ずっと気になっていた自宅の窓ふきがやっとできた。
あーさっぱり。

久しぶりに近所の公園へ散歩に出かけると、
イチョウが黄金色に見えるほど見事に紅葉してました。
平日の夕方。公園には人影も少なく・・・
切なくなるくらいきれいな景色。

部屋からも公園の木々の色の変化は見えているというのに
公園に行って実際に木々に囲まれてみるのとは全く違う。
わかった気になってちゃだめだな。

帰りに本屋さんに寄ったり、野暮用を済ませて家に戻る。
今日は近所の美味しい鶏肉屋さんでひき肉を買って
鶏肉団子のお鍋を。

夜には出たばかりの「3月のライオン」を読んで少し泣いて、
その後には新装版で出ていた向田邦子の文庫本「隣の女」を
つい買ってしまって、あぁ前にも読んでいたよなぁと思いながらも読みふける。

なんてことない普通の一日だったけど、こんな日も久しぶり。

本日定休日。

日中はポカポカ陽気で布団を干して、
部屋の掃除をして、やっと落ち着いて
原稿書きのまとめに取りかかる。
今日中にお送りせねば。



と。

夕方には無事お送りしてひとまずホッ。
夕方の早い時間から晩ごはんをつくり始めて
堀くん+坂野さんのチロリでぬる燗。
今日のお酒は石川県の加賀鷹、新酒です。
ゆるゆる始めながら下仁田ネギを網で焼き・・・

甘くてとろとろで美味しい!

お店のご近所のIさんに青菜を色々頂いたので
これまた頂き物のバジル醤油を使ってオリーブオイルとともに和えて。
山崎さんちのお米も美味しいし。

素食だけど家ゴハンも良いもんです。



澄んだ冬の空に半月がぽっかりと浮かぶ。

昨日からアノニマキッチンスペースで
マスミツケンタロウさんの展示が開催されています。
昨日、今日は映像の上映会&青木隼人さんの演奏会も。

展示会場の入り口にはマスミツくんのあいさつ文が
書かれているんだけれど、その言葉に沿うように
マスミツくんの世界をあらゆる方向から見て
そして入りこんで、そしてまた自分のことにも
置き換えてみて・・・とずいぶん影響を受けている。

なんたって鍋企画展の開催中から設営準備が
始まっていて、その段階を横目で見ていたものだから
なおさらなのです。

普段はものづくりをしている方々とやりとりをしている一方で
私の中にもものづくり側の視点もあったりして
今回のマスミツくんの発想や世界観はとってもおもしろいと思ったし、
まだまだこの先が見てみたいとも思ったのでした。

とっても素敵なおすすめの展示です。
日・月はin-kyoはお休みを頂いておりますが
展示は行われておりますのでお時間がある方はぜひ!

今日はライヴが終わった後、Y沢さんのバースデーをお祝いしに
ともすけさんへ。
プレゼントはできたてホヤホヤ、マスミツくん、青木さんのサイン入りDVDを。
いくつになっても、そして誰かの誕生日を祝うというのも
シアワセなもんです。お祝いメンバーからはそれぞれ俳句を一句。
お粗末ながらわたくしも。

きれいな半月のようにシアワセな夜。
今夜はよく眠れそうです。
Y沢さんお誕生日おめでとう!
気づけば冬の空。
空気が澄んでいるのか青空を見上げれば
いく筋かの飛行機雲。

本日は「鍋を囲んで」展の最終日。
17時でclose後には期間中、ほぼ毎日のように
在廊してくれた宮下智吉さんが撤収を手伝ってくれました。
搬入の日は櫛谷明日香さんも一緒に。
本当に助かりました・・・。感謝感謝です。
期間中お越しの皆さま、本当にありがとうございました。

展示でご紹介させて頂いたものの中には
引き続きin-kyoの常設でお取り扱いするものも
ございますので、またぜひお越しください。

毎回毎回企画展を行うと気づくことや思うこと、
勉強になることがたくさんです。
特に今回はin-kyo初のグループ展。
それぞれの作家の方々、お取引先の方々、
デモンストレーションをして下さった冷水さんに
ご協力頂いたお陰で楽しい展示となりました。

in-kyo企画の展示は年内はひとまず終了で
次回は来年となります。
来年の展示では、すでに昨年から準備をしているものも控えていて・・・
ひとつずつ大事にしていこうと思います。

