お店の仕事が早く終わったので
歯医者さんに予約の電話を入れて今日も。

つめたところが取れてしまった・・・
しかもそれをどうやら飲みこんでしまった???
と思っていたところが実は虫歯だったことが発覚。
あやうく神経ギリギリのところまで到達しそうだったとのこと。
どこまで鈍感なのやら。

そんなわけで数十年ぶりの麻酔。
びりびりしてアヒルの口のように腫れあがる気分。
「そういえばこうだった、こうだった」と
口をゆすぐのが上手くできずにやりながら思い出した。

ぽっかりと空いた穴を鏡で見せられ、そこをきれいにつめてもらって・・・

他にもいろいろ治さなければならないところが。
しばらく歯医者さんへは通わなければならない様子。むぅ。

歯医者さんやお医者さんのおもしろエッセイと言えば原田宗典さん。
ゲラゲラ笑いながら読んでいたけど人ごとじゃないな。