特に何をするでもないのですが
今日でin-kyoはまる10年を迎えました。

今朝はいつもよりも早くお店に行き、
山口さんが早めに届けて下さった
展示用の作品の検品を少しずつ進める作業を。
そんな合間に宅急便の荷物が届く。
送り主を見て「あ!ひょっとして。。。」

はい。実は昨夜は10年のことを意識していたのですが
今朝になってやることを黙々とやっていたら忘れておりました。
届いた荷物を見て思い出したわけです。
陶芸家のくまがいのぞみさんが
dans la natureの千葉奈津絵さんに毎年お願いをして
贈ってくれるアニバーサリーのケーキ。
今年はあんざい果樹園の紅玉リンゴを使ったもの。
キャンドルもちゃーんと10本用意してくれています。
なんとも心のこもった贈り物とお手紙。
いつもお世話になっているのは私の方なのに。。。

10年の間にはお店の引越しが2回。
住む場所も環境も変わったこともあってそれだけの年月が
経っていることにあまり実感がわかないのですが、
そんなぼんやりとした私が、どうにかこうにかこれまで
やってこれたのはまわりの人たちのお陰でしかありません。
お客様や作家の皆さん、お取引のある会社の皆さまにも
いつも支えて頂いています。
感謝の言葉はどれだけ重ねても足りないほどですが
何かで返せるとしたらやはりこの先、お店を続けていくという
ことでしかないように思います。

モノの行き来だけでなく、人が集まって何かが繋がり
広がっていくような。
大きなことをしようだなんて大それたことは考えてませんよ。
(ま、やろうと思ってもできませんけど。)
in-kyoはもっと気軽な場所。
以前に民放サロンにも書きましたが
誰もが気軽に立ち寄れてゆっくりできて、
たまたまそこにいる人と会話したりして。
そんな「縁側」みたいなホッとできる
場所になればいいなと思っているのです。

一歩一歩また歩みを進めていこうと思います。
仕事ばかりでなく暮らしもまるごと一緒に。
11年目に入るin-kyoもこれからもよろしくお願い致します。



秋晴れが数日続いていたのもつかの間。
また台風がやってきているとは。。。
三春も昨晩から雨が降り始め、
今朝はずっとザーザー降り。

そんな週末ですが来週末の楽しいお知らせを!



いよいよ11/3~11/14の期間で
木工作家・山口和宏さんの個展「日々の、木の器」が始まります。
山口さんは九州は福岡・吉井町という土地で暮らし、
工房を構えて制作をされています。
以前にお邪魔したご自宅では山口さんの木の器を使って
美味しい食事をたらふくご馳走になりました。
そこでは気取りなく、日常の中で使い込まれた
表情豊かな木の器たちからもあたたかいおもてなしを
受けたような気がしました。

気負うことなく気軽に使って。
そう言われてもなかなか難しい。躊躇してしまう。
「これで大丈夫だろうか?」と使い方や
普段のお手入れなど不安に思う方も多いと思います。
そこで期間中の山口さん在廊日(11/3,4)には山口さんご本人から
扱い方やお手入れの仕方を直接教えて頂く時間を企画しております。
(予約不要・無料です。詳しくはお知らせページをご覧ください)
福島県・棚倉街のGET WELL SOONさんのパンを
試食して頂きながら使った器のお手入れの仕方を
その場で見て体感して頂こうと思っておりますので
ぜひこの機会に。11/3はパンの販売も致します!

安心して木の器や道具を手にして頂けたらと思っております。

さらに。
今回のDMの撮影をして下さった大沼ショージさんの
写真展「木の器」も同時開催。
使い込んだ山口さんの器をイタリア・ウンブリア州の
光と空気の中で撮影した写真を展示。(販売も致します)
額は山口さんに制作をお願いしました。
大沼ショージさんの写真の世界もどうぞお楽しみに。

20日に開催した「漆と刃物」上映会とトークイベント。
ご参加下さった皆さまお足下が悪い中、本当にありがとうございました。
そしてお話をして下さった鈴木康人さん・貝沼航さん・宮下智吉さん。
おいしいおむすびをたくさん作って下さった鈴木智子さん。
撮影した映像作品の上映を快諾して下さった飯坂大さん。
皆さまありがとうございました。

イベントの際に上映させて頂いた映像は
民族文化映像研究所の「奥会津の木地師」と
写真家・飯坂大さんによる「漆をつなぐ人」でした。
智子さんが作って下さったおむすびのお米は
お米農家・山崎さんの「ひなたの粒」新米・白米。ピカピカ。
裏方はおむすびの写真が撮れずじまい!

