祐天寺のマーゴで
なっちゃんのバースデーパーティー。

みんながなっちゃんのことが大好きで
そして食べるとホロホロと気持がほぐされて
シアワセな気分になるなっちゃんの作るお菓子も大好きで。

なっちゃん、ピカピカしていたな。
久々のマーゴもこれまた幸せの皿の数々。
あぁいい夜だった。


と、ここまで昨日のうちに日記を書いていたのに
更新しないまま寝ていたらしい。

家に着いてお風呂に入り、お風呂から上がって
クーラーで涼んでいたはずが、いつ寝たかも覚えていないくらい
バタンとスイッチが切れていた。
夢にうなされたわけでもないのに
夜中に「はっ」と目覚めて心臓がバクバク。
眠くて仕方がないはずなのになぜか目が冴えてしまい、
おもむろに携帯を見るとメールの着信が。
思いもよらない内容で悪い夢であって欲しいと思いながら
携帯を握ったまま眠れなくなってしまった。
ジタバタするしかできない自分はなんて無力なんだろう。
今日は昨日の続きなのだと思っていたのに
そうじゃないことが起こる。起きてしまう。

今日はお店にM野社長が立ち寄って下さったり、
Y沢さんが野菜をお土産で持ってきてくれたり。
あと数日でご出産という妊婦さんが偶然お二人も。
そしてかわいらしい仲良しのちびっこ兄妹とおしゃべりしたり。
なんとありがたいことなんだろ。そのことでずいぶんと救われた。
明日から9月。また新しい1日が始まる。





8月も残すところあと数日。
9月のくまがいさんの展示のことはもちろんのこと、
その先の11月の展示内容の打ち合わせなどをする。

鍋料理の風景をイメージするものの、
暑さでそのイメージがかき消されそうに・・・
なーんて言ってらんない。
毎日が、1週間が、そして1カ月が
ビュンビュンと過ぎて行く。

つい先日、革作家の曽田さんがお店にやってきて
いろいろお話をしていたときに

「ゆとりはちえさんがテーマにしていることですよね」

というようなことを言われて

「あぁそうか。そうなのかもな」と思った。

時間においていかれることなく
もっと時間を上手く使えるようになりたいのだけど
私は何事にも時間がかかる。かかりすぎる。うーん。


えーっと。
気を取り直してお知らせです!

本日発売の「暮らしのおへそ」(主婦と生活社)vol.10で
文章書いてます。
闇の中に置かれたグラスの光がとてもきれいな
かっこいい表紙です。うっとりです。
記念すべき10号に文章を書かせて頂いて
自分にとっても良い機会となりました。
9/12(日)には青山ブックセンターでイベントが行われるそうです。
興味のある方はぜひ。



7月から始まった櫛谷明日香さんの漆継ぎ教室の
第4回目が25日に行われた。

カケやヒビ、ぱかーんと二つに割れた器が
回を重ねるごとに徐々に再生されている。

毎回、焼きつけのために使用する
大きな金庫のような電気窯を車の後ろに乗せて
みやっちとくっしーが運んで来てくれている。
おまわりさんに職質をされたらかなり怪しい状況(笑)

この日は弁柄なども使っていて
参加している皆さんが職人さんのようでした。

お店が終わってからオカズ夫妻ととあるお店へ。

オカズデザインさんは9月から始まるNHK朝の連続ドラマ「てっぱん」の
お料理のお仕事中でこの暑さの中、大阪と東京を行ったり来たり。
昨日デザイン室長が大阪から戻ってきたので
久々揃ってゴハンを食べようということに。

今、テレビが無い生活をしていてあんなにテレビ好きだった割には
無ければ無いで案外と困らないんだなぁなんて思っていた。
が、大好きな朝の連ドラが見れないのはやっぱりムズムズともどかしい。
ついでに言うとクドカン脚本の「うぬぼれ刑事」が見れないことも。

あぁ気になる!

しかもオカズたちが仕事をしているとなれば
いよいよテレビ導入か。と思っていたけれど
今はどうやらネットでも見ることができるようですね。

もう少しねばろうか。

今日のお料理もお酒も美味しく楽しかったぁ。
大阪の話や高知の話もぽつりぽつりと。
この夏休みで受けた色々は、
まだまだ私の中で上手く消化しきれていない。
こっちとこっちどっちを選ぶ?ということが
まるで二択のクイズみたいに次から次へと
目の前にさし出されるように。
答えが出るのはたぶん時間がかかるんだろうな。