そんなこんなで明日からはin-kyoは通常営業です。
金曜日はcimaiのパンの日。
ふだんのin-kyoもどうぞよろしくお願いします。

先週末から始まった「鍋を囲んで」展
明日が最終日となっております。

期間中には、漆の宮下智吉さんが
ちゃぶ台だけでなく、お椀三種を納品して下さいました!
朱の色がしっとりと落ち着いた色みで
普段使いにおススメのお椀です。

最終日は常設共に17時でcloseです。
どうぞお見逃しなく~。


******************************************

遅ればせながらのお知らせですが
絶賛発売中のInRed12月号。
連載台所ことことは「白粥」です。
シンプルでスタンダードという言葉。
その本質を考えている今日この頃。
今後もより良くしていきたいと思っているページです。

もうひとつ。
アノニマ・スタジオのHP「瓢箪からコーヒー」も
更新されました!
今回は寒くなってくるとふと思い出すことを。



定休日の月曜日。

早起きのクセがついていて、7時前に目が覚めたものの、
「あぁ今日は休みだったんだぁ」と二度寝。
その後の眠りは浅かったようで、とぎれとぎれの
夢をずっと見ていた。

夢の中では一生懸命外人さんに英語で話しかけているのに
まったく通じず、あまりにももどかしいので
日本語で自分の気持をストレートに訴えると
その方が言葉が通じた夢を見て目覚めた。

なんだかなぁ・・・と思いながら布団の中でしばしゴロゴロ。
でもそれにも飽きてあきらめて起きることに。

昨日はお店が終わった後、家の近所にできたばかりの「山食堂」さんへ。
ここのところずーっと大勢の人の中にいたから
ひとりになりたいと思いつつ、いざ一人っきりになると
妙に寂しくてどうしようもなくて、それでもやっぱりひとりなので
ひとりでも行ける場所へと足が向く。

さぁてひとり宴をするぞぉ!とお店に入ると、な、なんと偶然にMさんに遭遇。
しかもMさんもひとりで来ていたので合流して乾杯。
家の近所にこういうお店ができて本当にありがたい。

今日はKOHOROさんで行われている小谷田氏+キッチン氏の二人展を観にゆき、
その後西から東へ大移動して銀座の日々さんで行われている岡田直人さんの展示を観に。
どちらもそれぞれ思うところあり、刺激を受ける。
お二人の作品をお預かりしているin-kyoでの企画展は水曜日まで続く。
お店ではキッチンの写真集も扱っている。
さて私にできることは何だろうか・・・。
まだまだやれること、やらねばならないことはきっとたくさんある。

なんてことをウロウロ頭の中で考えているところにYかぁさんから電話。
でもってその後は人形町の「菜々くら」さんでさし飲み。
日頃お世話になっているYかぁさんの40歳のお祝いがやっとできた。
相変わらず美味しく、気持良く酔って歩いて帰ることに。

途中、泣きそうなくらい大好きな「清洲橋」を通過。
意味もなく川が好きでそこに架かる橋が好きなのは何なんだろう?
自分でもまだよくわかっていないけれど、いつかこのことは
何かのかたちでまとめてみたいなぁと今日もホロ酔いの頭で思ったのでした。




ひと駅手前で地下鉄を降りて、ホロ酔いで先ほど帰宅。

乱視の目じゃあてにならないけど
今夜は満月なんだろうか?くっきりときれいな月夜。

「鍋を囲んで」展。
今日もたくさんのお客様に足を運んで頂きました。
そして今日は冷水さんのお料理デモンストレーションの日。
やはり道具や器は使ってこそその真価が問われるのだなぁと
つくづく感じました。
そしてどんな言葉を並べるよりも、美味しい料理の力強さが
人の心をつかむのも。

炒めたり焼いたり煮込んだり。

一二三の調理鍋シリーズは、
姿が美しいだけでなく、本当に便利な調理道具だということを
冷水さんが教えてくれました。

明日は日曜日ですがin-kyoは臨時営業をしておりますので
ぜひお立ち寄り下さいませ。

今日はお店が終わってからご褒美?ゴハンでともすけさんへ。
偶然にもMさんのサプライズお誕生お祝いのひとときに遭遇したり、
幸せのおすそ分けを頂いた気分。疲れも吹き飛びました。

