いよいよ明日からスターネット×エフスタイルの展示が
アノニマ・スタジオで行われます。

今日は朝から皆さんがいらっしゃって搬入&設置作業。
いつもの打ち合わせスペースにどんどん什器やモノが
運び込まれて、全く違う空間になっていく。
それはまるで益子や新潟のお店に自分が行っているような
不思議な感覚だ。

なんだろう?
このどうにも言葉に上手く表せないドキドキするような気持は!
つくづく「やっぱりモノが好きなんだなぁ」と思うこの感じ。
手に入れて自分のものにしたいというのとは
全く違う次元で、モノが持っている力のようなものを
全身で感じるというのかなぁ。。。

べったりとした愛情というのでもなくて、あくまでもドライなんだけど、
作り手やそれを扱う人に愛されているモノたちが集合して
大合唱しているような・・・
そう思うぐらい気持が高ぶって、in-kyoの作業をしながら
わけもわからずひとりで涙ぐみそうになってしまった。
気圧の変化のせいかしら?
こんなこと言ってると変な人みたいだけど
それぐらいモノが持つ「力」ってすごいのだと改めて思った。