先日伺った整体院で頂いた冊子。

読んでいたら見事に昨晩、そのままの症状が現れた。
まずお腹をこわし、(そういうもの食べてないのに)
眠くてだるくてどうしようもない。

これらは整体を受けてからの好転反応の一種だとか。
体の反応に素直に従って寝たいところだけど
やらなければならないことがまだまだある・・・が、眠い!
只今眠気と格闘中。
名古屋から二度目のご来店というお客様。
午前中の大雨の中、合羽橋から歩いて
in-kyoまで来て下さいました。

楽しくおしゃべりをさせて頂いて、
その後は日本橋のミカドコーヒーにいらっしゃるとのこと。
ジョン・レノンも好きだったというモカソフト。
それを召し上がる予定まで伺ったので、
一緒について行こうかと思ったほど。

「応援してるからね!」って声をかけて頂いて。
ありがたいなぁ。素直に嬉しいです。

大学を卒業して就職をしたばかりの息子さんが東京にいらっしゃるそうで。
本当にかわいらしく素敵なお母さんでした。

今夜の晩ごはんはまたおつまみみたいなメインなしの素食コース。
あ、お酒は飲んでません。

昨日ぬかどこに漬けたタケノコがなかなかいい味。
アボカド納豆にはわさびを多めに。
これのときはカラシじゃなくて絶対わさび。
しじみのおみおつけには大根おろしを入れてみぞれ鍋風に。
というか、一人暮らしだと大根1本がなかなか消費できないので。
あとは玄米ご飯とあるものをちょこちょこつまんで程よく満たされる。
食べすぎも睡眠に影響を与えるようなのでこの辺で。
気持はいたって元気なのに
いよいよ体がギシギシ言い始めた。

ここのところずーっと整体に行けずにいて、
どうしたものかと思っていたところに
お店が終わってからでも行ける時間に
やっているところをある方から紹介して頂いた。

というわけで今日お店が終わってから行ってまいりました。
ぽわーんぽわーんと温泉からあがったときのような気分。
整体師の方は女性の方でまだお若いご様子だけど、
なんともまぁ安心感のある方で、声が良くて
お話を聞いているだけで寝てしまいそうだった。

どうやら私は睡眠中も体がゆるんでいないで緊張状態だったよう。
今夜からすぐに治せるというものでもないけれど、
睡眠の質について考えてみることにしよう。

夕飯はまだまだ続くタケノコ。

オカズデザインさまの特製豚味噌を使ったタケノコチャーハンと
生姜を入れた中華風お豆腐入りかきたまスープ。
うーん美味しい。飽きないなぁタケノコ。
今夜はタケノコをぬか床にも入れてみた。どうだろ?


久々自宅で過ごす休日。
休日といっても自宅で原稿書き。

その合間に洗濯を2回戦。
布団も干してすっきり爽快。
昨日の食べ過ぎをリセットするために
みごと朝・昼ゴハンを抜く。
抜いても夕方までお腹が空かなかったから
やっぱりかなり食べ過ぎていたということか。

運動も兼ねて自転車に乗って
たくさん頂いたタケノコの水煮を
ご近所・与之助さんと松野屋さんへ宅配。

ここのところ天候が安定していなかったので
自転車には久しぶりに乗ったけれどやっぱり気持がいい。
これからの季節が楽しみ。
ふぅぅぅ。
満漢全席かっ!ってくらい食べました。タケノコ。


Yかぁさんが誘ってくれて、Sちゃんと3人で
Yかぁさんのお友達のお宅がある埼玉まで
タケノコ掘りに行ってきました。

掘っただけじゃなくてお庭ではガーデンパーティー。
他にも数名が集まってタケノコずくしのお料理。
タケノコ以外にも畑からは採れたての野菜も。
タケノコピザやSさんが作ってくれたリゾット!
最高でした。
null

みんな良く食べて、飲んで、笑って。
仕事は何をしているとかなんとか
そんなことはまーったく関係もなく、
名前も知らない人の方が多かったけれど、
気持ちの良い方ばかり。
ゆるゆるにリラックス。

