昨日の日記にも書いたけど
明日は初の人間ドック。

健康診断らしいものを受けたのはかれこれ何年前だろう?
ついついその辺をおろそかにしていたので、
40歳を機に人間ドックを受けようかと。
あ、女性のみなさん。人間ドックと婦人科系の検査を
一緒に受けられる病院もありますよ。
しかも今は便利なもので、引っ越し先で馴染が無い土地でも
ネットで調べられるから有り難い。

正直ちょっと緊張する。
バリウムか・・・とか
マンモグラフィ、前に受けた時痛かったなぁ・・・とか。

というわけで今日は早めに就寝。
ここ何日かは禁酒。




月が明るくてきれいで・・・足元を照らしてくれていた。
なんてことない日常のひとコマだけど
たぶんずっと覚えているんだろうなぁという静かな帰り道。
もうすぐ満月だ。


今日は帰りに家の近くにあるスーパー銭湯へ。
ここは岩盤浴もあるので背中がガチガチに凝ったときや
芯から冷えたときの一時避難所にしている。
整体にもなかなか行けないし、体を温めるだけでも
ずいぶんと違うので。
たっぷり汗をかいてデトックス。
まだ少し尾を引いている風邪もこれで抜けてくれるといいんだけど。

月曜日は人生初の人間ドック。
健康第一。
体が元気であれば、大抵のことならきっと何でもできる。

♪月がとっても青いから~遠回りして帰ろう♪~

この歌、小さい頃はどんな心境なのか
どんな夜空なのか正直わかっていなかった。

が、今ならわかる。
今日の月灯りは明るくてまさにそんな夜。
帰り道、ただたらたらとひと駅くらい歩きたかったんだけど
寒いし、また風邪がぶりかえすといけないのでやめておいた。

成田理俊さんの個展が本日で終了しました。
今回は寒い中、たくさんのお客様に
足を運んで頂きました。
期間中ご来店下さった皆様、誠にありがとうございました。
成田さんの一部の作品は引き続きin-kyoにてお取り扱いしておりますので
またぜひお手に取ってごらんください。

毎回展示の最終日に思うのは、始まってしまうと
あっという間に終わってしまった気がすること。
ずいぶん前から楽しみにしていた旅行が終わってしまったように。
搬出作業もあっという間に終わって
がらんとした空間を見るとしみじみとしてしまって
非常にさみしいものです。

成田さんは「家族みたいでしたよねぇ」と言っていた。
ほんとだ。
アノニマ南さんと3人で毎日のようにお昼御飯の賄いを食べて
作品のこと以外のことも色々と話をして・・・
うん、これは家族に近い感覚なのかもなぁ。

in-kyoの什器。
今回の展示で使用したものを譲って頂いて
一部変更しました。サイズもぴったり!
什器が変わるだけでモノの見え方がまたずいぶんと
変わって見えるものです。。。







今夜の月は明るくてぼわぼわしていて、
なんだか春先のおぼろ月夜のようだった。

今日は陶芸家の五月女寛さんが予約をしてくれて
お店が終わった後に成田さん、オカズデザイン吉岡夫妻と
一緒にともすけさんへ。
途中アノニマ丹治さんも加わってのゴハン。

ここ2~3日の考えごとの気持の落とし所として、
昨夜のUさんとの会話は、やっぱり自分の中で
すとーんと素直に落ちて、自分がなんとなく感じていたことを
そのまま言葉にしてくれたような気がした。
九州女のなせる技なんだろうか?
大陸気質の人間の器の大きさなんだろうか、
歳は私の方が上なのに、お姉ちゃんのスケールの大きさを
Uさんに感じていた。

で、今夜はともすけさんで美味しいゴハンとワインを頂きつつ、
考えていたことは「自分がいる場所はここでいいんだよね」ということ。

ひょっとしたらそこは傍から見たら面倒だったり、
煩わしいこともあるかもわからないんだけど、
効率とか要領の良さとかということをわかっていながら
違うことをやろうとしていることや人たちに
自分はどうも魅かれてしまうんだなぁと
酔った頭で考えていた。
だからこそなおさらそこは譲れないなと。

あ、これ酔っ払いの戯言です。

でもなんだかすごく大事なことのような気がして
酔っていながら敢えてここにメモをせねばと
眠くて仕方ないんだけど文字にしてみました。。
こんなこと考えていたから鼻の頭すりむいたんだな。
幸い傷痕は残らずに済みそうです(笑)