が、皆さんが興味深く映像に見入る姿や
漆の器を使った食事を楽しんで下さったり、会話をされていたり、
3人の話に笑ったり自然に質問が出たり。。といった様子は
かみしめるようにたっぷりと心に刻んでます。

新月だったこの日、in-kyoで過ごした数時間が、
何かをきっかけに興味の扉に手をかけて、
少しずつその扉を開けていくような
そんな場と時間になっていたらこんなに嬉しいことはありません。
モノの行き来だけでなく、これから少しずつでもこうした場も
つくっていこうと思います。

昨日で6日から開催のAIR ROOM PRODUCTSの展示
「心地よく、心地よく」が終了致しました。

福島では初めてのご紹介となるシャツの展示会。
いかがでしたでしょうか?
期間中御来店下さった皆様、本当にありがとうございます。
また朗読会にご参加下さった方々もありがとうございました。
岡安さん、いのこしさんも本当にありがとうございました。

「心地よい」と言葉では簡単に表現されることですが
それも実は曖昧なことで肌触りであったり、そで丈や着丈、素材感。
ジャストサイズなのかゆったりサイズがお好みなのか
シャツひとつとっても本当にみなさん人それぞれなんだなぁということを
知ることができて大変勉強になりました。

それはある意味、香りや音、味わいなどとも一緒で
完全に一致とはいかなくても、重なり合う部分が
少しでも多く共感できたらいいのかなとも思った
今回の展示会でした。

設営から4日間三春に滞在してくださった代表のカモさんが
「急がなくても少しずつでいいんですよ。」と
お客様にやさしい笑顔でお声をかけていたのがとても印象的でした。
今年だけの、今季だけのデザインや素材だけではなく、
気に入って着続けて、また同じものを新しくもう1枚、
もしくは次はもう少し違うデザインのものを。。。と思ったときに
安心して購入できる場所があるというのは本当に心強いです。
今すぐではなくてもタイミングがやってきたときに
あのシャツを。。。
そんな「いつか欲しいもの」があるのもいいなと思うのです。
なんか頑張ろうって思えるような気がして。

今日も笑顔でいよう!
AIR ROOM PRODUCTSのシャツは、
着ると不思議とそう思えるシャツです。
カモさん滞在後もお忙しい中、
細やかな日々メールのやり取り
ありがとうございました。
展示会はまた季節を変えて開催できたらと思っています。



昨日は朗読家・岡安圭子さんの朗読会の日。
前日にはThymeのいのこしさんがオリジナルの
ブレンドアロマオイル「おひさまの香り」と
ハーブティー「大地のお茶」をお店に届けて下さった。
前日から店内はその香りに包まれて
ふんわりと体がリラックスする上に元気を与えてくれました。


お茶も前日に、岡安さんと東京から
参加してくださったNさんと一緒に
試飲と称して味わうと、
その後、体がポカポカと温まっていきました。


そして昨日。朗読会当日。
朗読の題材は「ものづきあい」(アノニマ・スタジオ)
気づけば出版されてから10年も経っていました。
この10年の間にはいろんなことがありすぎて
(お店もまだ始めていない頃でした)
岡安さんの静かに澄み切った水面のような声で
朗読されている文章を聞いていると、
どこか別の人のことのような、
でも自分の一部でもあるような
とても不思議な気持ちになりました。


東京・駒形の移転直前にも岡安さんには朗読会を
行って頂いてそのときには永井宏さんの「モンフィーユ」を。
はじまりとおわり。そしてまた。。。と
今月末で丸10年という節目にこのような時間が作れたことは
企画した私自身にとってもまたスタートラインに立つような
機会となり、とても感慨深いものとなりました。

参加してくださった皆さまはいかがでしたでしょうか?
朗読会を体験するのがはじめてという方が多かったですが
お帰りになる際の笑顔の皆さんをお見送りできて嬉しかったです。
中には東京や埼玉からいらして下さった方も。
本当にありがとうございました。

