今日はお休みを頂いて、明日から始まる
飯碗展の設営日。

今回は5人の作家さんと砥部焼の中田窯さん。
個性の違う飯碗たちがin-kyoのひとつの空間に大集合。
店内に並べながら手に持ち、白米が似合うな、とか
炊き込みご飯を盛ってみたい…などなどどれも
お腹が空いてくるような、美味しそうな風景が
想像できる飯碗ばかり。
うーん。自分で企画しておいてなんですが、
楽しい展示となりましたよ!

小さなお子さんの飯碗を探していますというお声も
よく聞きますが、お子様にもピッタリの小さな飯碗も入荷してます。
子供のときだけでなく、成長したらご家族の食卓の中で
小鉢としても使えそう。
たっぷり食べたい男性の方には、小どんぶりくらいの
大きめサイズも。

飯碗はおそらく日々手にする器の中でも一番身近な器なんじゃないでしょうか?
お気に入りのひとつをこの展示で見つけて頂けたら嬉しいです。

土曜日はお米農家の山崎さんが、
今年の取れたて新米(無農薬米)を
大谷哲也さんのライスクッカー(土鍋)で炊いて下さいます。
炊いたご飯は小さな塩おむすびにしてご試食頂きますので
ぜひぜひお越し下さい。

また4日の土曜日は蔵前界隈の月イチイベントの日です。
新しくホームページもできてMAPもダウンロードできるようになりました。
各SHOPの企画も楽しいものばかり。
どうぞお楽しみに。