今日は4時起床。

そして5時代の電車に乗って国立へ行ってきました。
国立に行ったのは匙屋さんで行われた
青木隼人さんのライヴを聴きに。
ライヴはAM6:30スタート。

これならライヴを終わりまで聴いてもまだ余裕で
お店のオープンに間に合うし。
ってことでご近所カワウソチームと連れ立って
出かけたわけです。

ライヴが行われた匙屋さんは今週28日で今の場所での営業を終え、
岡山へ移住をすることを決められたのです。
頻繁に通うことはできなかったけれど、
とても好きな空間だったし、似た思いを持って
お店をやっていらしたんじゃないかと勝手に
親近感を抱いていたのです。

でも今日はお別れとか、寂しいというのとは違って、
一日が心地良い音楽で始まったのと同じように
なんとも静かで清々しささえ感じられるようでした。
岡山へ出かける口実がまた一つ増えたわけだ。
私は私で自分の暮らしとお店のこと、いろいろ頑張ろう。

先日のin-kyoで行われた山田稔明さんもそうだし、
今朝の青木さんも。ライヴはいいな。
町の音と風景が演奏と相まって、
その時間と空間でしか生まれない音楽を
その場にいる人たちと共有できて。

排除ではなく融合。

そんなひとときでした。
駅に向かってコツコツとアスファルトを叩くヒールの音。
いい音だったなぁ。

お店も通常通り12時にオープン。
さすがに夜は早々に電池切れ。
もう寝ます。


今井美智さんの個展は16日で終了致しました。
期間中は暑い日が続いておりましたが
そんな中、足をお運び頂きまして
本当にありがとうございました。

今回お互い会うのははじめてという
今井さんと内田真美さん。
でもそんなことは台湾愛であっという間に打ち解けて、
とっても和やかなイベントとなりました。
楽しかったぁ・・・お二人に感謝です。

今井さんの作品は一部ではありますが引き続きお店で
お取り扱いしておりますのでまたぜひ店頭でご覧ください。

さてさて明日は「まよいながら、ゆれながら」の発売記念イベント
「つながって、輪になって」をin-kyoで行います。
ライヴを行って下さる山田稔明さんは7日の福島に引き続き、
15日は札幌の「たべるとくらしの研究所」でのライヴ。
そしてin-kyoへ!
お店でライヴを行うのは今回がはじめて。
お店がいつもと違う表情になるのがとてもワクワクします。

お知らせページにも告知しましたが(いつもギリギリで申し訳ございません)
明日の営業時間はイベント準備のため17:00までとさせて頂きます。
何卒ご了承ください。
昨日の夕立はすごかった。

お陰で花壇の植物たちも暑さをしのげて
ホッとしているようだった。


先月訪れたハワイ島での滞在は、ヒロがメインだったのだけれど、
雨が多いと言われていたヒロでどしゃぶりに遭ったのは1日だけ。
毎日毎日雨に降られていたら気も滅入っていたかもしれない。
が、そのどしゃぶりさえ気持良く、雨が上がる頃には
大きな虹がきれいなアーチを描いていた。

