三春にin-kyoがオープンしたから今日で10日。

什器も扱う商品も今までとほぼ同じなんだけれど、
新しい場所で、そして新しいできごとと出会いの中で
過ごす日々は新鮮さと緊張との連続で
家に帰ったら飽和状態の頭で晩ご飯を作り、
その後は子どものようにパタンと寝てしまってます。
まさに初心。8年経とうがなんだろうがやっぱりはじめの一歩。


オープン前には満開だったしだれ桜やソメイヨシノは
今は葉桜になっているものの、その若い緑もまた美しい。
山には淡い色をした山桜が咲き始めてフワフワとやわらかに見える。
「山嗤う」というけれど、こんな景色のことなんだろうな。
目にする風景に、朝陽の美しさや澄んだ夜空にいちいち感動している
今を忘れないでいよう。


工事のときから気になっていたお店のガラス枠につくられたツバメの巣。
一度巣をつくったところへは必ず毎年ツバメが戻ってくるというけれど、
ここはどうなのだろう…?
そう思っていたら昨日あたりからつがいとおぼしきツバメが
せっせと巣作りのためにin-kyoに通い始めた。
ツバメがやってくる場所は幸せを運んでくる。
そんなことを信じて糞の汚れが心配だけれど、このまま見守るとしましょう。
三春の町はうちに限らずツバメが多く飛び交っています。


明日、4/20(水)は定休日です。

お知らせのページにも記載しましたが
LIFEKU(ライフク)による熊本地震被災者への
義援金箱を本日よりin-kyoに設置しました。

ひとりではできることは小さくても
集まれば大きな力になると思います。
祈りを届けられれば。




明日の定休日に色々行き届いていないところの
修正を少しずつやっていこうっと。
4/15(金)10:00
福島県三春町へ移転をしたin-kyoが無事オープンすることができました。

熊本を震源地とした大地震のことを知ったのはこの日、
お店のオープン時間がしばらく過ぎてからのこと。
まだまだ広い範囲で余震が続いているようで、
被害に遭われた方々は落ち着いて眠れぬ日を過ごしているかと思うと心が痛みます。


すぐには何もできない自分に歯がゆさを感じますが、
一日も早く穏やかな日常が取り戻せることを今は祈り続けます。
運送状況も混乱しているので状況が落ち着いて
物資や支援金など、具体的に何かできることが見つかり次第、
個人的にはもちろん店頭でも何かしらご協力できればと思っております。


今は自分の足下をしっかりと。
たくさんの方々のご協力と支えによってまたお店を
新しい土地でできてことに心から感謝しながら
日々を目一杯過ごそうと思います。



「三春にこういったお店ができて嬉しいです」

オープンして今日で4日が経ちますが、
たくさんの方にこのような嬉しいお言葉を頂いております。
こちらこそ素敵な三春の町でお店ができることを嬉しく思っています。

昨日は東京からアノニマ・スタジオの一角にあった頃から
通って下さっているお客様や友人夫妻が来て下さいました。
東京から車で3時間。
上野から新幹線と電車、バスを使って1時間半ほどだったそうです。
桜は昨日の雨風で散り始めてしまいましたが
緑やお寺や神社の多いこの町を散策するだけでも十分楽しめます。
ぜひ、本格的な春を迎えた三春へ。そしてin-kyoへ。

どうぞ遊びにいらして下さい。


*************************

オープンに際してお祝いのお花などなどたくさん頂きました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。
オープンのお知らせDMも追いついていない方々も多く、申し訳ありません。
もうしばらくお待ち下さいませ。
今朝もうぐいすがいい声で鳴いている。



お店へ行って黙々と作業。
DMの写真ですが、お店のカウンター内の窓辺にある
タイルの上で撮った写真です。
このタイルはもともと以前のお店「美容室さくま」さんのシャンプー台の
スペースにあったものを利用して、ラ・ヴィーダさんが白く塗装してくれたもの。
真新しくなりすぎず、それでいて清潔で、窓からの光もやわらかい場所。
そしてもうひとつ。美容室さくまさんで使われていた白の医療棚も
譲り受けて使わせて頂くことになりました。
そこには新しくお取り扱いをさせて頂くSyuRoさんの(今までは同じ蔵前だったので
お店でお取り扱いしていなかったのです)アロマシリーズや
こちらも新規のオーラルピースの歯磨きジェルやスプレーなどを置こうかと考え中。
こうやってあれこれイメージしているときがとっても楽しい。

