山田稔明さん×高橋徹也さんのライヴ「音楽と音楽」を開催。
はるばる遠方からいらしたお二人のファンの方も多く、
in-kyoの空間があたたかか空気で満たされて
とても濃いシアワセな時間となりました。
ご来場下さった皆さま本当にありがとうございました。

昨年に引き続きライヴを行って下さった山田さん、
そして山田さんのお誘いで今回ゲストとして
初福島でにライヴとなった高橋さんには心から感謝しています。
奇しくも音楽キャリア20年の山田さんはソロ活動を始めて
今年で10年の節目だそうで、in-kyoも同じく10年。
そんな偶然もとても嬉しい記念となる1日でした。

移転後の三春でお店を始めて1年半。
ライブやイベント、展示の開催は
まだまだ手探り状態ではあるのですが、
こうして人が集まって、皆さんが楽しそうに過ごしている
様子を見ると不安な気持ちはどこかへ行って、
胸がじ〜んとしていました。
ここで私ができることは小さなことかもしれないけれど、
誰かが喜んでくれることを少しずつでも増やしていけたら。
そんな思いで地道に日々を重ねていこう。
昨日、今日はライヴの余韻に浸りながらずっとそんなことを
考えておりました。


明後日の定休日には漆の宮下さんが東京からいらして
展示の設営に入ります。
今年のDM写真も宮下家の子供たちがモデルで登場。
撮影は大沼ショージさん。デザインは渡邊朋子さん。
普段の宮下家の食卓は漆の器を子供達も普通に使ってます。
むしろほぼお父さんやお母さんが作った漆の器。
おねぇちゃんのさなえちゃんは「これ」と自分で
使う器を選んだりすることも。

使うことが毎日楽しみになる漆の器です。
ライブ同様、ご覧いただいた方がシアワセな気持ちに
なるような器が並びますのでぜひこの機会にお越し下さい。
只今、in-kyoでは写真家・大沼ショージさんの
写真展を28日まで行っています。
そしてショージさんは今月、なぜか福島づいていて
23日から福島市に新しくできた「OOMACHI GALLERY 」と
そのお隣、「食堂ヒトト」にて
写真展「火と。水と。土と。」が始まりました(12/2まで)

琵琶湖のほとり、北之庄、火と水と土の近く。
その土地を耕すと決めた一人の若いお百姓、
廣部里美さんの眼差しの一年を追った写真。

細かな説明はここでは野暮になるだけですので
ぜひとも足を運んでご覧下さいませ。
写真を見て、ただ見つめて感じるだけの時間はとてもいいものです。

先々週、山口さんの展示の設営に。
先週はとある雑誌の取材で我が家へ。
そして今週はまた福島市での展示で今月は3度の来福。
ショージさん、我が家へ合宿?帰省していて?まるで家族。

明日には同じくもう一人の家族、写真家・萬田康文さんが
福島にやって来てショージさんともに
食堂ヒトトにて「カワウソ酒場」なるイベントを行います。
(食堂ヒトトにて予約不要*18:00-22:00)
萬田氏もつい昨日まで東京にて写真展を終えたばかり。
写真事務所・カワウソのお二人とも写真づくしの11月のようです。

in-kyoも萬田氏にはAIR ROOM PRODUCTSのDM撮影を、
そのデザインは奥さまの朋子さんにお願いしているのです。
来年の春には萬田氏の写真展をin-kyoで開催しますので
まだ少し先になりますがこちらもどうぞお楽しみに。
尊敬している自慢の家族(擬似ですけど。笑)たちです。



今朝、チラチラと粉雪が静かに舞いました。
ちょうど小学生の登校時間。
私は夫くんの出勤時間に合わせて
お店に送ってもらったのでかなり早めの出勤時間。
でもそのおかげでたぶん三春ではこの冬
初めての雪を見ることができました。

どこか心躍るというか。。。
豪雪地帯じゃないからそんなことも
言っていられるのでしょうが、
冬は冬でなんとも美しいなぁと思う瞬間です。

明日、明後日は定休日。
今週、日曜日(26日)は山田稔明さんと高橋徹也さんのライヴです。
あとわずかですがお席をご用意できますので
ご興味のある方は山田稔侍さんのオフィシャルHPから
お申し込みください→*
先週の14日に山口和宏さんの展示が終了致しました。

期間中はたくさんのお客様が、そして2度3度と
足を運んでくださる方が多く、本当に感謝しております。
ありがとうございました。
その後、器を手にされた方はもう使い始めていらっしゃいますか?
「柿を乗せてまだしばらく飾っています」
そんなお声もチラホラと頂いています。
私も購入したばかりの器はそうやってしばらく
あれこれどう使うかをイメージしながら
視界に入る場所に置いておくことが多いのですが
どうぞどんどん使ってみてください。

使ってみて心配だったり、あれれ!シミが。。。
なんて気になることがあったら遠慮なくご相談ください。
もし万が一油のシミなどが使い始めについて気になったとしても
日頃の洗って、拭いて、使ってを繰り返していくことで
馴染んでいき目立たなくなっていきますので。

展示期間中、三春の町はちょうど紅葉の一番の見頃でしたが
その時期も過ぎて、冬へと景色がまた少し移ろっていくのを
感じながら日々を過ごしています。
昨日は結局降りませんでしたが雪マークの天気予報も。
雪!という言葉にどうも犬のように内心ワクワクしてしまう
私とは対照的に、運転のことなどを考えて
どんよりとした気分になっている夫くん。ごめん。


店内はあたたかくして美味しいコーヒーや紅茶を
ご用意しておりますのでお気軽にお立ち寄りください。
寒い日はホットのりんごジュースもオススメですよ。



大沼ショージさんの写真も後半の写真に入れ替えて
イチヂクやメロン、イチジクが写っているというのに
なぜか冬にピッタリな写真の色合いとなっております。
28日までの展示となっておりますのでぜひご覧ください。