さてと。
明日も頑張ります。





鍋・・・。

今日から鍋企画がはじまりました。

朝早くからお越しいただきました皆さま、
肌寒い中、ありがとうございました。

鍋ひとつでできるお料理は忙しい時にも
手軽で便利。私は寒い時期は手を変え品を変え、
鍋続き・・・なんてこともよくあります。

今回は鍋を中心として取り皿、取り鉢
薬味を入れるのに便利な豆皿なども。
私が日本酒好きなので?片口やチロリ、
徳利、ぐいのみなどの酒器も充実しております。

ずっと欲しかったチロリはエフスタイルの銅製のものと
堀仁憲さんのもの(持ち手は坂野有紀さんによる真鍮製!)
どちらも本当に素敵でお酒以外にも湯せんにして
お茶やコーヒーを温め直すのにも便利。

一二三鍋の制作をされた岡田直人さんの器たちは
白磁だけでなく、うっすら黄みがかった灰釉が新鮮です。
一二三鍋ともさすが相性が良く、しっくりとなじみます。

今週は日曜日も臨時営業しておりますので
どうぞ遊びにいらして下さい。


明日から「鍋を囲んで」展が始まります。
益子からは吉村さんが車で搬入に。

午後からは今回ちゃぶ台を制作してくれた
漆の宮っちこと宮下さんがお手伝いに来てくれた。
あ、新作の漆のお箸も登場です。

前回の井藤さんのお部屋が屋根裏部屋なら
今回は場面をがらっとかえてお茶の間へ・・・といった様子です。

鍋を楽しむ風景を再現しました!
めちゃくちゃ楽しく、そして確実に鍋料理が食べたくなりますよ。あ、たぶん。

その他にもご紹介したい作品がたくさんあります。

今回参加して下さっている岡田直人さんは
同じ日程で銀座の「日々」さんでも個展があり、
日曜日にはin-kyoにも来て下さるとか。

また土鍋が人気の小谷田潤さんも
20日~二子玉川のKOHOROさんで
キッチンミノル氏との二人展が行われます。

展示があちこちで開催ですが
in-kyoの鍋企画どうぞどうぞ足をお運びくださいませ~。
今日のお昼ご飯は瀬戸口しおりさんの「おかあさんや」で。
Gさんがひとりでいらっしゃったのでご一緒する。
ここ最近会う機会はあったものの、ゆっくり話を
する時間がなかったので嬉しかった。

そうかといってしゃべっている内容は
笑い話だったりするんだけど、そういうのも大事。
そういうのが大事。

鍋企画の作品がぞくぞく届く。
宮下智吉氏のちゃぶ台。
天板と脚が別になっていて、コンパクトにたたむことができます。
ちゃぶ台は什器としても会場に並びますのでお楽しみに。

そしてくまがいさんは手持ちで土鍋を持参してくれました。
1~2人用くらいの小さなものや、湯豆腐などにも
便利そうなサイズのものも。色も添えてくれて、
かたちもかわいらしい小鍋たちです!

本日はお店が終わってから冷水希三子さんが
20日に行うお料理デモンストレーションの試食会をしてくださった。

そもそも一二三(ひふみ)シリーズの調理道具とは
一般的な土鍋と同じように耐火粘土でつくられているもので
「平皿・浅鉢・深鉢」の3種があります。

「焼く・炒める・蒸す・煮る」などの調理法ができて、とっても便利。
しかもそのままテーブルに出してもその姿が美しいのです。
もちろん火をいれなくても大きな器として違和感なく使うことができます。
我が家では使っていないときは床に置いて野菜入れになっています。

20日のデモンストレーションはお申込みが定員となりましたが
今日の試作の様子を画像でちょこっと・・・

まず深鉢を使った塩豚とキャベツ、白豆の煮込み
↓ こうして火にかけて・・・
null

こうなります。

null
浅鉢でははじめにネギをバターで炒めて・・・

null

オーブンで焼いて焼き目をつけることも!

null
焼きりんごはカットして並べて・・・

null
リンゴの糖分と水分のみでジワジワと半生ぐらいに。
これにアイスとクランブルを添えます・・・

null

とにかく色々使えて洗い物も少なくてすむので
おすすめです!
画像では大きさや深さなどがわかりづらいと
思いますのでぜひお手にとってご覧ください~。
日記を更新していないうちに5日も経ってしまいました。
うわぁ早かったぁぁぁ。

更新していない間には毎日いろんなことが
山ほどあって、起きて。只今モグモグ消化中。

お店が定休日の昨日はZakkaで20日まで行われている
岩田圭介さん・美智子さんの二人展へ。
大好きなお二人の作品。
いつも新しい発見があって見ているだけでワクワクします。