はじめてお邪魔したお宅だというのに
あまりにも気持が良くて昼寝もしてしまったし。

「明日はプチ断食しないと」と思いつつ
水煮のタケノコやタケノコご飯も頂いて・・・
果たして我慢ができるか否か。

青々とした竹林の中に差し込む光がとてもきれいだったなぁ。
普段の疲れがスーッと抜けていくようでした。
null



経堂にあるロバロバカフェのいのまたさんが
山口へ移住する。

いのまたさんとはかれこれ10年ほど前、
とあるワークショップで出会った以来のつきあいになる。
ほんの3日ほど前、同じくそこで出会ったK君から電話があって、
久しぶりにみんなで会おうということになった。

急な話だったので集まったのは5人だったけど、
お互い本当に久しぶりで、この10年の間に起きた出来事と思いが
タイムカプセルを掘り起こしたときのように沸き出てきた。
ただの缶ジュースだったはずのものが、プルタブをプシッと開けたら
濃縮還元ジュースになっていて、
さらに熟成されてしまったかのように。

単純に「泣ける」というのともまた違う。

いろんなところをぐるりと一巡して、
ようやくまたスタート地点に立てたとでもういうのか・・・。

あのときあそこにいなければ、そしてみんなに会っていなければ
たぶん今の自分は無いと思う。(あれ?小田和正の歌詞みたい・笑)
まったく違う人生を歩んでいたと思う。
うーん。「思う」じゃなくて確実にそう。
タイムリーな話題でいえば、村上春樹の小説のような。

忘れかけていたことが自分の感情を無視して
ずるずるずるずる引きずり出されたようだった。
でも今だからこそ、そこにいったん戻らなければ
いけない時期なのかもしれないな。
そうして本当の意味でやっと次に進めるのかも。

山口は一見遠いようだけれど、いのまたさんとは
またいつでも会えると根拠もなく思っている。
すごくすごく彼女らしい選択だという気がするから
何の心配もしていないし、さみしいとも思わず、
ただただ勝手にエールを送りたい。






今日、打ち合わせでイタリアンの話が出たら
無性にパスタが食べたくなった(単純)

というわけで夕飯は家で春キャベツと
アンチョビのパスタにしよう!と冷蔵庫を開けたら
アンチョビを切らしていて・・・と思ったら塩辛があるではないか!
しかも椿野さんに頂いた島根の美味しい塩辛が。

アンチョビの代わりに塩辛と春キャベツのパスタ。
なかなか美味しくできました。
お腹いっぱい。
観音様じゃないので注げる愛情は
いつでも誰に対しても分け隔てなく
泉のように沸き出てくるわけではないけれど、
家族に。友人に。応援したい人に。
ここぞというときは自分が出来る限りのことはしようと思う。
明日、母が退院することになりました。
膝の手術自体は問題なかったのだけど
その後のリハビリに時間がかかり・・・
約2カ月の入院でした。
とりあえずホッと一息。と思っているのは
私よりも父か。

自分も含め、女性は
骨・筋力をつけておいた方が良いなぁと
母のことでつくづく思いました。
出来る範囲で運動はしておかないと。

というわけでお店が終わってから
実家に帰り、家の片づけやら
母の退院の洋服の準備など。

部屋の一部が惨劇?と思うくらい散乱していたので
片づけに行って良かった。
退院したての母が見たらびっくりするだろうし。
父も慣れないことをしたこの2カ月は
さぞかし疲れたことでしょう。
明日の晩酌は美味しいね、きっと。

Mさんが誘ってくれて、今日は
お店が終わってから青山ブックセンターで
行われたカワムラタマミさんと服部みれいさんの
トークイベントへ。

いろいろためになるお話が聞けて
とってもおもしろかったです。
クラニアルセイクラル(頭蓋仙骨療法)ってご存知ですか?
専門家に施術を受けることもできますが、
自分でできる方法をカワムラタマミさんが
「からだはみんな知っている」という本の中で紹介していますので
興味のある方はぜひ。

