東京マラソンの日。
私は編み物教室へ。

いつもの江戸通りはマラソンのコースにもなっているので
国際通りとともに車は通行止め。
カラフルなウェアに身を包んだランナーが駆け抜けるのを尻目に
反対方向へ走る私。教室へ遅刻して到着。
いつものように和やかにおしゃべりをしながら手を動かす。
気になっていた増やし目のやり方がわかったのが今日の収穫。

教室を終えるとちょうどお昼時で無性にお蕎麦が食べたくなったので、
マラソンで賑わっていると知っていながら浅草方面へと足が向く。
教室から比較的近い蕎麦上人はお休み。
案の定、藪蕎麦は行列。 ならば!と、浅草まで出て尾張屋へ。
日曜日・お昼・お蕎麦の連想ゲームの最後はなんとなく熱燗♪の気分になって
ひとりだけどつい・・・。
表はマラソンの余波で賑わっていて、なんだかお正月のよう。

ひとりでちみちみと(ちびちびじゃなく)味わっていると、
お蕎麦屋さんのお昼時。お席の回転が良く、
入れ替わったお隣の席にはご年配のご夫婦が。

が、ご夫婦かと思いきやどうもそうではない様子。
聞き耳を立てていたわけではないけれど、
会話の様子からどうもデートのような雰囲気。
それがなんとも初々しく微笑ましかった。

お互い敬語でポツリポツリと。
もしご夫婦だとしたらそこだけ時代がワープしたかのような
本当に素敵なお二人でした。