その後はあちこち寄り道をした後に
赤坂レッドシアターで行われている柳家 家緑さんの独演会へ。
新作・・・といっても落語でありながらひとり芝居のような・・・
でもそこはやっぱり落語で・・・という新鮮さ。

原作は宮部みゆきさんのデビュー作「我らが隣人の犯罪」
これを真柴あずささんが落語として台本に。
前半には古典落語も行う贅沢企画。

いやぁおもしろかったです。

あんまり書いてしまうとこれから公演が続くので書きませんが。
落語。まだ数回しか観に行ったことがないけれど、
噺を聞いているだけだというのに情景が目の前に広がるんですね。
これはおもしろい小説を読んでいると、その世界に
自分がとっぷりと浸かるときのような感覚に似ている気がします。
あ、でも落語はそこに音や表情、声の調子も加わるけれど。

21日までレッドシアターで行われる花緑さんの今回の独演会。
平日は若干お席があるようなので興味のある方はぜひ。

今日は19日から始まる鍋企画に向けて続々と納品の荷物が届く。
こちらも楽しい展示に致しますよー。
はい、ここで出囃子の音がトン、トントン♪♪♪

井藤さんが午前中にいらっしゃって搬出作業。
期間中、井藤さんは松本=東京間を3往復してくれたことになる。
本当に頭が下がります。ありがとうございました。

お昼ご飯をご一緒してお魚の定食が美味しい「しま」へ。
寒くなってきたのでお魚も脂がのってきて美味しいですね。
私はブリの照り焼き定食を。

その後は「コクテイル展」開催中のカワウソへ。
萬田さんが美味しい紅茶をいれてくれました。
あ、萬田さんお手製の美味しい紅玉のケーキも。

萬田さんも交えてしばしものづくり談義。

とても興味深く、それでいて本当の意味で
理解はできていないとは思うけれど、
話を聞いて感じ取ったままのこの感覚を
忘れないようにしようと思った。

帰りはきれいな夕焼け。

さてとさてと。
明日はcimaiのパンの日。
週末、キッチンスペースではイベントが行われる。
日曜日はin-kyoも臨時営業しております。

来週は鍋企画もいよいよ始まり・・・と、
盛りだくさんですが、鍋企画!
各作家の方々の作品は
私自身も入荷を心待ちにしているところです。
どうぞどうぞお楽しみに!
今日は井藤さんの展示の最終日。
期間中はずっと天候にも恵まれ、
朝の掃除の時間には朝日が「屋根裏部屋」に差し込んできて
とても清々しい時間でした。
期間中、お越しいただきました皆さま。
本当にありがとうございました。

実は子供の頃から「屋根裏部屋」に憧れていたのです。
例えばハイジの部屋には乾草のベッドがあって
あのフカフカ具合はどんなんだろうとよく妄想してました。

アンネ・フランクの部屋やフェルメールの絵に出てくる
部屋は、どちらも屋根裏部屋ではないけれど、
窓から差し込む光は祈りや希望、ささやかな幸福の象徴のようで・・・
(もちろんそれは影があるこその光なのだけど)
なぜか私の中では屋根裏部屋という限られた空間とダブるのでした。

空間をつくるというin-kyoの展示では初の試みでしたが
井藤さんの作品でそれが実現できたことは
本当に贅沢なことだったと閉店後に片づけをしながら
しみじみ感じておりました。

期間中はサイズを検討されたり、
「今すぐには購入できないけどいつか・・・」というお声を
たくさん頂きました。
頭の片隅にでも空間全体なのか、作品ひとつひとつなのか、
木の匂いなのか、手触りなのか・・・何かしらのかたちで
今回の展示が記憶に残るのだとしたら、それは本当にありがたいことです。

null
明日の午前中には屋根裏部屋の壁も取り払われ、
本が並ぶ通常のかたちへと戻ります。
でも今夜はまだ余韻に浸ることにします。



きれいに晴れ上がった空。
でも朝から強風。
鉢植えやらお客様の自転車がバタバタ倒れてました。


Mさんにお土産の姫リンゴを頂いたので
店内のあちこちにディスプレイを。

井藤さんのオーバルボックスの上にも。
ブルーに赤が映えて、とってもきれい。
null

井藤さんの展示は明日、10日水曜日が最終日です。
また、ご近所「カワウソ」ではコクテイル展が
本日より始まりました。
カワウソは展示期間中のみOPENしているギャラリーですので
スカイツリーも見つつ、この機会にぜひハシゴ散策をおすすめします!
昨日は井藤ファミリーをはじめ、マルシェに参加して下さった方々と
ともすけさんで打ち上げ。

美味しかったぁぁぁ。どれもこれも。
特にキノコのマリネ!
香りも瑞々しさもびっくらの美味しさでした。

マルシェにははるばる長野から参加して下さった方も
何名もいらっしゃって・・・
お客様にも参加して下さった方にもみんなに
楽しんでもらえていたら嬉しいなぁ。
どうだったろう?