23日のイベントから引き続き、
in-kyoの店頭ではイベントでお料理を作ってくれたオカズデザインのレシピ本、
「食堂かたつむりの料理」と先行発売の「豚ごはん」を販売しております!
早いところだと今週末には書店さんの店頭に並ぶそうなので
ぜひ手に取ってご覧ください。
きっとお腹が空いて、確実に豚肉料理が食べたくなりますよ。
個人的には紙カツが非常に気になります。

と言いつつ、なんと「豚ごはん」の本は本日完売御礼!
また追加をお願いしようと思いますので次回の入荷をお楽しみに。

こちらの本の写真はキッチンミノル氏。
キッチンは度々ゴハンを一緒に食べたりしている
お仲間でもあります。
本人にはあんまり言いたくないけど、写真がとってもいいです。
「いい」にもいろんな種類があるけれど・・・
ここではあれこれ細かいことは言わないでおきますので
ま、とにかくまるごと1冊豚さんづくしのこの本をぜひご覧ください!

実はどちらの本にも成田さんのフライパンが登場しているんですよ。
今日もたくさんのお客様が成田さんの展示に足を運んで下さいました。
本当に有り難いことです。
成田さんは今夜、木工作家の富山孝一さん宅にお泊りするんだとか。
美味しいお酒と酒粕を持って、楽しそうに帰って行きました。

最終日の28日は展示スペース、常設共にPM5:00までの営業となっておりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


私は今夜はUさんと久々夜中の長電話。
前世とかってあまり普段は考えたりしないけど
Uさんとはたぶん姉妹なんじゃないかなって
思うことがよくある。
今日も喋っててそう思って、そして気持が軽くなった。


昨日、布団を干そうとベランダに出たら
何かの拍子に布団が物干し竿にぶつかって
鼻の頭に物干し竿が落ちてきた。

急所ですよ、鼻の頭は。
「痛っ~!」
自分でやってるんだけど、こういうのって
何に、誰にっていうのでもないのだけどなんだか無性に腹が立つ。
で、今朝起きて鏡を見たら鼻の頭がすり剥けていた。

ぼんやりは今に始まったことではないのだけど、
昨日は一日そんな調子で、スーパーに買い物に行って
レジでお会計を済ませて、買ったものを袋に詰めなきゃいけないのに
買い物かごをそのまま持って外に出てしまい、
突然「はっ!」と気づいて慌てて引き返した。
スーパーの人も気づいてなかったから良かったけど、
かなりの不審者。ひとりで赤面しながら買ったものを袋に詰めた。

今朝は買ったはずの単4電池を自分で入れ忘れをしたらしく、
引き返してお店の人に聞いたものの見つからず・・・
結局もう一度買い直すはめに。

はぁ~ヌケ作。

このぼんやりは私が考えてもどうにもならないと
わかっていることをつい考えてしまっているからか?
考えたってしょうがないのに。

今日は午前中に撮影があったことがかえって良かった。
初めてお会いする方でしたがそれも新鮮で。
頭の中をリセットリセット。
今は目の前にあることに集中していこう。

本日in-kyoは定休日ですが
成田さんの展示は28日(木)まで開催しております。
成田さんも展示期間中は毎日在廊して下さっているので
ぜひお越しください。
昨夜は打ち上げ。

土曜日の蔵前界隈はお休みのお店が多い上に、
人数も多かったのでお店選びがなかなか難しく・・・
と思っていたところにYさん登場。
本当に頼りになる食いしん坊さん。仕切りも完璧。
私がやらなきゃいけないのにすっかりお世話になってしまった。
ほんとありがとう!

場所は両国橋のすぐ近くのどじょう屋さん。
大相撲初場所中というタイムリーな時期でもあり、
帰りには両国橋を渡りながらYさんが橋のところどころにある
お相撲にまつわるデザインモチーフを説明してくれた。
橋の真ん中あたりに土俵があったり、国技館の屋根の形の
ポールがあったり・・・
まるで観光ツアーのような・・・完璧なコーディネイターさんだな、Yさんは。

朝が早かったからか、家にたどり着いて気絶するように寝てしまった。
が、今朝は早めに起きて明日の自宅での撮影に備えて掃除やらもろもろ準備。
洗濯物もたまっていて一気に洗濯。

風邪もようやく抜けてきたのか、顔も痛くなくなったし、
鼻の通りもよくなってきた♪





朝食イベントの朝。

9:30スタートの朝食イベント「Hotel de NARITA」
開店前の準備もあったのでAM6:30にお店へ。
家を出るときには空はまだ暗かったのが、
蔵前に到着すると隅田川の向こうにきれいな朝焼けが。