体やこころをゆるめる。
滞っているところを流してあげる。

先日の京都はあれこれ予定を詰め込みすぎることなく、
散歩してお茶して、お参りをして。
そんなことも自分をゆるめる方法のひとつかも。
前後のスケジュールはキュウキュウになってしまったけど、
行っている間は確実にゆるんでいた。
行って良かったぁ。とってもいい時間でした。



17日土曜日の内田真美さん「English bake shop」
ご来店の皆さま、ありがとうございました。

いかがでしたか?内田さんのイギリス菓子。
たっぷりの紅茶を飲みながら、素朴な粉の
味わいや食感を楽しんで頂けたら・・・と
対面式で会話をしながら販売させて頂く予定でしたが
最初の方はバタバタとしてしまい、
ご説明もままならない感じでした。申し訳ありません。

次回はまだ未定ですが、またぜひ小さな菓子店を
内田さんにお願いする予定ですのでどうぞお楽しみに。



日・月の定休日は思い立って京都へ行ってきました。
やっぱりいいなぁ、京都。
お天気は良かったし、
桜もまだほんのちょっとだけど残っていて。
リフレッシュ、リフレッシュ。
気持がすとーんと落ち着いて、フラットになった感じ。





ずっと前に見た「ショコラ」という映画。
小さなショコラに魅せられてしまう町の人たちの
幸せな表情を見ていると、無性にチョコレートが
食べたくなったものです。
そして見ているこちらまで甘く、ほわんとあたたかな
気持になることができて・・・。
小さなお店の雰囲気もとても素敵でした。

確かあの映画の舞台はフランスだったと思うけど、
内田さんのBake Shopのことを考えていたら
ふと思い出してしまいました。
またDVDを借りて見てみようっと。

明日は妙齢の?女子ふたりがみなさまのご来店を
お待ちしております。。。
(お知らせページにも記載しましたが
 お菓子の販売は12時~無くなり次第終了となります)

********************************

今日も寒くて、ここのところの寝不足もたたって
眠くて眠くて電池切れ。
というわけで明日に備えて早く寝ます。
さ、寒いです。

先日多治見を訪れた日は確か日中の気温が20℃でした。
あぁ何を着たらよいのかわからなくなってしまいます。
どうぞみなさま体調を崩されませんように。

今日は自宅にて別冊PHP連載の撮影。
さくさくスムーズに進んであっという間に終了。
連載は6カ月ですが撮影は来月1回分を残すのみ。
もう終わってしまうなんてそんな実感はまだまだ沸かないけれど。。。

今日私はお休みを頂いていたのですが、
ちょっと用事があってお店に行くと、RUSTIC HOUSEの鵜飼夫妻に
お会いすることができました。呼ばれてた???
こういう偶然は嬉しいものです。


話は変わり。
先日Sちゃんから教えてもらったチベット体操。
教室に行く時間はなさそうなので、とりあえず本を買って
自分なりにやってはいるけれど何かがちょっと違っている気がする。
それでもなんだか調子がいいような・・・
それがチベットパワー? 若返る?らしいですよ。

日曜日に多治見へ行き、帰りには
ユヌプラスの鈴木麻美さんに百草へ連れて行って頂く。
思いがけず安藤さんとお茶をご一緒して
千葉のas it isでの展示を教えて頂きました。
期間中にぜひとも行かねば!

夜は名古屋の友人O宅へ宿泊。
ずいぶん久しぶりの名古屋だったというのに
そんな気がしなくて、なんだか親戚の家に
遊びに行っているようだった。

久しぶりにお会いした方々も変わらず
元気そうで、会ってなかった時間のことなど
忘れてしまうくらい。
まるでつい先週会ったばかりなんじゃないかと
思うほど、なんていうことない会話が楽しくて
気持がほぐされました。
本当にありがとうございました。

milouで買ったキャロルキングのCD「Carole King Music」!
せつなくて懐かしくってたまらなくいいのです。



今日は夕方に友人・知人が示し合わせたように集合?


