師走とはよく言ったもので、師でもないのに
走り続けた1ヶ月。
今は夫くんと私の実家に一緒に帰り、
コタツに入り、兄も一緒にだらだらとワインを飲みながら
紅白をのんきに見ている。なんだか夢のような状況。

先週末、26日27日の二日間は
「お米農家やまざきチャリティキャラバン@in-kyo」を開催しました。
たくさんの方々にご参加・ご協力を頂いて行った初めての試み。
決して広くはない店内で、しかも常設の商品もある中で
正直どこまで何ができるのだろうかと自信がなかったのですが、
いざ当日になってみると開店前から寒い中並んでくださった方々も
いらしたほど多くのお客様が足を運んで下さいました。
山崎さんちのお餅はもちろん、お米をはじめ米粉や米糠を手にする方の多かったこと。

「何かしたかったけれど、何をしたらいいのかわからなかった。
だから今日は良い機会になりました」
「買う、とか食べることでしかできないけれどそのことで何か支援できれば」

そんな嬉しいお声をかけて下さる方がたくさんいらして
山崎さんはもちろん、私まで元気を頂いた二日間でした。

in-kyoとしては場所の提供しかできませんでしたが、
忙しい年の瀬に足を運んで下さった方々や
参加者の皆さん、当日にお手伝いをしてくださった方々、
また一緒に同時開催の食堂を行ってくれたカワウソのお二人のお陰で
成り立った今回のチャリティです。
そして何より皆さんの笑顔が、厳しい状況でも山崎さんが前へと進む
大きな支えとなるのだろうと思えたこころあたたまる時間でした。
山田さんの歌を聴きながら私まで込み上げてくるものがありました。

本当にみなさまありがとうございます。

年明けには精算を済ませた上でチャリティ金額をこの場でお知らせできたらと
考えております。もう少々お待ちください。

今年は私個人、in-kyoともに大きな変化の年となりました。
大好きなこの場所で、限られた時間の中で自分ができることは何だろう?
そのことだけをひたすら考え続けてやり続けた一年でした。
色々無理もして反省することも多々多々ありますが
それでも今自分ができる精一杯のこと、それだけしかできないのだなと。

これでおしまいなのではなく、まだはじまりの一歩。

明日からまた前へ踏み出して、ときには立ち止まってを
たんたんと続けていこうと思います。

来年もどうぞよろしくお願い致します。
皆さまが迎える新年が健やかで
ありますことをお祈り申し上げます。






クリスマスですね。
子どもたちの元へはサンタはやって来たのでしょうか?


さて。
もうお手元に届いている方もいらっしゃると思いますが、
以下の文面で、in-kyoの移転のお知らせを
いつもDMをお送りさせて頂いている方々へ
郵送致しました。

明日、明後日は年内最後のしめくくりとなる
「お米農家やまざきチャリティキャラバン」のイベントです。
年末のお忙しい時期かと思いますがぜひお越し下さい。

*******************************************************

in-kyo移転のお知らせ 


早いものでもう師走。
ジングルベルの鈴の音よりも、火の用心のかけ声と拍子木が鳴り響く様子が似合う蔵前。
この町でお店を構えて今年の秋で丸8年を無事迎えることができました。
はじめはアノニマ・スタジオの一角に、
そして引っ越しをして現在のタイル貼りの古いビルの1階に。

どちらもそよそよと吹く隅田川からの川風や、季節の匂い、陽射しを感じることができる気持ちの良い空間。そこへこれまでたくさんの方が足を運んで下さいました。
お客様をはじめ、お店を構えたことで知り合った方々、蔵前界隈のみなさん、遠くても近くても距離など関係なくいつも支えてくれている友人、知人、家族のお陰でお店というこの空間、そしてこの町に、深い愛着が年々増していき、これまでなんとかやってこれました。
感謝の気持ちは言葉で簡単には表しきれませんが、この場をお借りして心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

2016年の春に夫が生まれ育ち、現在暮らしている福島へ移住致します。
それに伴いin-kyoも移転を致します。
できることならこの場でずっとおばあちゃんになるまで…そう思って始めたお店です。
大好きな場所や人のいる町から離れることとは、どんなことなのだろう?
正直今は想像もつかないほどです。