昨日の夕立の後にも虹が出ないかなぁと期待したけれど
スッと陽が落ちてしまって虹はお預け。

今朝は少し涼しくて暑さもひと休み。
ちょっとホッとしますね。

今井さんのガラス。
外の雨を感じながら見るガラスは水のかたまりが
並んでいるようで本当にきれいでした。

本日月曜日も営業しておりますので
ぜひお越しください。
今井美智さんの個展「台湾茶のガラス」が
始まりました。

東京は最高気温が35℃という日が続いておりますが
店内はガラス・・・ガラス・・・ガラス!
目に涼しげです。

そんな中、昨日は内田真美さんの台湾スイーツと
台湾茶を冷茶にしたものをご用意して
今井さんのグラスも実際にお使い頂きました。

null

お茶は引き続き本日もご用意しようと思っておりますので
お茶の美味しさもグラスの手の馴染みややさしい口当たりも
ぜひ実際に味わってください。

今井さんのガラスは型吹きのもの(石膏と金型)と手吹きのものとがあって
どちらにも今井さんらしいたわみ、自然でのびやかな曲線、
やわらかさが感じられるのです。

色々とお話をうかがっていると

「ガラスの動きに任せて・・・」とか

「光の泡を集めようと思って・・・」とか

今井さんがきれいな言葉を使って表現してくれるのです。


作品の名前も「水たまり」と名付けられた花器だったり、
「氷」という名前だったり。
想像が膨らんで楽しくなってくるのです。



展示は16日まで
期間中は無休で営業時間も12:00-19:00までの通常通り。


ぜひぜひこの機会にお越し下さい。

先週末、7/7の七夕の日は福島の「器や あんざい」さんで
新刊「まよいながら ゆれながら」の発売記念イベントを
行ってきました。

御来店下さったみなさま、
地元のみなさん、安齋家のみなさん
そして東京から一緒に向かったスタッフチーム!
本当に本当にありがとうございました。
楽しい時間をご一緒できてとっても嬉しかったです。

福島の日記はまたあらためてここで書くつもりなので
その間、ぷくぷくと熟成させようと思います。

さてさて。
いよいよ12日から今井美智さんのガラスの展示が始まります。
台湾から直送された茶葉や茶器の販売(13日~)や
内田真美さんの台湾スイーツと冷茶のイベントも。

梅雨明けと共に暑さが厳しい東京ですが
どうぞ目にも涼しい今井さんのガラスの器たちを
ぜひぜひご覧ください!

7/5

今のお店の場所へ引っ越しをして来てから
今日で1年が経ちました。
本当に時間の経つのは早いものです。

ご近所の皆さんに頂いて植樹をしたオリーブの樹は
この1年でのびのびと枝を伸ばし、
青々とした葉をつけています。

あんな風に自分は成長しているだろうか?

大きな目標を立てるよりも、今は日々を大事に
積み重ねていくこと。それを続けていくことが
自分にとっては大切かなと思っています。

そのことが今日よりも明日へとつながるように。

カメの歩みのようですが、今の場所で2年目を、
お店を始めてからは今年で6年となるin-kyo。
いつもありがとうございます。
どうぞこれからもよろしくお願い致します。

明日は蔵前界隈の月1イベントの日。
そしてお店が終わってからは、
7日のイベント準備のために福島へ。



などと書くとちょっと焦ってしまいますね。
焦っても仕方がないので一日一日を大事に
めいいっぱい過ごすとしましょうか。

さて。
すでに「お知らせ」では告知しておりますが
7/12(金)からガラス作家・今井美智さんの展示が始まります。
期間中、13日(土)には料理研究家の内田真美さんが
ひんやり台湾スイーツをご用意して下さいます。
(詳細はお知らせのページにあらためてUPしました)

なぜ今回のテーマが台湾かというと、
台湾茶の魅力にはまって、通うように台湾へ旅に出かけていた
今井美智さんは、なんと台湾へ留学まで行っていたそうです。
そして内田真美さんも著書に「うちで食べる台湾式ごはん」があるほど台湾好き。

今回の展示で初顔合わせのお二人。
お茶は今井美智さんがご自身のガラスを使って、
水出しの冷茶を入れて下さいます。
(耐熱のガラスではないのでご使用の際は熱いものは避けて下さい)

DMの写真は今井さんからのリクエストで
久しぶりに私が撮影したものです。
(カメラはご近所カワウソのM氏にお借りしました。カメラの力!)

今年の梅雨は雨の少ない東京ですが
汗ばむ陽気になってきた今日この頃、
涼しげなガラスが並ぶ店内へ、どうぞ涼みにいらして下さい。

null

と、その前には5日の9:00~は出張旅ベーグルとスープの朝ごはんの日。
土曜日は蔵前界隈の月一イベンのと日。
9.10日は浅草寺のほおずき市。

7/7(日)は福島のあんざい果樹園内にある、「器やあんざい」さんで
「まよいながら ゆれながら」の出版記念イベントを行います。
もちろん私も行きます!お近くの方、近隣の県や東京にお住まいの方も!
ぜひぜひ遊びにいらしてください。



と楽しいイベントが続いております~。