仕事で東京にいらしていたというteteria大西氏が
ご来店!と思ったら先週末に御柱祭に行ってきたという
漆の宮下氏。いつか行ってみたい七年に一度の御柱祭。
お土産で頂いた「塩羊羹」のなんと上品なこと!
あれを買いに行くだけでも長野に行きたい・・・

で、そこへお友だちのAさんが、さらにMちゃんも!
あぁ有り難いことですなぁ。
けど、パタパタしてなんだかゆっくりお話もできずに
みなさんごめんなさい。

お店が終わってからはI さん、Uちゃん女子3人で
ご近所与之助さんへ。
山形話に花が咲き、夏の山形行き計画が話題にのぼり・・・
日本海で泳いだことがないので「♪行~ってみたいな、山形のうみ~♪」


********************
「お知らせ」のページにアップしましたが
今週の土曜、17日に内田真美さんの
お菓子屋が1日だけ開店します。

テーマはイギリス。
「English Bake shop」です。

スコーンやアップルシナモンロックバンズなどの
焼き菓子を中心に内田さんの美味しいお菓子が
あれこれ並びますのでお散歩の途中にぜひお立ち寄りください。

お天気が良かったら浅草の水上バスもおすすめですよ!
日・月の定休日を使って多治見&名古屋へ

多治見へは来月の14日から始まる
アトリエユヌプラスさんの工房へ。

in-kyoでもガーゼタオルやリネンの体洗いタオルが
とっても人気です。私も愛用者のひとり。

普段はお店のスペースの都合上、
お取り扱いのアイテムも限られてしまうのですが、
来月の展示では洋服を中心にした展示を行います。
詳細は間もなくHPでもお知らせします。
&20日以降にはDMもできあがってきますので
もう少々お待ち下さい。

先日の小谷田氏の工房訪問のときも思ったのですが
モノが生まれる場所を見せて頂くことは
私にとってもたいへん刺激になります。
何気ない会話からもモノづくりに対する思いが伝わってきて、
それを受け止めて自分なりにどうやって使い手となる
お客様に伝えようか・・・と。

たぶんお店も文章を書くことでやろうとしていることも
私の中では一緒なんだと思う。あ、「たぶん」じゃなくて一緒。

いろんなことがぷくぷく醗酵中。
今日は昼間に用事があって、
お店をぬけて自転車で浅草方面へ。
あたたかいし、天気も良いしで浅草に近付くにつれて
人が増えてくる。
駒形橋のたもとにある水上バス乗り場と
近くにある31アイスクリームの前には
行列ができていた。確かにアイス日和。

でも。
アイスなら雷門方面に少し入った
最中アイスもおすすめだけどなぁなんて思ったり。

今更ながら浅草は観光地だったんだぁと
こういうときに思い出す。
お隣なのにまったく町の表情というものが違う。
そして来月は三社祭り。


明日は来月展示を行うアトリエユヌプラスさんの工房へ。
DM用に送って頂いたサンプルのワンピースの
なんと肌触りの良いこと。
縫製はもちろん、ラインも美しくて。
それを写真に撮るにはどうしたら良いのだろうか?と
四苦八苦。実際に手に取ってご覧頂くのが一番なのだけど・・・。

まだまだ知らないことばかりなので
明日、工房でいろいろとお話を伺えればと思っています。
というわけで行ってきまーす。


と、その前にいろいろお知らせ。

アノニマHP連載「瓢箪からコーヒー」が
更新されました。
今回は山登りのお話。
暖かくなってきたので
山へ行きたいと思う今日この頃。

InRed5月号が発売になりました。
連載「台所ことこと」の今回は生姜焼き。
気がつきました?写真がヨコなんですよ。
まるで食堂のテーブル席に自分がいるような
気がしてきます。
で、またまた美味しいオカズデザインレシピ。
このソースはぜひともお試しください。