シャツの襟を正してシャキッとするように
初心に戻ってまたひとつひとつを積み重ねていこうと思います。

AIR ROOM PRODUCTSのシャツの展示会も
明日が最終日。
外は冬の入り口のような寒さとなりましたが
店内あたたかくして皆様のご来店をお待ちしております。
岡安圭子さんの朗読会が明日行われます。

10:30〜でお昼頃には終了しますが
そのためお店の営業は12:30頃〜となります。
何卒ご了承ください。

ほぼ全アイテムがサイズも揃っておりますので
その日のうちにお持ち帰り頂けます。
すぐには決められないという方へは
絵型のカタログもお渡ししておりますので
どうぞお気軽にご来店ください。

今回の展示テーマ「心地よく、心地よく」
シャツやパーカーなどの肌触りや着心地同様に
何か他にも心地よく感じられるもの。。。と
考えて企画したのが15日に行う
朗読家・岡安圭子さんの朗読会。

朗読会のためにご近所Thymeさんにご協力を頂いて
オリジナルの香り『おひさまの香り』と
ハーブティー『大地のお茶』をつくって頂きました。
準備も整ったとのことで今日は閉店後に
ハーブティーを入れておくための広口瓶を持ってThymeさんへ。
見た目も秋の紅葉のようにきれいな色合いなので
ガラスのビンが良いかなと。



朗読会のときにお出しするハーブティーですが
朗読会が終わってからも17日までの会期中は
ドリンクメニューに加えたいと思っておりますので
ぜひ味わって頂けたらと思います。

通常、木曜日は定休日なのですが今日は営業しました。
展示も後半に入りましたが追加の荷物が届き、
一部の商品を除いてはサイズも種類も揃っております。

夜になって雨も降り始め、明日からはまた気温も下がりそうですので
みなさま体調にはくれぐれもお気をつけてお出かけください。

AIR ROOM PRODUCTSの展示期間中ですが
明日10/11(水)のみお休みを頂きます。

通常ですと木曜日も定休日ですが
今週12日は営業しておりますので
どうぞこの機会にぜひ。

サイズ欠けしておりましたヤクウールミックスの
前開きパーカーも追加で入荷しております。
(写真はプルオーバータイプ。このほかに
フードなしのプルオーバーも)

とにかくふんわりと柔らかくてあたたかい。
ニットのように毛玉の心配もなく
お洗濯も気軽にできます。
(手洗い洗濯表示となっておりますが洗濯ネットに入れて
手洗いコースならば洗濯機も使えます)



ソックスのお問い合わせもありましたので
リネンウールのソックスが追加で入荷しております。

展示は17日(火)まで。

15日に開催する岡安圭子さんの朗読会にまだ若干のお席がございます。
(内容の詳細は「お知らせ」のページにて)
直前でのお申し込みも大歓迎ですので
どうぞお気軽にお申し込みください。
お待ちしております。


今日から17日(火)まで AIR ROOM PRODUCTSの
展示会を行います。

ここ数日カクンと気温が下がったこともあり、
ヤクウールミックスのアイテムのあたたかさが
ちょうどしっくりとくる初日を迎えました。

ご来店くださった皆様はご試着しながら
ゆっくりじっくり吟味して下さって。
着ている様子を見せていただくと、
こちらもサイズ感やシルエットの様子が
わかってとても勉強になります。

中には着ているひとが嬉しいこんな部分も。
↓ 赤ミミを使ったシャツも


ちょうどもりかげ商店さんのおやつも
入荷して、店内ではコーヒーや紅茶も
ドリンクメニューでご用意しておりますので
ひと休みしながらお買い物を楽しんで頂けたらと思います。
明日のお昼頃には追加の商品も入荷予定です。
在庫があるものに関してはお持ち帰り頂けますので
この連休中にすぐに着てお出かけ♪なんてこともできますよ。


AIR ROOM PRODUCTSの展示会
「心地よく、心地よく」が始まります。
今日は朝からお店に向かい、常設の状態を撤収しつつ
(いつも通り一部の常設の商品もご覧いただけます)
店内にはずらりとシャツが並び、また普段とは
違った印象の店内となりました。

