5月のマンスリー企画 萬田康文さんの写真展
「PHOTOGRAPHS PICTURES」
本日が最終日。

1ヶ月はあっという間です。
途中、展示替えもあったのでなおさらの事、早く感じられます。


写真展を見たときの感想ってむずかしいなぁと私自身思っています。
わからない。でもなんだか好きだなこの写真。
あれれ?好きも通り越して気持ちがいいなぁ。美しいなぁ。
あぁずっと見ていたいなぁと、
素人の私の感想なんてそんなもんです。大したこと言えない。

でもそこにはわからなくて不快なモヤモヤ感はなく、
わからないんだけどそのわからない余白のようなものがなんだか気持ちいい。
わかる日がいつか来るかもしれないけど、
わからないままそっととっておきたくなるような。
「余白」って何においても必要なものなんじゃないかなとこの頃考えてます。

人の目ではなく自分の目と感覚が「気持ちいい」と感じるものが、
全てではなくてもひとつふたつと身のまわりにあるといいなぁ。
そんなことを思ったのは写真展の影響かな。

萬田さんは普段は身近な媒体ですと雑誌「天然生活」の辰巳芳子先生の連載ページで
撮影を担当されていますのでぜひご覧になってみてください。


萬田康文さんの写真展も残すところ
あと5日。

後半に展示中のレースのカーテン越しのイタリアの青空の写真。
今日みたいな乾いた風が気持ち良い五月晴れの日は
白い壁に展示しているその写真を見ているとイタリアの空と
つながっているような気さえしてきます。
どうぞお見逃しなく。

さてお知らせページにはすでに詳細をupしておりますが
6月の展示はシキヤリエ・cnr by chahat「アンティークビーズのアクセサリー展」を
企画しております。


6/10(日)には沖縄在住のシキヤリエさんが
沖縄で集めた素材を使ってオリジナルのアクセサリーを作る
ワークショップを行います。
ワークショップのお菓子は「もりかげ商店」さんにお願いをして
レーズンサンドを冷やしてせっかくなので沖縄のさんぴん茶と
一緒にお出ししようかと思っています。
まだお席がございますのでお申し込みはお早めにご予約ください。

  
しばらく身につけていませんでしたが初夏のような陽気になると
引っ張り出すシキヤリエさんの作るビーズのアクセサリー。

ビーズながら子供っぽくならないのはやはりビーズひとつひとつが持つ
時間の積み重ねのおかげでしょうか。
一点一点表情が違うのでどんなものがやってくるかは
来月の展示をどうぞお楽しみに。




萬田康文さんの写真展。
展示写真をすべて入れ替え、後半の展示が18日から始まりました。
またガラリと雰囲気が変わり、
こちらのイメージも広がります。

オフセット印刷とタイプCプリントの違いとか。
そうしたものはまず脇に置いておいて
写真そのもので感じ取れるものを
素直に見れたらと思います。

写真一枚で部屋の雰囲気が変ること。
でも不思議としっくり馴染むようすを
in-kyoの店内で楽しんで頂けたら嬉しいです。

*写真は販売もしております。

AIR ROOM PRODUCTSの展示会は
今回は会期が短く5日間。
残すところ今日、明日の2日間となりました。

土曜日には代表のカモさんが終日在廊してくださったのですが
なんとこの日は運動会というところが多く、
午前中はシーンと静か。
夕方頃に運動会を終えた近所の小学生たちの
姿を見かけましたがみんな楽しそうでした。
それだけでもなんとも微笑ましいです。

そして昨日。
日曜日にお出かけできなかった方も多かったためか
天候も不安定でしたがたくさんの方にご来店頂きました。
シャツ選びの間にお茶をしてくださったり、萬田さんの写真も
ゆっくり見てくださったり。
小さな店内で過ごす時間を楽しんで下さって
本当にありがたいです。
お待たせしてしまったりなんだりと行き届かないことも
多くあったかと思います。申し訳ございませんでした。
ご来店の皆さま、心より感謝申し上げます。

カモさんも午前中までは在廊してくださったのですが、
東京へ帰るその足で銀座松屋さんで開催中の「銀座、暮らしの商店街」へ。
(こちらにもAIR ROOM PRODUCTSさんが出展されているので東京近郊の方はぜひ)
どこでもドアがあったらどんなに良いか。。。
さらには早速欠品していた商品の手配などもして下さって
つい先ほど荷物が届くという素早さ。
そしてカモさんの疲れも見せないいつも穏やかな人柄。すごいことです。
尊敬できる方々とこうして一緒にお仕事ができることが嬉しいです。