別冊PHPの連載も。
掃除や片づけは好きなものの、
収納に関しては本当にズボラで・・・。
それを再確認するようではずかしいのですが、
収納のお話です。

そしてCasa BRUTUSにはくまがいのぞみさんの
カップが掲載されました!
器特集のこの号、読み応えがありますのでぜひ保存版に。
ルーシーリーの展示も間もなくですね。













都営浅草線の蔵前駅。
A3出口で地上に出ようと思うと、
以前には地上に出るちょっと手前に
「ハトヤ」という喫茶店があった。

エキナカなんて言葉が使われるようになる
はるか前からあった昔ながらの喫茶店。
スパゲッティセットが¥600とか、
クリームソーダやコーラフロートとか
値段もメニューも始めた当初から
変わらないんじゃないだろうかというお店。

そのお店が気づいたら入口に
「48年のご愛顧誠にありがとうございました。
~蔵前が大好きでした」という貼紙が貼られていた。
そのお店が入っていたビル全体を
老朽化を理由に建て直し?取り壊し?をするようなのだ。

3/26でお店を閉じたらしいというのに
全く知らなかった。
いつもは使わない出口とはいえ、
お店が無くなったことはもちろん、
あんなに近所のことを知らなかった自分にも
なんだかショックだった。
昨日は同い年のaalto coffee庄野さん、
鍛造作家の成田さんから立て続けに電話があった。
そしてやはり同い年のSちゃんと夜はサシ飲みのお約束。
みんな酉年。チームコケッコーの日。

Sちゃんとは家の近所のお気に入りのお店へ。
美味しいのはもちろん、活気があってこざっぱりしていて
気持がいい。
ひとりでも行きたいけどまだちょっと勇気が要るお店。

で、本日は陶芸家の小谷田潤氏の工房へお邪魔した。
先月末に相模原で個展が、来月には手紙舎でも。と
忙しい合間だというのにお時間を頂きました。ありがとー。

実は来春にin-kyoでも小谷田氏の個展を行います。
昨年から話をしていて構想も含めてまる2年!
「えっ!?」という企画に向けて着々と?準備中です。
私も誰に与えられたものではないのだけど、
宿題抱えてしまいました。あはは・・・。がんばろ。














今週はあれこれ立て直し週間。

今日はお店の仕事は
早く切り上げてサクッと帰宅。
久々しっかり自宅で自炊。
スーパーでゆっくり買い物をするのも
ひさしぶりな気がする。

いつもの通り、簡単でどれもおつまみみたいなものばかりだけど、
一人分でもテーブルにちょこちょことお皿が並ぶのは楽しい。
茎が細くてやわらかそうな春菊はごま油のカリカリじゃこサラダ。
新ごぼうはきつね色になるまで油で炒めて七味を。
あとはなめこのおろし和えと、ホタルいか。昨日頂いたニンジンも。
山崎さんちの玄米ご飯もやっぱり美味しい。

あ、そうそう。
先月の蔵フェスタで友人に勧められて買った
じねん堂さんの麦味噌は出汁が要らないほど深い味わい。
このお味噌、少し面倒かもと思っても、
使うたびにすり鉢で粒々をつぶしてから入れると
さらに美味しさが増す。
で、今日はなめことお豆腐のおみおつけ。

ゴハンを食べながら実家へ電話。
母の退院が長引いている。
歩いて行ける距離なら作ったおかずを分けて
持って行くところなんだけど・・・
一人晩酌をしている父よ、ごめん。

昼間にお花見を予定していたけど雨降り。

というわけでUさん宅へ集合して女子ごはん。
いつもの通り、持ち寄りゴハンだったので
せっかくだから早起きして築地に行って
美味しいお魚でも!と昨日は張り切っていたのに
貧血?気圧?で、やはり今日も起き上がれなかった。うむぅ。

作っている時間も無くて途中で美味しいパンとチーズを購入。
で、先日Oさんに頂いた奈良の干し柿も持って。
この干し柿とチーズがよく合うこと、合うこと。
取り寄せってあまりしないけれど、
あの干し柿は取り寄せてしまおうか・・・。

