今夜はY夫妻と下北沢の「七草」にて静かに食事。
店主のリカさんが丁寧に調理してくれた季節の食材を
大事に味わうのと同じように、
なんだかあたたかくって心地良くっていい時間だった。
自分自身も自覚がなかったけれど、たぶん今ちょこっと
弱っているのかもしれない。

普段は流れの早い川であっぷあっぷしながら
クロールでガシガシ泳ぐことがあたり前になっていたとしても、
たまには何もせず、ローズ色のゼリーでできたプールで
ラッコみたいにぷか~んと浮かびたいときだってあるのだ。
情けないほどに甘ったれているとは思うけれど、
そんなことをさらけ出す場所がどこにもないというのは
ちょびっと苦しい。
何をどうしたわけでもないけれど、
なんだか今日はちこっとそんな弱さがドロッと出てしまった。

で、ドロッと出してしまったし、
Y夫妻と美味しい食事を頂いていたら
むくっと立ち上がる元気が出てきたような。
ま、結局は単純にできているということです。

木の芽時期というのはいつもこうだったりするのかも。