お店の移転先は福島県田村郡三春町という場所で、只今オープンに向け準備をしております。
三春は「梅・桃・桜」の花が一度に咲き、三つの春が同時に来るから三春と呼ばれるようになったと言われている美しい場所です。
お店と同じく、暮らしの拠点もこの町に構える予定です。そこでは「くらすこと」を夫と二人で一から本気になってやっていこうと思っています。
その上でお店で扱う器や道具、生活雑貨そして衣類。その他にも心動かす本や写真、絵…etcは何かが少し違ってくるのではないだろうかと考えているのです。
今のお店とそれは、表面上何ら変わりのないものかもしれません。違ってくるだなんて自己満足なだけかもしれません。それでも自分が考える「暮らし」というものが、どんなことなのかを突き詰めてみたいなと。

わがままで頑固、マイペースなわたくしですが、今後ともどうぞあたたかく見守って下さいます様よろしくお願い申し上げます。


【年末年始の営業について】

12/28~1/4 は冬期休業を頂きます。

2016.1/9(土)月イチ蔵前 恒例お振る舞い酒

2/5(金) 6(土) 7(日) 出張たべるとくらしの研究所

*この他にもイベントを企画中です。詳細はHP(http://in-kyo.net)をご覧下さい。

移転先の店舗情報、最終営業日などは決まり次第HPでお知らせ致します。


最後になりましたが、今年も一年大変お世話になりました。
皆さまどうぞ幸せなクリスマスを。
そして心おだやかな新年をお迎え下さい。


2015年師走 晴れ渡る空の日に

in-kyo 長谷川ちえ





ほぼ毎日のように(定休日も)
一日のうちの大半をお店で過ごしている。
それでも飽きずに
「あぁなんてきれいなんだろう」と
小さく感動してしまう奇跡のような瞬間がある。

冬の朝の澄んだ光とか、木陰が店内に映り込む夏の日とか…

土曜日の「旅ベーグルとスープの朝ごはんの日」も
そんなひとときだった。
白い壁に光が反射して、店内が明るく照らされて清潔な朝という印象で。
テーブルを囲む皆さんが、はじめて会う人たち同士だというのに
いつの間にか会話が生まれて笑顔になって楽しそうで。
この場所がやさしくきれいな光にずっとずっと包まれているようだった。

ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました。
そしてこれまで朝ごはんの日を一緒にやってくれた旅ベーグルのマツジュン。
本当に本当に楽しかった〜。ありがとう。

ひとまず今回が最後にはなったけれど、
これで完全におしまいなのではなく、
またどこかで一緒に何かができたらいいな。
終わるってことはまた何かがはじまるきっかけにもなると思うから。




旅ベーグルさんが 谷中のお店を12/13(日)でcloseし、
新転地・香川県丸亀市へ移転することになりました。

in-kyoをはじめたばかりの頃は、まだまだ台東区に
知り合いがほとんどいませんでした。
その頃自転車でやってきて、おもしろおかしなことを言って
人懐っこく?お話をしてくれたことを覚えています。

今の場所にin-kyoが引っ越しをしてからは、
「ここで何か一緒に楽しいことがしたいねぇ」と
ゆるやかに出張旅ベーグルが始まりました。
そしてときどきお互い少しだけ余裕があるときに
行ってきた「旅ベーグルとスープの朝ごはんの日」

年に数回だけの開催だったけれど、気づけばもう3年も経っていました。
私は毎回文化祭みたいにドタバタしながらスープの準備。
マツジュンは朝焼き立てのベーグルを汗をかきかき(冬でも)自転車で運んで来てくれて。
まだほんのりあたたかいできたてのベーグルを
たくさんのお客様にお届けすることができました。
毎回、毎回、漫談のようなやり取りをして、
お互いひとりでお店をやっている同士、いつも元気をもらっていたように思います。