イベントスペースのテーブルには
真っ白のテーブルクロスをかけたからか、
空間全体が真っ白で
洗いたての布巾のような清潔感が漂っていた。

オカズデザインチームはオリジナルユニフォームのエプロンに
足元は革靴!大宅さんもオリジナルのスモッグを着用。

メニューと看板のタイトル文字はオカズデザイン室長がデザイン!
本当にこんなホテルがあったらさぞかし素敵だろうなぁと
ガラスのこちら側から成田さんと見ておりました。

ご来店頂きました皆様、寒い中早い時間から
お越しいただきましてありがとうございました。
「Hotel de NARITA」いかがでしたか?
オカズデザイン&お手伝いの皆様、そして京都からはるばる
来て下さった大宅さんに感謝感謝です。
ネルドリップ、本気で練習しよう。



本日初日。
null
いつもの午前中はゆったり静かなin-kyoですが
今日は寒い中、朝からたくさんのお客様が
お見えになりました。本当に有り難いことです。

やはりDMで使用した両手鍋のタイプが展示でも人気者。
嬉しい限りです。
null
明日は朝食イベント「Hotel de NARITA」
コーヒーをお願いした大宅さん自ら明日はネルドリップで
コーヒーをサーヴして下さいます。
大宅さんの豆が美味しいのはもちろんのこと、
自ら入れてくださるコーヒーは
なんともいえないまろやかさがあるんです。
しかもコーヒーをいれているときの大宅さんの動作も流れるようになめらかで。
そういったものすべてが味に出るんだろうなぁと思います。

予約制のため、既にお席は予約のお客様でいっぱいなのですが・・・
申し訳ありません。
成田さんの調理道具を使用して供されるオカズデザインさんの料理!
ご予約して下さった皆様、どうぞお楽しみに。
私も気合入れて早起きして準備致します。

明日は発売したばかりのオカズデザインさん初の著書となる
「食堂かたつむりの料理」の本も販売致します。
こちらは皆様にもお手にとって頂けるように店頭でも
販売致しますのでぜひご覧ください。

そしてそして!
只今夜中にこの日記をアップしているのですが・・・
深夜のシークレット情報として、明日のイベント終了後には
イベントで使用した調理道具を特別価格にて販売致します。
こちらもどうぞお楽しみに。
null
今日の搬入作業は成田さんが什器を並べたかと思うと
サクサクと作業が進んであっという間に終わった。

梱包を解いて置いていっただけなのに、
それぞれの作品が収まる場所が
最初から決まっていたかのように
すーっと整列するみたいに馴染んでいく感じ。

並んだ作品の様子は圧巻です。
鉄の力強さが前面に出ているんだけど、
どこかフッと力が抜けるようなのんびりしたところもあって。

作品はもちろんのこと、今回成田さんが制作して下さった
什器もこれまたかっこいいのです。
空間が一気に引き締まりました。
成田さんの鉄鍋に合わせて制作して下さった
工房イサドさんの鍋蓋や鍋敷きも
成田さんの作品とピタッと息が合ったように
不思議なくらいしっくりしています。


明日からの展示、どうぞお楽しみに!


写真は明日またあらためて撮ったものをアップします。





明日は成田さんの個展搬入日。

今日の東京は最高気温が18℃!?
暖かいと何かと作業もやりやすい。
朝も布団から出るのがラクだったし。

そういえばネイチャー先生、
オカズデザイン室長ヒデさんが昨年教えてくれたっけ。

冬でも今日のように暖かい日が続くと
冬眠中のカエルが春が来たと勘違いして
外へ出てきてしまうんだとか。
いったん外へ出てきてしまうと、寒さが戻っても
カエルは穴へ戻って再び冬眠というわけにはいかずに
凍死してしまうそうで・・・
カエルのことを考えると今日のような陽気が
今続くのは心配だ。
人間は寒くてもなんとかなるし。

・・・
でも成田さんの年明けのブログを見たら
雪景色にぶるぶる震えた。
制作に火を使うとはいっても天井の高いあの工房は
さぞかし寒いだろうと想像してみる。

明日はできたての作品を自ら車に乗せて、成田さんが搬入にいらっしゃる。
ウチのテーブルもまた出動。しばらくは和室で朝ゴハンだな。
今回、鍋敷きなどの制作協力をして頂いた「工房イサド」さんの作品と
テーブルの天板はいわゆる親子。
その他の什器はなんと成田さんが制作!
私もまだ見ておりません。
私がジタバタしたってどうしようもないのに、
こうやって搬入日前夜はワクワクとドキドキでどうにも眠れなかったりするのです。