吠えたくなるような美しく冴えた満月の夜。
高知の闇の深さにはまるでかなわないけれど、
今日の東京の夜空はいつもより濃く深い気がする。

昨日で夏休みが終わって2学期・・・
じゃなかった!通常営業が始まりました。
まだまだ残暑が厳しい中、今日はたくさんのお客様に
足をお運び頂いて本当に有り難い限りです。

昨日は夕方からディスプレイ替えや
お休み明け準備のお掃除へ。
寝ている子たちを起こすような気分で
掃除をしながらレイアウトもひととおり替えてみた。
おかしなことを言っているみたいだけれど、
「手をかける」というそういったひとつひとつは
モノに伝わるんじゃないかなと勝手に思っている。
みんなが胸を張れるように。

この夏休みはあっという間に過ぎてしまったけれど、
とても濃く、いろんな意味で刺激を受けた充実した時間だった。
まだまだ上手く自分の中で消化というか整理はできていないけど
そこにはヒントのようなものがたくさん詰まっている気がしている。ぜよ。

さてさて来月のくまがいのぞみさんの展示もせまって参りました!
準備も着々と。他にもいろいろ。
今夜の満月のように充足した心地。
昨夜南国高知から帰ってきました。

行く前から高知は暑いよー。と聞いていて、
確かに本当に暑くてじっとしていても
汗がポタリポタリと流れてきたけれど、
日陰に入ると吹く風が心地良く、爽快な暑さだった。

空や緑、野菜や果物などの色がどれも鮮やかで元気で。
なんだろう?あの溢れる生命力は。
そこで暮らすひとたちも。
あぁまだあの空気の中をふわふわと漂っているようで
しっくりくる言葉が見つからない。



ベランダの朝顔はもうそろそろおしまいかなぁと
思っていたら、今朝水やりをしようと外に出ると
六つも花を咲かせていた。
まさにこの夏最後の打ち上げ花火。

in-kyoの夏休みも今日でおしまい。
明日から通常営業致します。
まだまだ厳しい残暑が続きそうですが
ぜひお店へ遊びにいらしてください。

明日から高知へ行ってきます。
自分の中では夏休み最後の打ち上げ花火みたいなものです。

高知初上陸と人に言うと

「えっ?」と。

どうも私が行ったことが無いのが意外なようです。
自分でもそう思います。
だってどれもこれも好きな要素ばかり。たぶん。
なんで今まで行ってなかったんだろうって。
これもなんだかタイミングってもんだと思います。

四十路女のひとり旅・・・
とは言ってもあちらへ到着したら
たくさんの方々に会う予定。ひとり旅感はナシ(笑)

郷に入れば郷に従えで
まったくのNO PLANぜよ。


*********************************
日記は帰ってきたら振り返り日記で
お届けできたらと思います。

では行ってきます。
今日は千葉にある「as it is」へ

夏休みの間に行きたい場所、
やっておきたいことがたくさんだ。

as it is行きもそのひとつ。
Y先生、Tさんを誘っていざ!

ギャラリーでは10月17日まで
ギャルリ百草の安藤雅信さんの展示「空気のかたち」が行われています。

あちらでいろんな方々にお会いして
一瞬千葉であることを忘れてしまった。
とにかくうわぁーっとちょっと熱に浮かされたような感じで帰ってきました。
来月にはまたひとつ歳を重ねる。
この先の10年、やらなければならないことがたくさんある。
あれもこれも。今頑張らなくていつ頑張るんだ?
考えていたら頭から湯気が出そうになった。



昨夜は女子3人でごはん。

婚約(という響きが神々しい!)をしたNちゃんは
いつもキラキラしているのにさらに白く輝いていた。
あぁおめでたい!
ということで気分良く、美味しくお酒を頂きました。
あれこれといい話をいっぱい聞くことができたなぁと
夢心地で帰宅。

そして今朝も3日坊主にならないようにチベット体操を。
じんわり汗をかいてシャワーを浴びて、というサイクルが調子いい。
午前中にひと仕事を終えて今日はGさんとランチ。

大はしゃぎして久々の再会を喜びたかったのに
日中のあまりの暑さに
「暑いねぇ・・・」が第一声。空気が薄い。、
お昼ごはんをお蕎麦にしてひとまず涼む。
そこでようやく話したいことがいっぱいあったんだと
思い出して、ゆっくりお茶をしながらおしゃべりスタート。

女子にはおしゃべりが必要なのだ。
口の中から小旗をスルスルスルスル引き出して
やーっと口の中が空っぽになったようなすっきりした気分。
ゲラゲラ笑って「またねー」と夕方には別れた。

