月のはじまり。

あっという間に5月です。
まさに五月晴れという言葉にピッタリの空と初夏のような陽射し。
日傘や、半袖の方も多く見かけました。

世の中は大型連休中。
10日までお休みを取って海外旅行へ。
という方もいらっしゃるのでは?

in-kyoは連休中、休まず営業。
その後も9日まで営業しておりますので(10.11日は定休日です)
ぜひ遊びにいらして下さい。

先週の月曜日はペルーやボリビアの
アルパカを使用した手織り物や手編みの洋服、
ニット小物を扱うPUENTEの受注会へ行ってきました。
PUENTEの落合さんは、あちらでつくられているものを
そのまま輸入して販売するのではなく、サイズやデザインを
日本人に合うように考え、ペルーやボリビアで生産を依頼し、
細かな指示と厳しい品質チェックのもと、基準をクリアしたもののみ
販売するというお仕事をされています。
現地とのやりとりや無事納期通り日本に到着して発送するまで
ずいぶんと根気と体力が要るだろうと思います。
in-kyoではPUENTEのものを扱うのは今年で3シーズン目。
この時期に発注をしたものが秋になってお店に入荷するわけです。

先日の受注会では現地ペルーに在住して落合さんのお仕事を
お手伝いされているという日本人女性の
シノさんにもお会いすることができました。
ちょうどお昼時(狙ったようですが)に伺って、
なんと現地仕込みのペルー料理を作って下さいました。
日本人にも身近な食材、ジャガイモもあちらでは
乾物として干して使うそうです。もうまったく別物の味わい。

現地のことも知ってもらうためにと映像も見せて頂きました。
行ったことはなくても状況を知って、それがモノと
繋がっているということをイメージするのは大事だなと。

日本はこれから梅雨、夏へと季節がめぐってどんどん暑くなっていきますが。
寒くなった頃、ぜひともPUENTEのあたたかい商品を
手にとってみてください。