風邪は確実に治りかけているんだけど、
顔が痛い・・・熱は無いけど熱のかたまりみたいのが
顔にコリっとあってそれが痛む。

なんてこと書いてると病気自慢をしている
案外元気なおばあちゃんみたいだ。


風邪とはまったく関係ないけど・・・。

一度にいろんなことをできなくて
いちいち時間もかかるし、
不器用だったりするけれど、
でも思ったように生きよう。

ってこんなこと考えてるのって
実は熱でもあるんだろうか?
日中は家でお仕事。

ご褒美?のように今夜は前から行ってみたかったお店での食事。
ちょうどMさんのお誕生日のお祝いもかねての食事会。

ひゃぁ美味しかったぁ。
Mさんへお店から内緒でデザートと蝶ネクタイ!と王冠!のプレゼント。

こうやって美味しいものを美味しく楽しく味わうためにも
健康でありたいなと思うのと、お仕事も頑張ろうという気が沸いてくる。
とにかく夢心地。
ここのところへんてこな夢を見続けていたのですが、
今日はいい夢が見れそうです。

さぁてと!
明日から成田さんの展示に向けてエンジンフル回転でいこうっと。

成田さんの両手鍋で作ったパンケーキ。
アツアツのままテーブルへ。
null
今更ながらの「新年会」という名を口実に
今夜は我が家で持ち寄りゴハン。
いつものごとく、食いしん坊たちが作るゴハンは
どれもこれも美味しいなぁ。
私の料理は下手の横好き。
料理すること自体が楽しい上に、
食べてくれる人がいるというのはやっぱり嬉しいものです。


オカズデザイン吉岡夫妻からは美味しいお料理とともに
できたてホヤホヤの本「食堂かたつむりの料理」を頂きました。
表紙の写真が見とれてしまうほど美しい・・・
ちょっと離れて見るとクレパスで描いたような色に見える。
溶けてしまいそうな配色。
内容にも見入ってしまって原作の世界にとっぷりと浸かってしまいそうな
想像力を駆り立てられる1冊です。
うーん。いろんなことを考えさせられてしまう本だな。
神棚ならぬ、キッチンの食器棚の上が似合うかなと思って飾ってみました。
とにかく頑張ろう自分。なんかよくわかんないけどそう思ってみたり。



null
みんなが帰った後で、洗ったグラスを拭いている時間というのが
案外と好きです。宴の余韻をひとりで味わうというのか。

今日はお店が終わってからアノニマキッチンスペースで行われた
冷水希三子さんの食堂イベント「冬の皿」のお手伝い。
実はこのお手伝いをするということを口実に?
つい先日冷水さんのご自宅で本日のメニューの
試食をさせて頂いたのです。

いやはやー。
なんて気持ちを豊かにさせてくれる料理なんでしょう。
私のまわりでお料理の仕事をしている人たちはみんなそうなんだけど、
料理の味以上の美味しさというか、豊かさというか
そういったエッセンス?スパイス?を与えてくれる人たちばかりで・・・
冷水さんもそのひとり。魔法の手?

冷水さんはお話をしているだけでも気持がまるくなるというか、
穏やかになるんですよね。

お手伝いしていてもお客様が美味しそうに、
幸せそうにお料理を召し上がっている様子を
見ているのが本当に楽しかったです。
「そうですよね、そうですよね」って一緒になって食事をしているような
気になっていました。

そんな疑似体験をしていたからか、いつもだったら
お店が終わる頃の時間になるとお腹が空いて仕方ないんだけど、
今日は気持ちが満たされていたからか、不思議とお腹が空いていないというか・・・
本当は空いていたんだけどすっかり忘れてた。

で、イベントが終わってからはみんなでアノニマの近くの
ビストロカンパーニュへ。
やっぱりお腹は空いてました。フランス人並みに?たらふく食べました。

うっひゃー。食べ過ぎ。
ここのところ風邪ひきメニューだったので
久々ガッツーンとしたものを食べた。
食後に消化促進!と思ってコーヒーを飲んだけど
家に帰ってなかなか満腹感が収まらないので
梅醤番茶を。これを飲むと二日酔いにならないし、
消化を助けてくれるようで・・・

「冬の皿」
ひとつのテーブルを囲んで、最初はちょこっとぎこちない空気があっても
お料理やお酒がすすむにつれて、テーブルもお皿の中も
同じように一体感が生まれていくようだった。
ご本人も気づいていないかもしれないけど、
一枚のお皿の中でひとつひとつのお料理がまじり合って、
そこにしか無いそれぞれの味が生まれてたんですよね。
食べ物って本当にすごいなぁ。