まる一日作業をしているというのに進み具合は牛歩並み。
あっという間に陽が暮れて作業は終了、おウチに帰ってゴハンの支度。
でもそれでいいのかなと。予定通りに進んでいるし。と自分に言い聞かせる。
以前の私だったら区切りのいいところまで終わらせる為に
夜中近くまでお店に残ってやったりしてました。
今、それをやってしまうと夜道が暗すぎて怖くて歩いて帰れないし、
ごはんも自分だけでなく二人して食べはぐってしまうので。
ほどほどに。だな。


今日は朝から雨降り。

花散しの雨といいますが、花おこしの雨。
咲き始めたばかりの桜たちはより色が鮮明となり、
目に瑞々しく映ります。

「花おこしの雨」
とは、昨夜訪れたご近所のお店のご主人に教えてもらった言葉。
開花する寸前か、開花間もなくの頃に降る雨は、
花をほころばせる(目を覚ます)きっかけになるような恵みの雨なのだそう。
そう聞くと今日の雨もやさしい気持ちでいられます。



昨日は夫くんの仕事が休みの日だったので
早起きをして開花宣言が出た滝桜を見に。
まだ三分咲きほどでしたが遠くから見ても枝ぶりが見事。
いつまでも眺めていたかったけれど、今日はお店の荷開け作業の日で
しかも福島市からそのお手伝いのためにあんざいお父さんとお母さん、
そして自宅の引越を手伝ってくれた丹治さんと小池さんが
来て下さるのでまきまきスケジュール。

滝桜の帰りには「上の湯」で朝風呂。(8時から入湯できます)
民宿のような小さなお風呂ですが、湯船につかると
お庭のソメイヨシノが見えてなんとも贅沢。
仕事前に自分にご褒美(目の前のニンジン?)午後からは作業。
什器をレイアウトして、器を開梱し始めると空間が少しずつ
動き出してお店らしい表情になっていく(気がする)それが楽しく嬉しい。
お昼ゴハンはあんざいおかあさんと小池さんのお料理。
そしてお茶タイムには丹治さんが自ら焙煎したコーヒーをいれてくれて。
うぅ。なんたる贅沢。ごちそうさまでした。

今日は雨降りですが黙々とひとり作業頑張ります。



DMできました!
写真はこちら。
ギリギリになってしまいましたが順次発送させて頂きます!

ウソもつかずに一日が終わる。
(あ、これもウソではございません)

トレーニングというか…
ここ数日歩いてお店へ行っている。
幼稚園や小学校のときに通学路を確認しながら歩いて
練習するのと同じような感覚です。

子どものころからそうでしたがつい道草。
「昭進堂」というおまんじゅう屋さんで
名物の「おたりまんじゅう」を買い、図書館へ寄り、郵便局にも。
お店の裏道となる小川沿いの遊歩道もフラフラ。
お店は工事の方がまだ少し残った作業をされていたので
今日は様子だけを伺って私は作業はせずに帰ることに。

帰り道は地図を見て気になっていた城山公園へ行ってみようと
歩き出したが、これがまた長く長く続く坂道。
途中で断念して公園の手前にあるポッカリと空いた
はらっぱのような広場でベンチに座っておたりまんじゅうをパクリ。
やっぱり山登り(ではないんだけどそれに似た)の
疲れにはあんこがてきめん!買っておいて良かった。


この広場がこれまた気持ちがいい。
今日は雲が出て遠くの景色は霞んでしまっていたけれど、
見晴らしもいいし、しだれ桜にソメイヨシノも楽しめる。
しだれ桜の蕾は花開く時期を今か今かと待ちわびている。
離れたところから見ると枝全体が紅色に染まっているようで
それだけでもすでに山に色を添えている。


↓ ちどり足のようなお花見提灯。
  もうすぐ。 うぐいすの鳴き声も聞こえている。