ずいぶんと日記をサボっておりました。。。
この冬は風邪もインフルエンザにも(今のところ)かからず
すこぶる健康!のはずなのにこの寒さ続きの冬は
冬眠体質というのか、動きも気持ちも緩慢だったなと振り返るこの頃。

24、25日の出張先は宮城県の鳴子温泉。
そこで「さとのわ」を主宰する
鈴木美樹さんの企画「書いて、読んで、聞く湯治」へ
昨年に引き続きナビゲーターとして岡安圭子さんとともに
参加してまいりました。
このワークショップでの私の役目としては「書く」ことで自分の内を引き出し、
そのことで何かに気づいたり、ホッとしたり、
頭の中が整理されたりといったことのきっかけづくりをするナビゲーター。
決して文章の書き方を教えるわけではございません(笑)

誰かに発表するためのものでもなく、あくまでも自分のための文章。
だからイメージとしてはもうひとりの自分に向けて
説明?相談?するつもりで文章を(文章にならなくても言葉の羅列でも)書いてみる。
そこにたまたま居合わせた人たちとその文章を共有してみる。
(嫌な部分は読まなくても良いし)
時には岡安さんが朗読してくれることも。(今回は各自が読んだのだけれど)
するといったん自分の外に出したものが冷静に、客観的に見えることも。
居合わせた人たちが家族や親しい友人ではない分、素直に聞き入れることができたりなどなど。
思いもかけない親密感が生まれたり、効用があったり、本当に不思議で濃い時間なのです。

そして入り口が埋もれるくらいに積もった真っ白な雪に囲まれる中、
囲炉裏の火を囲んで聞く岡安さんが朗読する宮沢賢治の「雪渡り」
耳を傾けながら現実と夢の世界との境が曖昧になっていく心地よさ。
2月のこの時期のことをこの辺りの地域で「雪渡り」と呼ぶのだそう。
まさに賢治の世界にとっぷりと浸っておりました。


合間には「さとのわの」美味しい昼食と、
おやつにはりえさんが作ったラフランスの美味しい美味しいパイを
コーヒーに合わせて用意して下さって。


お宿は「みやま」のいつまでも入っていたくなるやさしい温泉に浸かりながら
夕飯もこれまた地のものならではの豊かな料理。
「同じ釜の飯を」じゃないけれど、参加者の皆さんとのそうした時間まるごとが湯治なのだなと。
ひとことで言えば「書くセラピー」のような?
岡安さんは「読む、聞くセラピスト」かなと。

自分をほぐしたり、緩めたりするための方法や場所を
いくつか持っていると、これから先の未来もちょっとたくましく(頑張りすぎずに)
そしてしなやかに生きていけるんじゃないかなという気が今回しました。
それもこれも場の力。その場を何年もコツコツと積み上げてきた鈴木美樹さんの力だなとしみじみ。


いい場所ですよ。鳴子。そしてさとのわの活動。機会がありましたらぜひ。


今日は旧暦の元旦。そして新月。

友人の中には立春や今日に合わせて
年賀状を送ってくれる人たちがいる。
季節の感覚はなんとなく旧暦の方がしっくりと感じるこの頃。

世の中はクリスマス同様、バレンタインも年中行事に
組み込まれているのでしょうか。
in-kyoの店頭も我が家も私がその準備を全くしていないことに気づいたのは
2/14当日。「あっ」という感じでその日は過ぎていき。。。

昨日になって冷蔵庫に買ったまま使っていなかったカカオニブ、
そして金柑のシロップ煮があることを思い出して
お手軽ケーキを焼いてみることに。
あとは小麦粉、ベーキングパウダー、卵、豆乳、メープルシロップ。
バターの代わりに米油。
バレンタインの。。。というには見た目は今ひとつだけど
美味しいおやつの出来上がり。バレンタインにかこつけたおやつ。笑
家で、しかも自分たちで食べるおやつなら十分かな。

チョコレートを溶かして型に流して。。。などと
ドキドキしながら手作りチョコを用意していたのははるか彼方のその昔。
義理チョコもナシ。
女子度というものは確実に低くなっているけど、今の方がいいなと自分では思ってます。





まだまだ寒い日は続いておりますが、
3月に行うuzuraさんのワークショップに引き続き、
4/1に行うtico moonのライヴのお知らせを
「お知らせ」ページにUPしました。

実はuzuraのお二人もtico moonのお二人も
出会いのきっかけは「もみじ市」でした。
私もイベントに参加して出店することなどほとんどしたことがなく、
in-kyoもまだスタートしていない頃。
かれこれ10年以上前のことになります。
「もみじ市」自体も開催が初めてでみんなが手探り状態でドキドキしながら
(きっと今もだと思います)新鮮な思いで人が集う「場」を作っていたように思います。
その頃からのおつきあいになるので気付けばずいぶんと
時は流れているんだなぁ。としみじみ。
東京にいる頃もそんなに頻繁には会えずにおりましたが
会えばいつも変わらず、そして今でもはじめてお会いした時のことが
鮮明に思い出されてなんだかいつもホッとさせてもらっているのです。


tico moonの音楽はそんな「ホッ」と、柔らかな空気に包まれるような
心地よい音楽です。CDももちろんですがぜひともライヴでこの素晴らしさを
体感して頂けたら嬉しいです。
「お知らせ」ページではyou tubeへのリンクも張っていますので
聴いたことがないという方はまずはこちらで。
in-kyoの店頭でも「Beautiful Days 」のアルバムを販売しております!


アルバムのイラストは
イラストレーターの松尾ミユキさん
昨夜はまた日が暮れてから雪が降り始めて
あっという間に地面を白く覆い尽くしました。
今朝もさぞかし。。。と外を見ると雪は既に止んで快晴の空。

もちろん寒いのだけれど、立春を迎えて陽射しにはどこか
春の気配を含んだようなキラキラした輝きを感じます。

粉雪に包まれた木々は相変わらず美しく、
そんな姿を見れるのは朝のほんの数時間。
白・ブルー・朝焼けの薄紅色のなんともいえない
朝の色合いは夕暮れ時ともまた違う。

今朝はいつもより早く家を出て夫君と寄り道。
高台から見下ろす新鮮な景色。
まだ枯れ木にしか見えないしだれ桜もあと数ヶ月もすれば
満開の花を咲かせるのかと思うと不思議な気持ちになる。
土の中で、そして幹の内側で着実に少しずつ少しずつ準備をしているんですねぇ。

3/21に行うオーダーメイドシューズの手作り靴屋「uzura」さんの
ワークショップの告知&募集が始まりました。

店頭にはuzuraさんが作ってくださったサンプルが届いておりまして
それが本当にかわいらしいのです。
見ているだけでなんだかニンマリとしてしまいます。

色の説明がわかりづらかったと思います。すみません
(お知らせページでは画像掲載がないため)

革の色は左から
白・ヌメ・キャメルです。



こちらは制作キット(片足分)
事前にuzuraさんが用意して下さいます。



例えばご夫婦、お友達、ご兄弟などお二人で片足ずつの
制作での参加ということも可能です。
その際はお申し込みの際にひとこと添えてください。