外の寒さも忘れるくらい、あたたかい時間でした。






寝だめはできると信じて寝たら、できているような気がしています。
信じるのがまず大事。

ただ気になるのが「ねだめ」を漢字変換すると最初に出てくるのが
「寝駄目」・・・駄目って・・・。いえいえ駄目じゃありません。と
また自分に言い聞かせる。

のどの痛みもほぼ消えて今は鼻。
アノニマ南さんのティッシュをたくさん使ってしまった。
明日買ってお返ししなければ。

普段、薬をあまり飲まないせいか
頂いた薬は漢方系のものらしいけれど
効き目が早い気がする。のどのグリグリも効いたようだ。


子供の頃はしょっちゅう熱を出してしょっちゅう
幼稚園や小学校を休んでいた。
家にある本を読み切ってしまうと、退屈で退屈で
でも熱があるから寝ていなくてはいけなくて・・・
そんなときにうなされるように見る夢はいつも一緒だった。
今思い出してもちょっと苦しい。
どんな夢だったか今でもはっきり思い出せるのに、
いつの頃からかパタリと見なくなった。

そういえば熱冷ましの薬も恐怖だったな。
今日は自宅で朝から撮影。
外はずいぶんと寒いようだったけど
冬の光がやわらかできれいで
ピカピカしていた。

いい天気だったなぁ。

撮影が終わったあと、
おむすびとレンコンのすりながしのおみをつけ。
イチゴのマリネというお昼ごはんをみんなで食べる。

で、みなさんが帰った後、昼寝のつもりで布団に入って
目覚めたのが7時。4時間くらい寝てしまった。
で、夕飯はあるもので済ませて今日も早々に寝るつもり。

風邪には睡眠が必要。

今朝のラジオのニュースで、普段、睡眠不足の人は集中力が低下していき、
それを1日だけ睡眠を多く取っても回復はしないとかなんとかということを
言っていた。寝だめはできないと。
そうなんだろうか・・・

できると信じて寝だめします。 

昨夜はちっともなんともなかったのに
今朝起きたら扁桃腺が少し腫れてる。
昨日の寒さのためか?
「ちっともなんとも」なんかじゃなくって
一昨日あたりから寒い寒いと言っていたのは
気温のせいばかりじゃなかったのかも。

来週には成田さんの個展が控えている。
というわけで用心には用心を重ねて早退して病院へ。

病院ではのどの奥の方に長ーい綿棒のようなもので
グリグリと薬を塗られた。

「うぇっ」

と、一瞬涙目。
お医者さんってなんであんなに容赦ないんだろう?
ま、みんなじゃないだろうけど。

インフルエンザじゃなくて良かったー。
それに食欲が衰えていないのも有り難い。
が、消化が良さそうであったまるものをと思って
鶏手羽と下仁田ネギと生姜をたっぷり使ったおかゆを。
身体がポカポカして偏頭痛が和らいだ。
明日は撮影があり・・・

用意は終わったし、今日はこのまま早めに寝てしまおう。
蔵前では一時みぞれ混じりの雨が降っていた。
寒いわけだな。
何やっててもしんしんと下から冷えてくる。
靴下も重ね履き。腰にはカイロ。洋服もかなり重ね着してるけど
今日はさすがに冷え冷え。

ちょこっとアノニマ南さんにお店のお留守番をお願いして
昼間、谷中の松野屋さんへお祝いに。
ホッとするあったかいお店です。
もう何年も前からそこにあったような佇まい。
あ、奥様のきぬ子さんがやっていた「nuicoto」という
お店があった場所でもあるのですが、拡張&改装をして天井も高くなって
またずいぶんと印象も変わっているので谷中散策の際はぜひぜひ。


「谷中松野屋」のOPEN日です!

すみません!本日はオープニングパーティで
正式オープンは13日でした(汗)失礼しました。

いつも大変お世話になっている荒物問屋の松野屋さん。
東日本橋のお店はカゴや雑貨が賑やかに並んでいますが
ここは問屋さん。普段は小売りはしておりません。

が、谷中に直営の小売のお店がOPENすることに!
お店の名前は「谷中松野屋」
日暮里駅下車。通称・夕焼けだんだんのすぐ手前。
明日は午後にちょこっとお祝いで顔を出す予定です。
どんなお店になったのか楽しみ楽しみ。