今日はお祭りの後?のように静かな日曜日。
穏やかな秋晴れの一日でした。
今日のまかないは昨日マルシェで購入した一本ネギ
(下仁田ネギのように太くて甘い!)を使ったスープと
井藤さんの奥さま・万紀子さんのカンパーニュ。
そして清水牧場のチーズ。
最近自分の中でスープ作りが流行っている。
今日は体の中からあたたまるポカポカスープ。
ネギは一度網で焼いたものを入れて。
やっぱり一本ネギは美味しいなぁ。

今回の井藤さんの作品。
どれもこれも素敵なのですが、個人的にお勧めなのが鏡です。
額縁のようなフレーム。主張が強すぎなくて
どんなインテリアにもしっくりくるのでは?と思ってます。
素敵な鏡って探すとなると案外と無いのですよね。
画像はのちほどUPしてみます。

こちらです!
null
明日は定休日を頂いて、展示は水曜日まで開催致します。







昨日から井藤昌志さんの展示が始まりました。

壁で囲った様子は・・・

null

その中の様子は・・・

null
ベッドや椅子・スツールなど実際に
座ってお試し頂けます。

今日は出張LABORATORIOのマルシェ+カフエで
朝から賑わってます。
そしてたった今、馬喰町バンドの演奏が。
どこか異国の音楽のようで、やっぱりライヴはいいですね。
音の振動が体を包むように響いてきます。

明日の日曜日は営業しております。
ゆっくりと展示をご覧頂けると思いますので
ぜひ遊びにいらして下さい。
本日、井藤さんとお弟子さんの武君がバンに乗って搬入へ。
板で壁があっという間に組まれたかと思うと、
小さなお部屋がアノニマのガレージスペースにできあがりました。

本当に毎回思うのですが、口で言うほど
頭で考えていることをかたちにするのは
簡単ではないのですよね。。。
とわかっていながら簡単に言ってしまった・・・。
でもどうしても「モノ」ひとつひとつの単体の世界だけでなく、
井藤さんが作り上げる「空間」全体をいつかを見てみてみたいと思っていたのです。

それがまさに目の前に実際のかたちとなっていることにただただ感動です。
モノをつくり上げることのできる方のすごさをまた目の当たりに・・・。

設置が終わってからは3人で代わる代わるまずベッドに横になって
寝心地を確かめたり、椅子に座ってデスクに向かってみたりして。
とにかく皆さまにもまずは空間を楽しんで頂ければと思います。

作品は基本的にどれも受注生産、もしくは期間終了後の
お渡しとさせて頂きます。
きっとご自宅のお部屋で使用する際に
サイズの確認が必要なものもあるかと思いますので
じっくりゆっくりご覧頂ければ幸いです。

井藤さんは本日また松本へ戻り、
土曜日と日曜日は在廊予定です。(日曜日はお昼ごろまで?)
明日初日は申し訳ございませんがご不在です。
土曜日には追加の家具もお持ち頂けるとのこと。
それもまたどうぞお楽しみに。

お問い合わせの多いシェーカーBOXはオイル仕上げのサクラは
#1~#7のサイズが揃っております。そして大きなベンチタイプのものも。
加えてミルクペイントの黒とブルーの#1~#3サイズを
ご覧いただけます。

ぜひぜひこの機会にどうぞお越し下さい。

シェーカー教徒の人たちが作るベッドは
スプリングがロープを張ったものだったということを井藤さんに教えて頂きました。
だから眠る前にたわんだロープをしっかりと張る必要があるんだとか。

「sleep tighit!」(良く?しっかり?眠りなさい)という言葉。
実はこの「ロープを張る」というところからきているということも。勉強になります。
ちなみに井藤さんの作ったベッドはすのこがスプリングになっているので
しっかりとした安定感があります。

清志郎さんの歌の歌詞にも確かありましたね。
Good Nighit Sleep Tighit!

