柴代直樹さんの個展が22日に終了しました。
期間中、柴代さんは毎日お店に顔を出してくれて
それがとっても有難かった。
同じ言葉を使っても、つくった人からでないと
伝わらないニュアンスというものがある。
届くものが違うと思う。

それでもほんの少しでも普段の接客に
生かせたらなぁと柴代さんとお客様が話す言葉に
聞き耳を立ててみたり。貴重な時間になりました。

期間中足を運んで下さった皆さま、
本当にありがとうございました。
柴代さんにも感謝、感謝。
年末に窯焚きをするとのことなので
また手伝いという名のお邪魔?をしようかと画策中。
null
そういえば、ここのところの寒さで町中の木々も
ずいぶんと紅葉し始めた。
写真のイチョウは11月頭の上野公園のイチョウ。
ヴィルヘルム・ハンマースホイ展を観に行ったときに写したもの。
きっと今頃はパーっと周りが明るくなるくらい色づいているんだろうなぁ。









in-kyo初の焼き物のの展示となったわけですが
気温が下がって朝からきゅんと空気が引き締まっている。

昨晩は京都からナカムラユキさんがいらっしゃって
一緒に「ともすけ」さんでゴハン。
実は先日もお会いしたばかりだったけど、
落ち着いてお話ができなかったのが
気になっていたので、昨日はゆったりと会えてホッとした。
私にとっては京都の母、いえいえお姉さま。
ほんと、思えばずいぶんと長いことお世話になっている。
もうすぐユキさんの本、「雑貨暦」の第二弾が出版される。

帰り道、馬喰町の街路樹が街頭に照らされて、
紅葉した黄色の葉っぱがキラキラ黄金色に見えてきれいだった。
空気が乾燥しているものだからコンタクトがカピカピになって、
つけていられず、はずして帰ったもんだから
あらゆるものがそんなふうにキラキラ、キラキラ。
冷え込んできたから星もたくさん見えた。
乱視のせいだけじゃない。
加えてほろ酔いというのもあったのだろうけど。

null



柴代さんの個展が始まりました!
null
個展初日の昨日は「すみや」の1日食堂の日。
in-kyoのOPENと同時にお客さまで店内はいっぱいに。
「すみや」の真秀さんが選んだ柴代さんの器に
ロールキャベツやレバーパテ、スープなどが
盛りつけられてテーブルへとどんどん運ばれていく。
お食事をされているお客様の表情も
みなさんとても幸せそうでじんわりと嬉しさが
こみ上げてきた。


null
in-kyoは器と生活道具のお店といいつつ、
実は焼物(器)の個展は今回が初めて。
お店で扱う器で使い心地を実際に味わいながら
食事ができたら理想だなぁ・・・と思っていたことを
今回実現させることができた。
それもこれも柴代くんや「すみや」の角田夫妻、
お手伝いをしれくれたみんなのお陰です!
ほんとにほんとにありがとうございました。
美味しかった。楽しかったよぉ。

そして美味しそうに食事をして下さったお客さま。
ご来店くださった皆さま。
本当にありがとうございました。
null
焼き締めの器、いかがでしょう?
食堂の様子を見ながら昨日あらためて
懐が深いなぁとしみじみ思いました。
大地のような器にキャベツの透き通った色。
そこにエイっと真っ赤なトマトソースが
重なって・・・その色の取り合わせが
本当にきれいでした。
残念ながら写真があまり撮れていなくて、
そのうちトマトソースも無くなり・・・。
「すみや」さん。またロールキャベツ作ってください!

食堂「すみや」のイベントは土曜日だけでしたが、
柴代さんの個展は今週22日(土)まで開催しております。
ピカピカ新米ごはんも焼締の飯碗に似合いますよ。

明日から柴代直樹氏の個展が始まる。
ずいぶん前に予定を組んで、窯出しと
窯焚きを見に柴代くんのもとを何度か訪れた。

実は私自身、お店を始めるまで焼締の器を
持っていなかった。
それまでも使っている友人の食卓で見る機会も
多くあったというのに、なかなか取り入れることができずにいた。
存在感があって他の器とのバランスを考えて
そうしていたのだけど、最初は酒器から・・・と
徐々に使い始めるようになってからは
土のあたたかみと力強さを感じる器が
違和感なく食卓に並ぶようになっていた。
null
不思議なもんだ。

食べ物の好みが変わるみたいに
苦手かな?と思っていたものが好きになっている。
ただ私に固定概念があっただけかもと思う。
それが「えっ?」って感じで簡単に解かれてしまうのがおもしろい。
null
柴代くんの器は和風の食事に似合うのはもちろんなんだけど、
洋風の食事にも意外に似合う。
とにかく土の匂いがするような野菜との相性がいいように思う。

そんなわけで明日の食堂担当の「すみや」さんが
今頃ロールキャベツをたーんと仕込んでくれているはず。
他にも個人的に気になっているのがレバーペースト&アップルバター!
バンショウとの組み合わせがぴったりかも。

数量の関係で、全部を柴代くんの器というわけにはいきませんが
お料理とともに器も楽しんで頂けたらと思います!


そして「お知らせ」にも書きましたが
in-kyoのオリジナルバッグが出来上がりました!
表地は墨黒?墨紺?と微妙な色合いのリネン地。
コットンの裏地にはポケットも付いてます。
肩ひもの結び方で長さを調節できます。
ななめ掛けもショルダーでもお好きなように使えます。
たためば小さくなるし、ショッピングバッグとして
くたくたになるくらい使って頂けたら嬉しいです。
お値段は税込で¥3780です。
null

立冬=冬の気配が感じられる。

ほんと、朝晩は冷え込むようになってきた。
今晩こそ布団を羽毛布団のあったかいやつに変えよう。

あっという間に日にちが過ぎたけれど、
静かに1周年を迎えたその日、合羽橋に新しくカフェがオープンした。
正確には11/2にオープンしたのだけど、31日はプレオープニングパーティーで
お店を閉めてからそのできたばかりのカフェ「itonowa」さんに駆けつけた。
in-kyoから急ぎ足で歩いて約15分。
途中にはパン屋さんののペリカンもあるし、合羽橋商店街を見て歩くのも
楽しいので、お天気が良い日にゆっくり散策されてみてはいかがでしょう。
null
あぁ地図作らなきゃ。

持ち歩いて、次にはここへも行ってみよう!と思いたくなるような・・・
よく道を聞かれるので、とにかく手書きでもいいから早く作ろう。
近隣の方々とも話題によく出ている。
ますますこの辺界隈のつながりが面白いことになってきた!

パーティに行ってitonowaの渋谷さんにちょこっとごあいさつをしたあとは、
南さんと水道橋の「アンチヘブリンガン」へ。
只今、「四月と十月」展をやっています。
食事もとっても美味しいし、とにかく居心地がいい。
知ってる人も知らない人も、みんなが幸せそうな顔してお酒を飲んだり
食事をしていて、さらには素敵な音楽が花を添え・・・。
隣のテーブルでは小さな女の子の誕生日パーティーをしていた。

なんだかついでに一周年をお祝いしてもらったような得した気分。
この日の帰り道はふわふわ最高のほろ酔い。