今日は曇り空の寒い一日で、
家にこもって朝から事務仕事。

ちょっとのつもりで夜中に見始めた「いのちの食べかた」のDVD。
音楽も会話も解説もなく、淡々と静かに続く映像が
かえってこちらに大きなものを投げかけてくる。

ゼロではないということをこの頃考えている。
全く知らないというゼロ。
ほんのわずか0.1でもゼロではないということは大事だなぁと
つい最近まったく別のことについて思っていたこととつながった。

なんだか頭が冴えてしまってめずらしくすぐには眠れそうにないけれど
見ておいて良かった。




マメに美容院へ行く方ではないのだけど、
短くしたものだから少し伸びただけで気になって
めずらしく1カ月ぶりに美容院へ。
と、自分も思っていたけれど美容院でも
「めずらしく早いですね」と言われる。

前回よりも短くしたので首のあたりがスースー。
美容院へ行った後というのは美容院ならではのいい匂いがする。
いつまでもその香りが髪に残っていて気持ちがいい。
シャンプー?最後に髪につけてくれるヘアクリーム?いい匂いだなぁ。

帰りに恵比寿の写真美術館へ。
ここでばったりMさんに会いそうな気がしたので
(偶然同じ日に同じ場所にいることがとても多いので)
メールをしてみたけど今日はハズレ。
でも昨日だったら会っていたみたい!うわっ。

せっかくだからと新宿で待ち合わせをしてゴハンを。
定食屋さん→駅地下のベルクというお気に入りのコース。
どちらも雑雑しているし、タバコ臭かったりもするんだけど
どういうわけか妙に落ち着く。


久しぶりに会う友人が家族で来てくれた。
会社勤めをしていた頃の同期でかれこれ20年来の友人。
上のお姉ちゃんはこの春中学に入学!?とか。
うーん。歳を取るわけよねぇという言葉がつい出てしまう。
私にもそれぐらいの子がいてもおかしくないってことか。
はぁぁぁ。
子供たちと一緒になって遊ぶ方ならまかせといて!なんだけど。

そしてその後にも10年ぶりくらい?の再会が。
彼女は博多から東京に越してきていたとかで・・・
お店をやっていたからまた会えたんだろうなぁ。

そして陶芸家の柴代くんも久々やってきて。

今日はそんな日。
まるでお店が港になったような一日。


晩ごはんで食べた下仁田ネギがとろけるように甘くて
とっても美味しかったのでここにメモ。
焼きナスのように網で焼いて焦げたところだけ剝いて
オリーブオイルと塩。
レモンをかけたりしても美味しいけど
まるまると太った下仁田ネギはあれこれしなくても
十分美味しいのでごくごくシンプルに。


エライなぁネギ。こんなに美味しくて。



お店の冬期休業(冬眠?)も終わって今日から始動。

お馴染みのお客様や屋久島から帰郷でいらっしゃったご夫妻。
夕方には大阪でSHELFという素敵なギャラリーをされているU夫妻も。
ここのところ家にこもってひとりでいる時間が長かったので
人に会うことでエネルギーが良いかたちで循環したような・・・
お店にお客様が来て下さるだけでも有り難いことだなぁと
しみじみ味わうことができた一日。

お店が終わってから今日は早めに家に帰り、
無性にお魚が食べたくなってイワシを買う。
買ったもののスーパーから家に帰るまでに
イワシ、イワシ、イワシ・・・
どう料理しようかあれこれ悩む。

結局気分にしっくりきたのがイワシの揚げ浸し。
浸し液に黒酢を入れてちょっと酸味を加えてみた。
が、これがすごく美味しくできた!・・・という気になっている。
あとはマイタケのおみおつけと生の春菊に熱したごま油としょうが醤油をかけたの。
それに白菜とリンゴの浅漬け柚子風味。玄米ご飯ときゅうりのぬか漬け。

なんだか今日は食べもののことしか考えないで
作っていたら、簡単なものばかりだけどどれも美味しくできた。
ひとりで作るのも食べるのもこの満足感が大事なんだろうなぁ。

昨日の日記。
必要なことだけを~ じゃなくて、「必要なことに集中して~」だな。



そしてそして。お知らせになりますが
アノニマ・スタジオの連載ページ「瓢箪からコーヒー」が更新されました。
今回はフルーツジュース専門の喫茶店のお話です。

お知らせその2。
InRed2月号が発売しました。
連載「台所ことこと」の今回は「おでん」です。
ページいっぱいからクツクツと具が煮える音や香りが伝わってきます!

