in-kyoも昨日で仕事納め。
本当は「納まって」いないことがたくさんあって
頭の中がモヤモヤ。バタバタあわあわしているわりには
やるべきことは遅々として進まず・・・。

と、そんな風にちょこっと眉間にシワを寄せているような
ここ何日かでしたが、昨夜のとある忘年会、
今日のとある結婚パーティーでモヤモヤの霧が晴れた。

昨夜はご近所、M野屋さんの忘年会にお呼ばれして
久々たくさんの人が集まる会で一芸披露。
たくさん笑ってたくさん食べて。
帰り際、みんなに「良いお年を~」と言いながら
健康で楽しく暮らせた1年を振り返って、
シアワセだったなぁとほろ酔いの頭でふわふわ思った。

今日は今日でもみじ市メンバー、型染めで楽しく愉快な手ぬぐいや
風呂敷を作っているkatakataの二人の
シークレット結婚パーティーに出席するために仙川へ。

パーティーが行われた場所ははじめてもみじ市が行われた場所。
2年前になるのに、もうずーっと昔のことのような、
つい最近のことのような不思議な感じ。
そこで二人には内緒でみんなで朝から着々と会場準備。
ブーケは迫田さんが、お料理はみんなの持ち寄り。
ケーキはアノダッテのお手製!そして音楽はtico moonと・・・
あたたかくて今、思い出しても涙線がゆるんでくる。

やるなぁ北島さん。
企画チームと準備チームのみなさまお疲れさまでした!
ふたりの幸せのためにみんなが本気。
ほんといい仲間に出会えたなぁ。
お天気も良くて夕焼け空もあつらえたようにきれいだった。
お陰で澱んでいた気分はどこかへ行ってしまった。

明日、明後日は藤野へ窯焚きのお手伝いに。
昨年よりも余裕が無いような気がしないでもないけど、
こんな年の瀬も悪くないかも。




お知らせページで告知した「n100」のイベント。
あちらのページでは画像がアップできないので
こちらの日記で一部をご紹介。
null
n100春夏コレクションのモデルは
料理研究家の渡辺有子さん。
「うー!選べない!」
と言いたくなるくらいどれも素敵。
そしてどれを選んでも絶対間違いなしです。

null
今週の水曜日から浅草寺で羽子板市が始まりました。
テレビのニュースでは毎年見ていたものの、
実際に行くのは初めて。
昨日はM野屋さんの方々に連れて行って頂き、
お着物を着ていざ羽子板市へ!

お着物を着る機会は何かきっかけがないとなかなか無いもの。
というわけで羽子板市を口実に「着物の会」開催。
羽子板の市が並ぶ賑やかな通りを抜けて、お参りをすませ
晩ごはんは浅草寺近くの「さくま」で。
ここは畳の個室があって、まるで誰かのおうちで
寛いでいるような感じ。
昨日は厚揚げの煮浸しが美味しかったなぁ。
ビールも勝手に冷蔵庫から出してきて後から自己申告。
着物でもかしこまらずに行けるのでホント気軽で楽しい。

そう言えば先々週はM野屋社長夫妻と
中山うりさんのライヴにも行った。アノニマ南さんも一緒に。
場所はシブイぞ鶯谷。中山うりさん、CDもいいけど
断然ライヴがかっこいい。
アコーディオンだけでなく、トランペットもすごく上手。
ブラバン魂がウズウズするほど。

師走、師走と気分はバタバタしているけれど、
なんだかんだと楽しんでいるじゃないかっ!こらっ私。

あと2週間足らずで今年も終わりだなんて…
誰かウソだと言って下さい。
「男には戦わなければならないときがあるんだよ」(レオ談?)
って言っているのかどうかわからないけど
どうやらケガの調子がよくなってきたようで
昨日から再び
「出せぇ。出せぇ」とせがむ困った猫よ。
仕返しにでも行くつもりなんだろうか?
まだまだキズは完治していないので
何が何でも出すわけにはいかない。

「人間界では女でも戦わなければならないときがあるのよ」
なーんて言ったところで通じるわけもないが。
朝の慌ただしい時間にそんなやりとり。
まぁ平和な証拠か。

明日は土曜日。
1週間が驚くほど早い。
時間の流れは止められないし、
突然起こる、気持ちがしぼむような出来事も
どうにもできない。
無力を自覚して、ただ前に進むしかないな、私は。

null





昨日の雨も朝には止み、
道端の雑草や木々に残った雨つゆが
日の光に照らされてキラキラときれいだった。

昨日はレオ(我が家の猫・♂)を病院に連れて行った。
というのも、どこの、どいつにやられたのか
先日外から戻ってきたと思ったら、ひっどいケガをしていて、
後ろ足はびっこまでひいている。
顔もやられて2日ほど目を腫らしていた。
猫社会もなかなか厳しいようである。
しかも男の戦い?って言うほど冷静ではいられず、心配で心配で…。
昨日やっと病院に連れて行くことができた。

レオは猫なだけに猫をかぶるのが得意である。
病院に着くまでは
「にゃーごぉ、にゃーごぉ!!」とかなり強い調子で抵抗していたのに
病院に入るなりぴたっと鳴き止んだ。
低い体勢で抵抗しつつも「大人しいネコちゃん」を装っている。
ま、ケガ人ならぬケガ猫さんなのでその辺は目をつぶってあげよう。

先生は化膿止めの注射を1本打って下さった。
が、また2週間後に病院へ行くことになった。
とにかく早くケガが回復することを願うばかり。

null
日記を更新していないうちにあっという間に師走に突入。
2008年は気分的にはずーっと師走のように
バタバタあわあわ駆け抜けた1年で・・・
と、早くも今年度をしめくくるようなことを
書きかけたわりには、まだまだやり終えていないことが山積み。
締めくるにはまだ早い!

うーん来年はもっと余裕をもって日々を送りたいなぁ。
前のめりになっても転ばないように、せめて足元はしっかり固めないと。

さてさて。
日記を書いていない間にいろんなことをしておりまして。
ちょうど先週の日曜日。
in-kyoの定休日に「天然生活」のお仕事で福島へ織物の取材に。
お忙しいところへお邪魔させて頂いたのですが、お時間を
空けて下さって、お陰でとても充実した取材となりました。
来月1/20発売の号ですのでお楽しみに!
null
写真は取材先の奥様がお昼ごはんに用意して下さったカレー!
お時間を頂いた上にお昼ごはんまで・・・
私たちを迎え入れて下さる気持ちが本当にあたたかなご夫妻でした。
カレーももちろん美味しかったです。

で、福島といえば私にとっての第二の実家、あんざい果樹園。
取材は1日で日帰りもできたけれど、ちょうど定休日も重なっていたので
久々あんざい家に1泊。
「ただいま~」という気持にさせてくれる場所というのは
そんなにたくさんあるものではない。
家族のみんなに混ざってお鍋を囲んで・・・
何てことないひとときかもしれないけど、
ここで過ごす時間は、普段自分でも気づいていない
力みみたいなものをゆるめてくれる気がする。
null
1泊だけでお手伝いらしいお手伝いはなーんにもできなかったけど、
私の方は十分リフレッシュさせてもらった。
あんざい家のみなさまありがとう。。。

きーんと冷たい冬空の向こうには
粉砂糖をたっぷりとまとったようなあづま小富士。
すっと胸がすく様。
null