経堂にあるロバロバカフェのいのまたさんが
山口へ移住する。

いのまたさんとはかれこれ10年ほど前、
とあるワークショップで出会った以来のつきあいになる。
ほんの3日ほど前、同じくそこで出会ったK君から電話があって、
久しぶりにみんなで会おうということになった。

急な話だったので集まったのは5人だったけど、
お互い本当に久しぶりで、この10年の間に起きた出来事と思いが
タイムカプセルを掘り起こしたときのように沸き出てきた。
ただの缶ジュースだったはずのものが、プルタブをプシッと開けたら
濃縮還元ジュースになっていて、
さらに熟成されてしまったかのように。

単純に「泣ける」というのともまた違う。

いろんなところをぐるりと一巡して、
ようやくまたスタート地点に立てたとでもういうのか・・・。

あのときあそこにいなければ、そしてみんなに会っていなければ
たぶん今の自分は無いと思う。(あれ?小田和正の歌詞みたい・笑)
まったく違う人生を歩んでいたと思う。
うーん。「思う」じゃなくて確実にそう。
タイムリーな話題でいえば、村上春樹の小説のような。

忘れかけていたことが自分の感情を無視して
ずるずるずるずる引きずり出されたようだった。
でも今だからこそ、そこにいったん戻らなければ
いけない時期なのかもしれないな。
そうして本当の意味でやっと次に進めるのかも。

山口は一見遠いようだけれど、いのまたさんとは
またいつでも会えると根拠もなく思っている。
すごくすごく彼女らしい選択だという気がするから
何の心配もしていないし、さみしいとも思わず、
ただただ勝手にエールを送りたい。