とにかく今日はそんな感じで。


明日は井藤さんの搬入日。
いやぁーここまで本当に早かった。

in-kyoの初めての展示は井藤さんの
シェーカーBOX展でした。
その展示を終えた後に「次回はこんな展示を・・・」というお話を
井藤さんにさせて頂いたのがもう1年以上前になります。たぶん。
具体的に話が動きはじめたのは今年に入ってからだけど。
毎度のことながらやっぱり今回の展示もドキドキ。

とにかく明日に備えてしっかりゴハンを食べておこう。
(ってそこかいっ!)
食欲の秋。
根菜が甘みを蓄えて瑞々しいし美味しいし。
お米も。
ここのところ新米が美味しくて銀シャリ(白米)を食べていたけど
今夜は久々玄米を。やっぱりこちらも美味しい。
なんだか力が沸いてきた気がするー。
本日くまがいのぞみさんが納品に来て下さった。
と、同時ぐらいに荷物が到着。

送り主を見るとくまがいさんからご依頼を受けたという
dan la natureのあいざわなつえさんから。

またしても今年もやられました!
3周年のお祝いになっちゃんのケーキを
頂いてしまいました(涙)
↓ デジカメを忘れて・・・と言ったらアノニマ田中くんがi-phonで撮ってくれました。
   すごいねぇ。きれいに撮れるんだねぇ。
null

クルミとイチヂクのタルトケーキ。
恥ずかしいくらいストライクゾーンの好みの味。
ロウソク3本とメッセージ付きのクッキーも入っていて
その心遣いにノックダウン。

姿が美しいだけでなく美味しくて美味しくて。
お世話になっているのはこちらなのに
なんと有り難いことなんでしょう。
アノニマのみなさんとアアルトコーヒーとともに美味しく頂きました。
本当にごちそうさまでした。

今日はお店が終わってから馬喰町の佐原屋さんへ。
楽しく美味しい宴の会へお呼ばれに。
シアワセな報告もあったりして。(ってのは私じゃないんですけど)

「美味しく楽しく元気よく!」

標語のようだけれどこれでまた明日から頑張れそうです。
みなさんいつもいつもありがとうございます。
わぁー11月ですよ。みなさん!
って焦っているのは私だけでしょうか?

たった今、ラジオでDJタロウさんが
「年賀状も今、やっとけば余裕なのに」ってなことを
言っていて、ラジオの前でうんうん頷いてはみたものの、
また年末になって焦るんだろうな・・・

今日は作業があって午後からお店へ。
2階にはアノニマのみなさんが出勤されているのだけど、
1階は完全にお休みモードでシーンと静まり返っていた。
定休日ってあんな感じなんだ。

そこで黙々と作業。
だが終わらない・・・
明けない夜はないのだよと何度も自分に言い聞かせても
終わらない・・・
9時まで頑張ってみたけど今日はここまでってことで帰ることに。

ずーっと集中していたから偏頭痛がする。
とにかく体が芯から温まるものをと思って
遅いけど家に帰って野菜スープを作り始める。
根菜やネギなどを入れて。

煮込んでいる間に「あぁそうだった!」と思って
昨日お祝いしはぐった3周年にかこつけて日本酒でひとり宴。
本日は寺田本家の「醍醐のしずく」 
うぃぃ。美味しいです。
酸味がフルーティーなので食前か食後がいいかも。
ってことで冷蔵庫をあさって、いちぢくとクリームチーズという
ワインに合わせるような組み合わせをしてみたのだけど案外とイケる。
オリーヴとも相性がなかなか良い感じ。

現金なもので偏頭痛なんてどこかへいってしまった。
そういえばオリーヴが好物だということに最近になって気がついた。
特に浅漬けのオリーヴ。
これは日本でいうところの梅干しやお漬物みたいなもんだな。
ポルトガルへ行った時には食事へ行くと断らない限り
必ずオリーブがテーブルに出される。
それがまた浅漬けで食べやすくて美味しいこと、美味しいこと。

あぁポルトガルにはまた行ってみたいなぁ。
ウォーターウォーターキャメルの歌に
「明日はポルトガル人のように」という曲があるけれど、
こうやってあくせくしているとポルトガル人のおじさんを思い出す。
2時間前に広場で見かけたおじさんが同じ場所で
同じ格好で変わらずベンチに座っていたりするんですよ。
あの様子を思い出す度にあわあわしている自分がアホらしく思えたりするのです。

そうは言っても明日もあさからフル稼働。
頑張れ日本人!