*追記でおしらせ*
遅ればせながらのお知らせですが
InRed9月号が発売中です。
今月の「台所ことこと」はポテトサラダ
写真レイアウトがヨコなんです。これで2回目。新鮮です。
そしてこのポテトサラダはさっぱりしていて
おつまみの1品としてもおすすめです。

アノニマ・スタジオのHP連載「瓢箪からコーヒー」も
更新しています。
この暑さでずいぶん前に訪れたヴェトナムのことを思い出して。


今日も起きてチベット体操。
夏休みの間だけでもなんとか続けてみよう。

お盆で実家に帰っている間、
両親にいろいろインタビュー。
というのも私の曾お爺さんにあたる人が
蔵前界隈で働いていたことがあるということを
以前に聞いていたので。

はじめてその話を聞いたときは「ふぅん」くらいに
聞き流してしまっていたけれど、そういうことは
何かに書きとめてあるわけではないので
今のうちに聞いておこうと思って。
単なる好奇心。

話を辿っていたら近所に河岸があったこととか
父も話しているうちに忘れかけていたことを思い出したようで
今まで聞いたこともないような話を聞くことができた。
私が蔵前でお店をやっていることも何かの縁だろうし。
おばあちゃんにももっと色々話を聞いておけば良かったなぁ。

昨日は夕方、蔵前にあるヤマトさんの配送センターへ荷物を出しに行った。
蔵前はその昔、献上米を貯蔵する蔵が川沿いに並んでいたんだとか。
川沿いを自転車で走りながらそんな風景を想像してみた。

昨夜実家から戻ってきました。

実家で夕飯を食べ過ぎ&飲み過ぎで
帰りの電車で具合が悪くなる。
電車の中は冷房が効いているのに冷や汗が出て
鏡を見なくても自分で顔が真っ青なのがわかるほど。
なんとか家にたどり着くことができて良かった、良かった。
今朝はケロリとしていて起きてチベット体操。

実家に帰っている間は猫波動?のせいか
本を読んでいてもテレビを見ていても
何をしていても眠くて眠くて寝てばかり・・・そのバチだったのか?

実家へ連れて行った子猫とは1カ月ぶりの再会。
キートンと名付けたはずの猫は
帰ってみたら「トンキー、トンキー♪」と呼ばれていた。
ちょっとブタさんぽくて、あんまりじゃぁないですか。

「あのぅ。猫の名前はキートンなんですけど」

と遠慮がちに訂正を入れてみたものの、
父は3回に1回は「トンキー」と呼んでいた。
どうしようかなぁ。
もっとスパっとわかりやすいのが良かったかなぁ。
名付け親として複雑な心境。

それにしても今日は朝から暑かった。
最高気温が36℃!?
日が沈むと秋の虫の鳴き声が聞こえるというのに・・・
今日はこれから千葉の実家へ。

今夜はちょうちんぶら下げてお墓までご先祖様を
お迎えに行く迎え盆の日。

実家には子猫のキートンもいるし。
この間連れて行った以来なので
1カ月くらい経っている。
楽しみだニャー。

本日はオカズヒデさんのバースデーイヴ。

昼間は横浜エリアにお引越しをした
T君とSちゃんと中華街でランチ。
久しぶりだなぁ中華街。前回はいつ来たんだっけ?
と考えていたら前回もSちゃんと一緒に来ていた。
なんだかそういうタイミングなのかもしれないな。

ランチのあとはホテルニューグランドでお茶を。
ここはプリンアラモード発祥の地といわれているようなんだけれど、
お腹がいっぱいすぎて断念し、そのくせ甘いものは食べたくて
チョコロールを頼む。

実は次回のインレッド連載は種明かしをすると
お題がプリンなのです。
プリンアラモードのことをちょこっと思い出していたので
タイミングとしては食べておきたかったのですが
やはりそこまで胃袋は若くなかったのですよ。
また次回リベンジだな。

夜はI 宅でヒデさんのバースデーパーティー。
バースデー主役のヒデさんがお好み焼きを焼いてくれたんだけど
それがカリふわでとっても美味しかった。
キャベツはザク切りで7~10分。だったっけ?
そのしゃきしゃき具合が良い感じ。
30代最後。バンザイ39歳。ヒデさんオメデトウ!
たいらっぴょうという呼び名を覚えるのに
らっきょうが頭に浮かんだ。

というのも山登りの前日に八百屋さんで
らっきょうを買って、手をつけられないまま
山登りに行ってしまったのが気がかりだったから?
案の定、帰ってきたら、1~2個に
カビが見えていて、山登りから帰ってきたらすぐに寝る
つもりでいたけど、慌ててらっきょうを漬けることにした。