昨夜?今朝?
「12月13日は AM12:00 に旅ベーグルを開けますよ」

そう聞いてまるで初詣にでも出かけるように
友人たちとお店に向かうと、深夜にも関わらずすでに人影がちらほら。
みんなが笑顔で、マツジュンも笑顔で、
ベーグルを手にした人たちが
「ありがとう!また会おうね」と声を掛け合って。
ベーグルが焼き上がる甘く香ばしいいい匂いに包まれながら
幸せなのに少し切なくて、じーんとした。

まだまだ焼き続けているんだろうな。
今日は3時か4時くらいまで焼き続けるって言っていたから。

毎日朝7時にお店を開けるために3時頃から仕込みをしていたマツジュン。
新しい土地へ移ってからも地元の人たちにも焼き立てのベーグルを届けていくのでしょう。

昨夜のできたてアツアツのベーグル。
いつも美味しいと思っていたけれど、
本当に本当にびっくりするくらい美味しかった。
たくさんの人に愛されている旅ベーグル。
これからも楽しみにしてます。

昨日は急遽臨時休業を頂いてしまい、
大変申し訳ありませんでした。

8日の展示を終えて撤収作業が終わり次第、
終電の新幹線で郡山へ。
昨日は終日諸用であっという間に陽が暮れて…。
今日は早朝にあちらを車で出発。
開店前に余裕で到着。
通常通りOpenすることができました。
師でもなんでもありませんがビュンビュン走ってます。

郡山の街中でもすぐに目にすることができる安達太良山。
粉砂糖を振ったように山頂にはすでにうっすらと雪が積もっていました。
広い空には羊の大群のような雲が広がって、
霜をまとった田畑はベールをかけたように美しく、
淡いトーンがどこまでも続いて。
そこで暮らす人にとっては毎日の当たり前の風景かもしれないけれど、
見とれるようにいつまでも飽きずに車窓からの景色を眺めておりました。

あまりにもきれいで写真を撮ることもすっかり忘れて。
宮下智吉さんの展示も本日が最終日。


と、開店前に日記を書き出したものの書き終わらず、
ただ今閉店後のPM8:50。

6日間の展示も本日で終了致しました。
期間中お越しの皆さま本当にありがとうございました。
じっくりゆっくり見て、手にとって悩んで、
でも購入するのはまだ迷って…
店主が言うのもなんですが、それでもいいと思っています。
今の自分の暮らしにフィットするイメージが
わかないのであれば、たとえいい器だとわかっていても
使う出番がなくなってしまうと思うのです。
いいなと思って、いつか必ず欲しいなとか使いたいな。
そう思って頂けるものがここにあると実感できただけでも
つくり手や伝える立場の私としてもこれからの励みとなるのですから。
とても有難いことです。
それぐらいの速度がちょうどいいような気もします。

前のお店の場所のときから展示を行って頂きましたが、
その頃からずっと変わらず宮下くんは展示の設営の前に
自らその空間を清めるように掃除をしてから設営の作業に入ります。
それは汚れているからとかではなく
気持ちひとつから大切にしているというのか。

今回も昼から始まった設営作業はまずは掃除から。
掃き掃除から始まって、窓拭きまで。
私も一応毎日掃除をしているのですが、
私がやったからやらないとかそういうのではないのです。
場所を整えて、そこで初めて仕事に入ることができる。
たぶん普段の制作と一緒なのでしょう。
営業を終えてからは閉店後にひと通り器を拭いて、
店内を箒で掃いて一日を終える。
クタクタになっても毎日が実に気持ちよく過ぎていきました。
見習いたいところがたくさんです。

漆と聞くとそれだけで扱いに手間のかかる難しい素材と
思われがちですが、ほんの少し気をつけてあげれば
こんなにも扱いやすく魅力のあるものなのかと思わされます。
よく「木は家具や器になっても呼吸をし続けている」と言われますが、
漆も同様。
さらに「漆は成長し続けている」と宮下さんは話してくれました。
使い続けることで磨かれて艶が増し、強くなっていく。
下地となっている木を漆という自然の素材で守っているというのか。

