8月に突入。
祭りも終わり、花火も終わったけれど、
朝、窓を開けると近所の公園の方からは
セミがミィィンミィィンと鳴く声が聞こえる。
まだまだ夏は終わりませんよーと言わんばかりに。
真っ青な空を見上げれば絵に描いたような入道雲。

夏だなぁ。夏らしい夏。

昨年の夏の記憶がすっ飛んでいる。
福島のあんざい果樹園の桃をあんざいお父さんに送ってもらって
泣きながら食べたことは覚えているんだけれど、
気温がどうとか、空がどうとかあまり思い出せない。



お店の開店前には、麦わら帽子をかぶってまず花壇に水やり。
箒で表を掃いたら、ぐるりと窓ガラスを雑巾で拭く。
それだけで全身汗だくになってしまうので着替えを持って行く毎日。
まだ海にも行っていないというのに腕が真っ黒になってきた。

毎日あっという間に日が暮れて、
あっという間に過ぎていく。
だけど濃い一日一日を味わっている気がする。
くたくたなんだけど、気持はくたびれていなくて
楽しんでしまっている。
ジリジリと肌を焦がす今年の日差しも、暑さも。