高山なおみさんの「野菜だより」に載っているレシピで
しょうゆ漬けにしてさらに唐辛子をいれてちょい辛に。
冷蔵庫にとっておいた2年越しのしょうゆらっきょうが
そろそろ底をつきそうだったので久々に漬ける。

ひと晩たったのに指先にまだらっきょうの匂い。
向田邦子の本の中に赤シソで指先を赤く染めるシーンが出てきたけど
らっきょうの下ごしらえで指先に残る匂いもそれに近いなと思ったり。

無事2010年度のらっきょうを1kg仕込みました。
皮むきをしながら酒飲みたちの顔ぶれがちらちらと頭に浮かんだり。
いい味の頃あいで、宴を催しましょうかね。

さてさて。
お知らせにもUPしましたが明日から24日まで
in-kyoは夏休みを頂きます。
日記はお休み中もちょこちょこ更新致しますので。

ではでは皆さまも良い夏をお過ごしくださいませ。

ふくらはぎが昨日より確実に痛い。
特に階段を降りるときがロボットのようにガチガチ。
う、運動不足だ・・・。
ってより老化現象なんですかねぇ。
いやはや。と思ってもまた山へ行きたくなっている。

昨日は早めに下山をして「法師温泉」へ立ち寄り湯。
ここはその昔、CMで上原謙と高峰秀子が
混浴していた温泉。フルムーン。
さすがに混浴へは入りませんでしたが
女子風呂は檜の香りのする比較的新しいお風呂で
Sちゃんとおしゃべりしながらついつい長湯。
おかしいなぁあんなに温泉に浸かっていたのに筋肉痛・・・

山小屋の朝食がAM5:30。
温泉を出たのがAM11:30。
もうクラクラするくらいお腹が空いていて
そんな私たちを成田さんが連れて行ってくれたのが「姉山の家」
こんな山道の先にお店があるようには思えないけど・・・
と不安に思っていると、突如古民家が現れて、
しかもお客さんでいっぱい。

でもその様子がお店というよりも個人のお宅の庭先に
間違って入ってしまったような雰囲気。
「あれ?ひょっとしてお葬式?」と成田さん。
私もSちゃんも同時にそう思いました。
そう。
車が敷地内に入ったらお客さんが一斉にこちらを見るものだから
まるで法事か何かで親戚一同が集まっているように見えたのです。
こちらがアワワと焦っていると、おじいちゃんがやって来て
車を誘導してくれるではないですかー。びっくりしたなぁもう。
後から何回も思い出し笑いをして、
今もあの様子を思い出すと可笑しくてしょうがない。

ここのお蕎麦や天ぷらが大盤振る舞いの安さと
美味しさでお腹いっぱい。
「おやき」というのも長野のおやきとは違ってかき揚げを
もうちょっと粉を多くして練ってあるようなものだったし、
「ねじっこ」という郷土食?はすいとんのように小麦粉を練って茹でたものを
砂糖醤油にゴマをたっぷりまぜて和えたもの。
粉もの文化なんだなぁ群馬県は。

忘れないようにここにメモ。



お山から帰ってきました。

平標と書いて「たいらっぴょう」と読む山へ。
お昼ごはんは途中で買った地元の野菜を使って
Sちゃんのトマトソースパスタと
成田さんが持参の自前フライパンで
いんげんやじゃがいものソテーを作ってくれて。美味しかったぁ。
私は〆にコーヒーを入れて。
日曜日だったのに人も少なくて
眺めの良い場所でのゴハンは最高だったなぁ。
気づいたらみんな同い年。チーム酉年。

夏の濃い緑と頂上近くのお花畑。
ぐるりと山に囲まれるパノラマ。
体を動かして息も上がり、ウソみたいに汗をかいていると
日頃モヤモヤと考えていたことが
いつの間にか頭の中からすーっと消えていた。

山小屋に到着してからは小屋の外でミニ宴。
その後夕飯後に見た(夕飯は6時前には食べ終わってました)
刻々と変わっていく夕焼け空が美しく、
ただただ黙って3人で見上げていた。

なんだか山から帰って来てもまだまだ心のどこかは
山に置いてきてしまったような・・・
山の余韻にしばらく浸ることにしようと思います。

ってふくらはぎやももの付け根が筋肉痛で
否が応でも山の余韻。





明日、明後日は鍛造作家の成田さんを部長にお迎えし?
Sちゃんと3人で群馬の山へ行ってまいります。

夏山登山!