このページで料理を担当されているオカズデザインさんたちは
来月公開予定の映画「食堂かたつむり」でお料理も担当しています。
小川糸さんの著書「食堂かたつむり」が原作です。
そしてなんとオカズデザインさんによるそのレシピ本も出版されるとのこと。
どうぞどうぞお楽しみに。(私も楽しみ)


昨日の晩ごはんで作った茹で豚の茹で汁を使って
今朝は暦どおりに七草粥。
塩で味を調えてごま油を香りづけにひとたらし。
ご飯は玄米なのでプチプチした歯触りも残っていて美味しい。
↓これが
null
↓こうなりました。
null


年末からの食べすぎも冬休みも今日でリセット。
明日からin-kyoの2010年が始動します。

今日はお店の取材で午前中にin-kyoへ。
思いがけずカメラマンがAさんだったので
久々の再会が嬉しくて話に花が咲く。
学研からのムック本。
どんな1冊になるのかとても楽しみ。

取材終了後は品出しや、掃除など明日の準備を。
明日はcimaiの初荷が届く。

実家は商売をしていて、私が子供の頃は
初荷はメーカーの人が車に積んで運んで来てくれた。
荷物には「初荷」の小旗を付けて、
メーカーの人たちはワイシャツの上に
赤い法被を羽織っていたっけ。

で、「お手を拝借!」の掛け声がかかると
三本締めの拍手が始まる。
あの大人の大声が昔は苦手だった。
本当に人見知りだったのだ(ほんとうに。)

明日の初荷はいつもの通りヤマトさん。
三本締めもありません。
あったら本当に困惑しますから。

家に戻ってからは編集の方との打ち合わせ。
雑談もしながら今後のご相談を。
和やかに会話をしながらもあらためて
ピンと背筋が伸びる感じ。気を引き締めていかねば。

心静かに。
必要なことだけをひとつひとつ大事にやっていく。
ただそれだけですが、とにかく今年はそんなひたむきな一年にしたいと思います。

明日からまたどうぞよろしくお願いいたします。



お昼ゴハンを食べてから
気分転換に散歩に出かけた。

いつもは通らない道。
引っ越しをしてからはじめて歩く道をあえて選んで
ずんずん進んでいったらまんまと道に迷った。
THE方向音痴。

地図で見たらきっと家のすっごく近所をぐるぐる歩いていたんだと思う。
工場とか倉庫とか・・・
どちらも好きなはずなのに
迷っているときはあのがらんとした大きさが
無性にこちらを心細くさせる。

途中、コーヒー豆を焙煎をするような
香ばしい香りがしたのでつられるように
その香りがする方に歩いていたけど出所はわからないまま。
いよいよ不安になってきたので戻ることにした。
それもまた来た通りに戻ればいいのに
でたらめに戻ったら川に出た。

確かパリはセーヌ川に近付くと番地の数字が
小さくなるんだったっけ。
そんな風にもっとわかりやすければいいのに。

ようやく知っている道に戻って歩いていると、ウサギにリードをつけて
散歩をさせているおじいちゃんに遭遇。
ウサギってそんな思い通りに歩くんだろうか?と
ちょっと観察していたら、これがまぁ意外と歩くではないか。
歩くってよりはぴょんぴょん跳ねていたけど
道なりにちゃーんと散歩していた。
いろんなものに出食わすなぁ。

帰りにふらりとギャラリーへ。
ふらりのつもりがエネルギッシュな展示内容で
夢に出てきそう・・・
思った以上の気分転換。


先日の蓮池の夕焼け。
実際はもっともっと広くてきれいで・・・
null
今朝起きる寸前に見ていた夢の中では
やたらと怒っていた。一体何にそんなに
腹を立てていたんだろう?
寝が浅かったのか?
お陰で早くに目が覚めてしまった。

今日から仕事はじめ。
といってもお店は8日からで、
原稿などもろもろ家でやるお仕事を。
昨日の落語で昇太さんが年末と
年が明けてからでは時間の流れ方が違うという
話をしていたけれど、ほんとその通り。
なんだかたっぷりしている。
そう思えるときにいろいろやっておこう。

話はまったく変わるけれど、
先日、吉岡家でカウントダウンをした後、
明け方近くに乗ったタクシーの運転手さん。
色々話かけられていたんだけれど、
乗った瞬間猛烈な眠気に負けて
ブレーカーを落とすように眠ってしまった。
が、ちゃーんと家のちょっと手前で目が覚めた。

そんな私に「ピアスは開けてますか?」といきなり運転手さん。

寝起きで何のことやら?と思いながらも
「開けてません」と答えたはずなのに

「おじさん、運転手をやる前はこういうの作っていたんだよね。記念にどうぞ」
と言って、開けていないと答えたはずの私にビニールの袋に入ったピアスをおつりと一緒に手渡した。
まるでアメでもくれるように。
「いやぁ頂く訳には・・・」と言ってもどうぞどうぞとあちらも引かない。