「日々の暮らしの中で、月日をともに積み重ねたくなるような…」

in-kyoの立ち上げのときにまず考えたことです。
2015年のしめくくりとなった今回の展示は、
初心に立ち返るいいきっかけとなりました。
宮下智吉さん、奥さまの明日香さん、
DMのモデルとなってくれたさなえちゃん。
本当に本当にありがとうございました。


3日から始まった宮下智吉さんの展示も
5日の朝を迎えました。
明日は早くも最終日です。
今日、明日の2日間も宮下さんは終日在廊して下さっていますので
ぜひお越し下さい。


土曜日は「すみや」さんのお昼ごはんとおやつの日。
月イチ蔵前のひということもあり、たくさんのお客様に
お越し頂きました。
本当にありがとうございました。

今回の展示では漆のお皿を手に取って下さる方が多いのが
印象的です。
漆というとまずお椀やどんぶりをイメージされる方が多いと思います。
実際、飯椀、お茶漬け椀という名前がついた深めのお椀、
どんぶりなどももちろん人気です。
ですがお皿を手にしてあれこれと作るお料理をイメージして下さる方が
たくさんいらっしゃることがとても嬉しいです。
それだけ漆が特別なものではなく、日々の器として多くの食卓で
活躍してくれるのだろうなぁと思うと、こちらもまだまだ勉強しなければ
ならないことがたくさんあるなと。

使い方が難しいと思われがちな漆の器ですが、
油ものもご使用頂いても中性洗剤を使って
やわらかなスポンジで洗って、十分にすすいで頂ければ大丈夫です。
宮下さんに教わったのは
「手と同じように毎日大切に扱うことで使ううちに艶が出て美しくなっていきます」と。
手のお手入れと一緒。
(クリームは使いませんが、やわらかいスポンジで洗って、すすいで良く拭いて)
そう思うと身近に感じて頂けるのでは?

土曜日のすみやさんのお昼ごはんではワンプレートの中に
・稲荷寿司
・あやめ雪かぶマリネ
・菜の花の塩昆布和え
・紅芯大根の塩麹柚子和え
・西京玉子
・鶏の根菜ロール
・さつまいものレモン煮
・鮭のマリネ
・京人参の揚げ浸し
と、たくさんのお料理が美しく盛りつけられ…
こちらに自家製のお味噌を使ったお味噌汁が宮下さんのお椀によそわれて。
お客様からは「美味しい、美味しい!」の声。

どんなに言葉で説明するよりも、使って味わって
手触りを感じて頂くことが何よりということを
実感した一日でした。
すみやの角田真秀さん和彦さん本当にありがとうございました!

角田真秀さんは12/24に初めてのレシピ本
「基本調味料だけで作る毎日の献立とおかず」という本が
マイナビ出版から発売されます。
in-kyoにも入荷予定(24日よりも入荷が遅れる可能性があります)ですので
どうぞお楽しみに。

さて。
今日もきれいな冬の朝。
開店前に漆のカップにコーヒーをいれて。

月曜日ですが営業しておりますのでぜひお越し下さい。

↑本日掲載の写真はDMの撮影もして下さった大沼ショージさんによるものです。
 さすがの美しさ!
昨日は展示設営のためお休みを頂きました。
本日から8日まで宮下智吉さんの個展を開催致します。
年内ラストの企画展。
やはり毎度毎度、設営と初日の開店前はどうも緊張します。
今朝も目覚ましが鳴る前から目が覚めてしまいました。
自分が制作しているわけではないのになぁ。

早くにお店に到着。
掃除をして店内を見渡すと、シンと落ち着いた気持ちになります。
ホッと落ち着くというか。
宮下さんの漆はそういう器です。

昨日の設営の際には簡単なご飯ながら漆の器を使ったまかないごはん。
今日も開店前におむすびとお味噌汁。
なんとも贅沢というか、優しい気持ちになる漆です。

今朝は冷たい雨降りとなりましたが夕方には雨も上がるとか。
ひとりでも多くの方にご覧頂いて、実際に手に取って漆の器の手触りを
味わって頂きたいと思っております。

ご来店お待ちしております!