今日は4時起床。

そして5時代の電車に乗って国立へ行ってきました。
国立に行ったのは匙屋さんで行われた
青木隼人さんのライヴを聴きに。
ライヴはAM6:30スタート。

これならライヴを終わりまで聴いてもまだ余裕で
お店のオープンに間に合うし。
ってことでご近所カワウソチームと連れ立って
出かけたわけです。

ライヴが行われた匙屋さんは今週28日で今の場所での営業を終え、
岡山へ移住をすることを決められたのです。
頻繁に通うことはできなかったけれど、
とても好きな空間だったし、似た思いを持って
お店をやっていらしたんじゃないかと勝手に
親近感を抱いていたのです。

でも今日はお別れとか、寂しいというのとは違って、
一日が心地良い音楽で始まったのと同じように
なんとも静かで清々しささえ感じられるようでした。
岡山へ出かける口実がまた一つ増えたわけだ。
私は私で自分の暮らしとお店のこと、いろいろ頑張ろう。

先日のin-kyoで行われた山田稔明さんもそうだし、
今朝の青木さんも。ライヴはいいな。
町の音と風景が演奏と相まって、
その時間と空間でしか生まれない音楽を
その場にいる人たちと共有できて。

排除ではなく融合。

そんなひとときでした。
駅に向かってコツコツとアスファルトを叩くヒールの音。
いい音だったなぁ。

お店も通常通り12時にオープン。
さすがに夜は早々に電池切れ。
もう寝ます。