今月3日から開催しております山口和宏さんの展示も
明日、14日までとなりました。

会期終了後もかたちとサイズを絞って
継続販売致します。
また、大沼ショージさんの写真展は28日まで開催。
カレンダーも継続して展示&販売しておりますので
ぜひご覧ください。


明日まで山口さんの私物をお借りして
使い込まれたカッティングボードや器も
ご覧いただけます。(わたくしの私物もご用意しております)
使い込んだ様子を見て「こんなに表情が変わっていくんですね」
「これだけ使い続けることができるんですね」など
安心して木の器を手に取ってくださる方が多く、
本当に嬉しい限りです。

お買い上げの方、またお買い上げをご検討されている方も
何かご不明な点などございましたらいつでもご相談ください。
絵本の「三びきのくま」

何度読んだことでしょう。
物語の中に出てくるスープが入った器とスプーンは確か木でできていました。

子供の頃から(ずいぶんと大人になるまでもか、)
木の器というとあの「三びきのくま」の家で
くまの家族が食事をしている場面が頭に浮かびます。
素朴であたたかくてホッとするような。

それぞれの暮らしに沿った姿に味わいが増す木の器。
毎日見ていても飽きません。


本日まで三春のまちなかでは「三春街かど写真展」という
展示が行われていました。
in-kyoもその会場の一つにもなっていたわけですが、
カメラを首から下げたおじさま方がゾロゾロと
いらしたり、町なかを散策しながら写真に見入る様子は
なんだかとっても微笑ましいというか、
つくづくいい町だなぁと思った日曜の午後でした。





dans la nature千葉奈津絵さんのケーキを
イートインでお出ししております。

今日はお二人でいらした方が
それぞれ1種類ずつをオーダーしてシェア
される方が多くいらっしゃいました。
明日(日曜日)も少量ですがご用意しておりますので
季節の美味しさをぜひ。
山口さんの木の器との相性もぴったりです。





展示も火曜日までとなりました。
ぜひこの機会にお越し下さいませ。
山口さんの展示も後半に入りました。
作品はまだまだたくさんご覧いただけますので
(個展が終わってからも引き続きお取り扱いはしますが
これだけの作品数が見られるのは個展期間ならではです)

ぜひこの機会にお越しください。

今日からまちなか4箇所の会場で始まった三春街かど写真展。
日頃はin-kyoにいらっしゃることはないであろう
写真好きのおじさま方が会場のひとつにもなっている
in-kyoに足を運んで下さって、お話もさせて頂いて
ありがたいひとときでした。
絵画のようにも見えるショージさんの写真に
驚かれる方も多いです。

木の器がある暮らし。
写真を飾る暮らし。

決して特別なことではなく、日常の中にも
そんな風景をイメージしてご覧頂けたら嬉しいです。
木曜日が定休日ということが定着したのか
今日はご近所の方々が立ち寄って下さる他は
ゆるりとした1日となりました。


三春の山々の紅葉はそろそろピークを
過ぎたところも多く、それでも美しい自然の色の重なりに
目を奪われている毎日です。


お休み明け、店内に入ると木々の香りに包まれて
なんとも気持ちのよい朝。


壁に飾られた大沼ショージさんの写真とカレンダーも
やはり何度見ても見飽きないどころか
目が離せないほどに引き込まれてしまいます。
来週、17日〜は写真6枚を入れ替えて展示。
前半にいらした方もまた是非足を運んでご覧いただけたらと思います。
(写真はビンテージ印画紙にオリジナルプリント8×10
ウォールナット材の額付きで販売しております。
またカレンダーは税別¥2500にて販売。
専用の額を受注注文で承っております。)

明日、10日〜12日は三春街かど写真展が開催されます。
ご近所、いとうカメラさん、まほらホール、みはる壱番館裏手の土塀、
そしてin-kyoも大沼ショージさんの写真展で参加しております。
街歩きをしながら各箇所での写真を是非楽しんで下さい。
ブログをなかなか更新できずにおりましたが。。。


3日から始まった木工作家・山口和宏さんの個展
「日々の、木の器」
そして今回のDMの写真を撮影してくれた大沼ショージさんの
写真展「木の器」を只今開催しております。
(山口さんの展示は14日まで。ショージさんの展示は
作品を入れ替えて28日まで開催いたします)


3、4日には山口さんも福岡県の吉井町からはるばる三春へ
いらして在廊して下さいました。
この2日間では実際に山口さんの器を使って
GET WELL SOONさんのパンの試食をして頂きながら
普段の扱い方やお手入れの仕方などを
山口さんに直接教えて頂きました。

試食のパンには木のプレートにオリーブオイルを
たっぷり入れた人参のペーストやジャガイモとクリームチーズの
ペーストを乗せたものを添えたのですが、
お客様からは「油染みはできないんですか??」という
質問に、
「大丈夫なんですよ。僕の家ではコロッケや唐揚げなどにもよく使います」
という山口さんの答えにビックリされている方も多く、
実際に使っているところをご覧いただいた甲斐がありました。

気に入って選んだ器を安心してお使いいただくために
伝え手(お店側)ができること。
私もまだまだ勉強をしなければならないことがたくさんありますが
こうした機会を少しでも多く増やせたらと思っております。

今日は定休日でお休みを頂きましたが
明日は展示期間につき営業致します。
週末の土、日曜日にはdans la natureさんのケーキを
イートインでご用意致しますので(なるべく山口さんの
器でお出しできたらと思っております)
ゆっくりと無垢の木の手触りや山口さんの器の
ホッとするような安心感を手に取って感じて頂けたら嬉しいです。