子どもの頃はよく熱を出したりお腹を壊したり。
あまり体が丈夫ではなかった。

寝込むと食事は決まってお粥。
だからお粥はしばらく好きではなかった。はずなのだが。
勝手なもので美味しいと思えるお粥もあるんだなぁと
気づいたのはすっかり丈夫になった大人になってから。

この度の回復食もお粥。
出汁と梅干しも一緒に入れて炊いて。
お米の甘みが体に沁み渡る。

しばらく固形物を食べていなかったので
少しでもすぐにお腹がいっぱいに。
いつもが食べ過ぎだったんだなぁ。

父親が入院したというのに自分がこんなで情けない。