Uさん宅ではもうすぐ1歳になるおうちゃんと遊ぶ。
おうちゃんはほとんど昼寝をしないで遊んでいるというのに
こちらは赤ちゃん波動?を受けて眠くて眠くて。


お休みの日。

休日前は
「明日は何時に起きて、あれやって、これやって」

などと考えているのに、休みの日はどこかスイッチが切れてしまうようで
まったくもってダメダメ人間。起き上がれない。
春眠暁を覚えずとはよく言ったもので
ほんとうに眠くて眠くて仕方がない。今日も昼近くに起床。
冬眠明けのクマか!

今日はとある用事が夜からあって鎌倉へ。
いざ鎌倉!
と意気込まなければならないくらい小町通りは
人でごったがえしていました。

まずはお世話になっているディモンシュ&doisへ。
ディモンシュは残念ながら時間がなくて
お茶はできなかったけれど、堀内夫妻がシャキシャキ
お仕事をしていて、変わらないいい空気があって、
やっぱりつくづくいいお店だなぁと思いました。
で、doisでしばし楽しくおしゃべり。
素敵なミルがたくさん揃っていて、久々むくむくと物欲が沸きました。

そしてそして。
今日もうっとりするようなHさんの食事をごちそうに。
なんなんだろう?
こんなにも澄んでいるのに奥深い味わいがあって。
しかも美しい!
むむむぅ。すごいのですよ。Hさんの料理は。
今夜はY夫妻と下北沢の「七草」にて静かに食事。
店主のリカさんが丁寧に調理してくれた季節の食材を
大事に味わうのと同じように、
なんだかあたたかくって心地良くっていい時間だった。
自分自身も自覚がなかったけれど、たぶん今ちょこっと
弱っているのかもしれない。

普段は流れの早い川であっぷあっぷしながら
クロールでガシガシ泳ぐことがあたり前になっていたとしても、
たまには何もせず、ローズ色のゼリーでできたプールで
ラッコみたいにぷか~んと浮かびたいときだってあるのだ。
情けないほどに甘ったれているとは思うけれど、
そんなことをさらけ出す場所がどこにもないというのは
ちょびっと苦しい。
何をどうしたわけでもないけれど、
なんだか今日はちこっとそんな弱さがドロッと出てしまった。

で、ドロッと出してしまったし、
Y夫妻と美味しい食事を頂いていたら
むくっと立ち上がる元気が出てきたような。
ま、結局は単純にできているということです。

木の芽時期というのはいつもこうだったりするのかも。
近所には松尾芭蕉ゆかりのお寺や資料館、
いくつかの句が書かれた看板を立てた
川沿いの道などがある。
松尾芭蕉が座っている銅像も。

銅像は妙にリアルな姿勢で座っていて
ちょっとコワイくらい。
夜中には絶対歩きまわっている気がする。

中学のときの国語の先生は松尾芭蕉が
好きだったのか、ずいぶんと時間を割いて
授業を行っていらっしゃいました。
お陰で松尾芭蕉に勝手に親近感を抱いている。
「旅」というのも。
ちなみに音楽の先生はそれがベートーベンだった。

川沿いの桜はようやくつぼみがほころびはじめた。
桜のアーチを歩きながら芭蕉の句をひとつづつ読んでいく。
五七五というミニマムな世界の中で風景や心情、
すべてを表現してしまうのだから
中学生の頃は句を読む度に驚かされていた。いや、今もだ。
日本地図を見ながら芭蕉が辿った土地と
そこで詠んだ句を照らし合わせるのもおもしろい授業だったなぁ。

すっかり先生に影響を受けていた。
橋本先生ありがとうございました。

と、散歩の途中でカフェへ立ち寄ると偶然K子さんが。
こういうことは今に始まったことではないのだけど本当に多い。
同席させてもらって一緒にランチ。

ご褒美散歩を終えてからは原稿書き。
夜になってまた風が強くなってきた。
この風で咲きはじめた桜が散らないと良いのだけど。