と、その前に9月に行うくまがいのぞみさんの個展DM原稿を
Aさんにお送りする。
私のバタバタスケジュールにもかかわらず、Aさんがスムーズに
デザインをしてくれたお陰で予定通り入稿できそう。。。ホーッ。

詳細は「お知らせ」に掲載致します。
DM発送は20日頃にはお届けできると思います。

くまがいさんの展示。素敵な器が揃うのはもちろんのこと
今回も展示に合わせて楽しい企画を予定しておりますので
乞うご期待!
null
昨日はU母子がウチにお泊まりにやって来た。

夕方Uさんたちがやってきて一緒にスーパーへ行き
その日の晩ごはんを決めるお買い物。
普段、ひとりでやっているそうした普通のことを
だれかと、しかも仲の良い友人母子としているというのが
なんともくすぐったくなるくらいシアワセな気分。

ん?
親戚のおばちゃんだな、この心境は。
Oちゃんがもっと色々喋れるようになって
「あれが食べたい、これが欲しい」などと言ったら
ホイホイ与えてしまいそうだ。

夜は布団で文字通り川の字になって寝て。
夜中にOちゃんが何度か寝ぼけて
私にオッパイをねだったけれど、
乳母と漢字では書きますがさすがに出ないの、ごめんなさい。
ってその度に大笑い。

Oちゃんの寝顔は本当に天使ちゃんのようだった。
疑似母体験させてもらっちゃった。

お店が終わってから頂きもののサザエを持って
ご近所に事務所&ギャラリーを構えたカワウソさんへ。

カワウソとは写真家大沼ショージさんと萬田康文さんの事務所。
「川の近くにウソのような眺めを見つけた」から
このネーミングになったとのこと。

6~22日までお二人の展示を行っていますので(月曜休み)
お近くにお越しの際はぜひそのウソのように素晴らしい眺めの場所へ。

カワウソにサザエってのがなんだか可笑しくて。
朝、窓を開けると近くの公園で鳴く
蝉の声が家まで聞こえてくる。
ミーンミーンミーン、ジィィィィ。
目覚めから夏音満喫。

先月末に行った整体では先生に
「今月はいつもより飲みすぎたりしましたか?」
と聞かれてしまった。ズバリご明答!
体は正直。本人が自覚していなくても
体にちゃーんと現れるようです。

そういうことがおもしろくてそんな関係の本は
気が向くとよく読んでいるのですが、
先日Mさんにおすすめされた

「ふくらはぎをもむ」と超健康になる 大谷由紀子著

がなかなかおもしろいです。
むくみを取るとかそんなレベルのお話だけじゃなく
ふくらはぎは心臓と同様に重要な役目を担っていて、
体だけでなく、心の状態までふくらはぎにあらわれるんだとか。
足裏というのはよくあるけれど、
ふくらはぎに注目しているのが興味深いなと。

ところで超健康ってどのくらい健康なんだろ?
私も暑さに負けずに超健康になってみるとするか。

ちなみに「大和なでしこ整体読本」もおすすめです。
こちらは文庫が出てます。
原稿書き。
と、張り切って早起きしたものの、
朝ごはんのパンが無いことに気づき、
となり駅の近くにあるパン屋さんまで買いに行く。

ここは7:30から開店しているので。
いやー助かります。

開店時間はフランスっぽいけど
売ってるパンは日本の町のパン屋さん。
カレーパンが美味しいのです。

戻ってコーヒーをいれて朝ごパンを食べて
夕方まで家でお仕事。

夜は京都からYさんがいらっしゃるとのことで
アンチでゴハン。いやはや楽しかったー。
I さんにも会えて、デュオ演奏を聴くことができたし。

昨日、今日と酔いながらも頭の片隅では
「大事なこと」の種?みたいなことを考えていた。
あぁこれでいいのかもって思えるようなそんなこと。
毎年恒例となりましたM野屋浴衣祭り。

今年は水上バスに乗船して、日の出桟橋までの往復便に。
すぐ近くだというのに水上バスに乗るのは20代の頃に
乗ったっきりなのでかれこれ・・・

水上バスから見る街の様子は速度も目線も独特なので
とっても新鮮。
川沿いのマンションの空き部屋を探したり、
橋を下から見上げたり。
築地市場が港だったんだってことは
普段はちょっと忘れていたなぁとか。

ものごとを裏側から見たり考えたりする感覚に似ているかも。
おすすめです! 私もまた乗ってみようっと。

水上バスを降りてからは道路をすぐ渡って神谷バーへ。
まだまだお外は明るいです。昼日中です。
結局何人くらいいたんだろ?
大勢で浴衣着て昼間からビール飲んでたらふく食べて。
なんだか昼間からこういうのも久々かも。
M野夫妻には大変お世話になりました。

お陰さまでお江戸の夏満喫。