんみたいで、
私はお望み通りのコーヒーが飲みたくて仕方ない患者みたいだ。
null

グラスはどちらも宝さんのグラスを使ってサーブします
宝さんのグラス、一件華奢に見えるのだけど底に重みがあって安定感があるのです。
井藤さんの展示中にも日曜日には宝さんのグラスを使って冷たい麦茶をお出ししました。

ライヴも夕方はまだまだお席に余裕があるのでご都合の良い方は
ぜひお申し込み下さいませ!


日曜日のまかない。
アスパラは山形の友人Yちゃんに頂いた美味しくて長~いアスパラを
網で焼いて塩・コショウ、レモンをしぼって。ジューシー!
null
土曜日から井藤昌志さんの「シェーカーBOX」展が始まりました。
初日は雨降りの肌寒い天候にも関わらず、たくさんのお客様がご来店下さいました。
そしてからりと晴れた昨日も。本当にありがとうございます。
null
私自身がふーっと息を抜いて見ることができたのは今日の朝になってから。
昨日まではやはり「テンパって」いたようです。
カウンターの中に座って展示スペースに目をやると、積み重なるシェーカーBOXが
ひとつの絵のように見えて、ふつふつと幸せな気持ちが込み上げてくる。

「なんて贅沢なんだろう」
null
そこではお客様がゆっくりと時間をかけて蓋を開けたり閉めたり、木の香りを楽しんだり。
井藤さんの空気感がそうしてくれるのかな。お客様も井藤さんとお話を楽しまれていた様子。
見たり、触れたり、もちろん使うことで気持ちを豊かにさせてくれるものが暮らしの傍らにあるというのはつくづく素敵なことだと思う。何かに偏ることなくバランスを取るということも重要だなぁとも思う。


展示は7日まで行っております(最終日は17:00まで)
シェーカーBOXの型や素材・成型する前の状態のものなどの展示品も。

また朗報!
土・日のみの販売を予定していた「庄村米穀店」さんの食材ですが
庄村さんのご厚意により、最終日まで引き続き販売させて頂けることになりました。
季節柄、麦茶やそうめん、ひやむぎなどが人気です。
その他にも生のトチ餅や蕎麦の蜂蜜もコクのある独特の味わいで美味しいですよ。
ぜひともこの機会に。
null

今日の日記の撮影担当はアノニマの南さん。アングルがいい!