in-kyoは本日定休日

ですが、今日はたなかれいこさんの
食べると暮らしの「健康の基本」の
お話会の日。
本日ご参加下さった皆さま本当にありがとうございました。
狭い店内でお荷物の置き場にお困りの方も
多かったかと思います。
ご不便おかけしまして申し訳ございませんでした。


かれこれ10年ほど前に雑誌で目にした
たなかれいこさんの取材ページ。
そのページを読んでから、いつかお会いして
お話を伺ってみたいとずっと夢見ていて、
それはずっと夢のままかと思っていたというのに
思わぬことで今回実現する運びとなり・・・

たべもののことを中心に、からだのこと、くらしのこと。
今日のこの時間だけではまだまだ聞き足りないことが
山ほどあって、知れば知るほど興味深いことばかり。
日常的に使っている目の前の調味料と、
国策までもがつながっているという社会のしくみに驚かされたり。
知らないことがまだまだたくさんあるのだということが
あらためて知ることができて本当に濃い時間でした。


今は調べようと思えば、ネットなどで個人が情報を得る術が
多く溢れています。
でも情報におぼれるのではなく、
食べものや暮らしをどう選ぶかと同じように
情報も全部をそのまま鵜呑みにするのではなく、
自分で選び取ることも必要だなと。

たなかさんが今日何度かおっしゃっていた言葉で印象的だったのが
「自分の暮らしをデザインする」という言葉。
誰かが言っていたから。何かに書いてあったから。
それをそのまま基準にするのではなく、取り入れてみて
判断して基準をつくるのはやはり「自分」なんだと。
それは食べものに限ったことではなく、
その人の暮らし方、生き方につながるのだなと。

難しいことかもしれないけれど、それだけ現代の世の中は複雑になっているのだと思います。
複雑になっているからこそ自分自身はシンプルに暮らしていきたいと思いました。

健康になるということは体だけのことではなく、
心身ともにHappyに暮らすということ。
それぞれの個人がそうであれば
少しずつでも世の中は変わっていくのかもしれない。
少なくとも大切な人を大事にする心と体の余裕は生まれるんじゃないかな。
三年番茶を頂いて、お話会の合間には体操をして。
ポカポカと体があたたまったところでそんなことを考えた時間でした。

今日は参加できなかったけれど気になる!という方は
たなかれいこさんの「食のギャラリー612」の
ホームページ
をぜひご覧ください。