というわけで?バタン、ブーンとタクシーは去って行った・・・

初夢ではありません。
目が覚めると玄関にはそのピアスがある。
今も行き場がなくて困っているところ。なんで?
さて。どうしたものか・・・


新春しながわ寄席 よしもとシアターに行ってまいりました。
せっかくなのでお着物を着て。
実家で母に手伝ってもらいながらの着付けは
毎回ちょっとした小競り合い。
親子というのは遠慮がなくなっていけませんね。
電車の時間ギリギリになんとか間に合って
飛び出すように東京に戻ってきてしまった。
焦ってツンケンした物言いになってしまうけど、
ごめん、ごめんと思っているのよお母さん。

いやぁそれにしても落語、おもしろいなぁ。
落語好きK氏と一緒に行ってゲラゲラ笑う。
お話自体だけじゃなく、落語家さんや会場の
お客さんたちの人間ウォッチングをしていても
独特で、そこも含めて落語っていうものは楽しい。
よく笑ったようでトイレで鏡をみたら笑いジワが
くっきり刻まれて取れない。のびない。。。
うむぅ。笑ってできたのならま、いっか。

落語を見た後はM野家の新年会へ。
あははとこちらも落語に負けず劣らずの初笑い。
笑っていられるってシアワセだなぁ。
眉間にシワ寄せないで、目尻にシワ寄せてシアワセに~。

と、お後がよろしいようでぇ。

3日。

スターネット→ルビジノツアーへ。
年越しチームにYぼーが加わって益子&茨城ドライブ。
といっても私は実家から向かったので行きは
陶器市のときに乗る電車と一緒のディーゼル列車の旅。
前の日記にも書いたけど、ディーゼルエンジンの揺れは
電車の揺れとはまた違って、行きの電車の中で
本を読んだり宿題の原稿の下書きをしていたらまんまと乗り物酔い。

もう限界です!という頃にようやく益子に到着。
駅にはY夫妻とYぼーが待っていてくれて
みんなの顔を見たら落ち着いて酔いも引いた。

スターネットへは日野明子さんがセレクト&紹介する
台所用品の展示へ。
どれもこれも欲しくなってしまうのは、
作り手と使い手をつなぐ日野さんの目と足と手間を使って
選ばれているものばかりだから。
とても楽しい展示なのでお時間のある方はぜひぜひ。

ランチを頂いた後はみんなでYぼーの工房を
見学させてもらった。
以前にお邪魔したときも思ったけれど、きれいな空間。
単純に掃除がしてあるとか整理整頓がしてあるだけでない「きれい」
静かな水面という清い感じ。寒さは厳しそうだけどいい空間だなぁ。

で、車で移動をしてルビジノへ。
ギリギリ陽が沈む前に裏の祠にお参りをする。
お参りを済ませて振り返ると蓮沼に美しい夕焼け空が映っていた。
みんなで整列してK氏が撮ってくれた写真はどんなだろ?
上を向いて歩こう 2010 ってタイトル。か??







お休みしようと思っていた日記ですが
今年はなるべく毎日書こう!と思って
メモをもとにアップ。


2日。
案の定、というか実家に帰って絵に描いたような寝正月。
しばらくテレビが無い生活に慣れていたのに
テレビの(しかもほとんどお笑いの)シャワーを浴びる。
コタツからも出れずに気がつけば横になって寝てしまう。
起きたと思ったら今度はお正月のご馳走攻撃。

贅沢なことだ。

まるで甘やかされて丸々と太った飼い猫の気分。
でも確実に自分の思考はかき消されてダメダメな気分。
ま、こんな日も1日くらいあったっていいよねと甘やかす。
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨夜の年越しカウントダウンは
青白く光る月灯りのもと、5人とそら豆さん(犬)と
宝さんからの電話とともに静かに迎えました。
酔っ払いたちの戯言かもしれないけど
みんないい話してたなぁ。
月が満ちるようにムクムクと気持が充足していくようでした。
いやぁほんとに良い大晦日の夜でした。

さてさ2010年はどんな年になるのでしょう。
穏やかな元旦の1日。
気持のよいスタートです。

今日はこれから実家へ新年のあいさつ
&大好きなお餅を食べに帰りまーす。
毎年近所のお団子屋さんについてもらうお餅は
なめらかなのびで、最高に美味しいのです。

そんなわけで日記もちょこっとお休みします。