土日限定でご用意させていただいたdans la nature千葉奈津絵さんの
パウンドケーキ。(キャラメルバナナとパイナップルの2種)
私はいつもなっちゃんがこっそり入れてくれる切り落とす端っこで
堪能しましたが端っこでもとっても美味しい。
今は果物が出回る端境期の時期でそれでもこの時期らしいものをと
考えて下さった2種。添えたサワークリームがさらに爽やかでぴったりでした。
ケーキは2日間の限定でしたがクッキーなどのテイクアウト用のお菓子は
まだ少しあります。
店内でお飲み物と一緒に召し上がっていただいても構いませんので
この機会にぜひ。



本日よりAIR ROOM PRODUCTSの
「心地よく、心地よく」vol.2 が始まりました。

同じ白でもオフホワイトもあればピュアホワイトもあり、
そしてコットン、リネン、デザイン。。。
と、見ているだけでも楽しいのですが
これがまた試着して初めて気づくラインや
サイズ感の違い、襟の形ひとつとっても人によって
雰囲気が変わるからとっても興味深いです。

個人的には今回ブルーのチェックシャツが気になっているのですが
これも私にとっては非常に珍しいこと。
実はチェックは似合わないと思って20代の頃からずっと避けてきたのですが
案外違和感なく着れてしまうという不思議。
あれ?という感じです。


ご来店の皆様もぜひともあれこれご試着なさってみてください。
似合う着丈、白の色味などもデザインが変わると
違ってきますので。
3、4サイズは男性の方にも着用頂けるサイズです。

シャツ越しの写真もなんとも良い感じでなじんでいます。
ぜひ写真もごゆっくりご覧ください。



明日は久しぶりに朝から晴れ間がのぞきそうです。
農作物や草木には雨も必要ですが
こう気温まで下がってしまうと心配です。。。

明日からは少し気温も上がりそうなので
気持ちも上げていこうと思います。

さてさて。
萬田康文さんの写真展が始まって5日間が過ぎ、
目も空間にも写真がなじむようになってきましたが
ずっと見ていても見飽きることなく、
休日中の静かな店内で対峙していると
すーっと写真の世界へと引き込まれていくような
不思議な感覚になります。

インテリアの一部でもあるようで、
そうでもなくて、アート作品のようでいて
強い自己主張は感じられない気持ちよさ。
フレームにおさまった時の台紙の余白の部分に思いを寄せてみる。
見れば見るほどいろんな思考が頭をめぐり、
次第に透明になっていくようにその絡まった思考も解放されていく心地よさ。
感じ方は見る人によってそれぞれで。自由に。
ぜひとも多くの皆さんにご覧いただけたらと思います。

そして。
萬田康文さんが昨年に引き続きDMの撮影をしてくださった
「AIR ROOM PRODUCTS 」のシャツの展示会
「心地よく、心地よく」vol.2 が明日から始まります。


今回は初夏の季節に合わせて長袖のシャツでも素材はリネンの
新作のシャツや、インディゴ、ブルーのギンガムチェックのシャツ、
ふんわり肌触りの良い綿ニットのストールや新作半袖Tシャツも入荷しました。
半袖はシンプルな白と紺の無地ですが裾や袖口のパイピングや
一枚で着てもキリッと決まる生地の厚みなどさすがのこだわりが感じられるデザインです。
サイズも1〜ユニセックスサイズの3サイズまでありますので
お好みの着心地でサイズをお選び頂けます。

代表のカモさんも土曜日は終日在廊して下さいますのでどうぞお楽しみに。
そして!
dans la natureさんがいつものおやつに加えて
土日にはイートイン用のケーキもご用意して下さるとの朗報。
ぜひともこの機会にお越しください。

普段にこそ着ていて心地よさを感じるシャツを。
5月のマンスリー企画
萬田康文さんの写真展「PHOTOGRAPHS, PICTURES 」が
本日より始まりました。

in-kyoの白い壁に8点。
大きな作品が2点。
写真展と知らずに雑貨などを見にいらしたお客様も自然と
写真をご覧になって下さって嬉しいです。

言葉で表現するのはなかなか難しいのですが
見ていて気持ち良く、想像が広がるというか、
ずっと見ていたいなぁと思える作品たちです。
会期前半15日までと
会期後半18日〜29日までの期間は展示替えをします。

また11日〜15日の5日間はAIR ROOM PRODUCTSの
シャツの展示会「心地よく、心地よく」vol.2も開催致します。

ずらりと並ぶシャツの向こうにある写真の見え方も
またきっと違う印象になるでしょう。

天候、時間、自分の気持ち、見る場所によっても
いろんな見え方のする面白さを自由に楽しんでいただけたらと思います。

写真は販売もしております。
価格等は店頭にてお尋ね下さい。

期間中、ぜひ何度となく足をお運びください。
通常通り水・木は定休日を頂いておりますのでご注意ください。