ハンギングの状態で見るシャツと、
試着をした印象ではデザインはもちろん、
サイズ感もシャツによって違うので
それもまた楽しかったりします。
ぜひゆっくりご覧いただけたら嬉しいです。

たくさんあるアイテムの中から本日は
パリッとした生地の質感とデザインが
ユニフォームを連想させるシャツをご紹介。



前身頃が少し短くなっていて、横から見ると
ふんわりとすそ広がりになっています。
合わせるボトムスでもまたいろいろと違う着こなしが
できそうなシャツ。ジャケットのように羽織っても。
色違いで紺色もありますよ。

今日は午後からカモさんもいらっしゃって
一緒に設営。シャツそれぞれのディティールの説明も
して頂きました。
細かな部分への気配りが感じられるシャツや
ヤクウールミックスのパーカーやプルオーバー。
カシミアのストールもご覧いただけます。

AIR ROOM PRODUCTSのカモさんから
展示会ラインナップの画像が届きました。
その中からまずはDMの写真のアイテムを。

襟元のリボンをキュッと引っ張るとギャザーが寄ります。
もちろん結ばずに開襟にして着ても素敵です。


ヤクウールのパーカーは軽くてふんわりと柔らかく、
カシミアニットのようなあたたかさ。
カジュアルアイテムこそ上質素材を。と思わせてくれる1着。


そしてシンプルなボタンダウンのシャツですが
襟の小ささがポイント。肌触りの良いスーピマコットン。



そもそもこのシャツの存在を私が知ったのは
友人知人が着ているシャツを見て
「そのシャツはどこの?誰が作っているシャツ?」
と聞いたことがきっかけ。。。だったかな?
カモさん(代表)にお会いした方が先だったかしら?
もうどちらが先だったかわからなくなってますが
シンプルな白のシャツを見て「あ、いいな」って思えるのって
素材や細かなデティールの良さが着ている人によって
さらに魅力が増すというのか、シャツが前面に出すぎず
その人らしさを引き立ててくれるくれるというのか。
他の服や靴とのコーディネイト次第で
着こなしの幅も広がっていくのもいいところ。
きっとお似合いの1枚が見つかるはずですよ。
毎日の「心地よさ」を教えてくれると思います。

男性用サイズもご用意しておりますので
ご来店お待ちしております。
展示期間中、10/6(金)〜10/8(日)の3日間は
AIR ROOM PRODUCTSの代表・カモクニマサさんが
在廊して下さいますのでこの機会にぜひ。


*小さなスペースですがご試着スペースもご用意しております。
*各種クレジットカードのご使用もできますのでどうぞご利用ください。



秋晴れも小休止。
真っ白な曇り空の1日で日が暮れてからは
小雨がパラついてきました。

閉店作業をしていると、扉を「コンコン」と叩く音。
覗いてみるとThymeのいのこしさん。
朗読会で用意する店内の香りのサンプルを持ってきてくれたのです。
アロマオイルはブレンドした場合、数日置いた方が
お互いの香りがすんなりと馴染むのだそう。
言われてみると、今はそれぞれの香り(5種類)が
分解してわかるような気がするけどこれがもっと
まろやかになるのかと思うと楽しみ。

こうしてパソコンに向かっている間、近くに置くと
ほのかにさりげなく漂ってくる。
あぁホッとするようないい匂い。
ブレンド名には「おひさまの香り」と名づけられている。
山の木々や町中の木々も
少しづつ色づいてきました。


写真は歴史民俗資料館の入口にある大銀杏。
私は勝手に「サイトヲさん」と名付けています。
(友人に似ているので)

6日〜はいよいよAIR ROOM PRODUCTSの
シャツの展示会が始まります。

ちょうど三春大元神社の秋の例大祭の始まりと一緒。
ここ数日、in-kyoがある中町では夜になると
太鼓の練習の音が聞こえてきます。
どうもこの太鼓の音が聞こえるとソワソワしてくるのは
子供の頃からで、考えてみたらお祭りに所縁のある
土地に住むことが今までも多かったんだなぁと思います。

展示会もお祭りも楽しみでなりません。
遠方からご来店予定のお客様はタイミングが良ければ
素晴らしい紅葉も見ることができるかも?