先週末は福島市にあるあづま総合運動公園内にある
福島市民家園で行われた「FOR座REST2015」に
in-kyoとして参加させて頂きました。

それまでの雨続きで肌寒い日々が嘘のように空は晴れ渡り、
カーっと気温が上昇。園内の木々からこぼれる陽射しが
眩しくて瞬きすると、5年前、それ以前のことが
フラッシュバックするみたいに蘇ってきた。

民家園で再開されるFOR座RESTは実に5年ぶり。
それでもいろんな記憶が昨日のことのように思い出される。
風も鳥や虫の鳴き声、園内に咲く紫陽花や山百合。
そしてあの場で出会った人たち。また変わらない多くの笑顔。
イベントが始まったばかりの頃はまだお腹にいた子ももう小学生。
月日は確実に流れているのに、自分が時空のどこにいるのか
わからなくなってしまう。
少し気をぬいてしまうと勝手に涙が出てきてしまいそうなほど、
キラキラとしたその目の前の光景を一瞬たりとも逃したくなくて、
イベント中の写真は始まりに1枚だけしか撮っていないことに後で気づいた。
シャボンの泡が消えてしまうみたいに、写真を撮っているうちに
消えていってしまわないか…大袈裟かもしれないけど
震災後、5年を経てのこの場での再開は夢のようなことだったのだ。

おさえていた涙もアン・サリーさんと畠山美由紀さんの歌声には
何の効力も持たずに溢れてきた。レキシのライブにはみんながずっと
満面の笑みだった。他のミュージシャンももちろん。
音楽と人と土地と自然とがつくり出す大きな幸せのグルーヴ。

実行委員のみなさん、ボランティアスタッフのみなさん、
出店者のみなさん、ご一緒できて本当に嬉しかったです。
いつもお世話になりっぱなしのあんざい家も
ありがとうございました&お疲れさまでした!
in-kyoのブースに立ち寄って下さった皆さまもありがとうございました。
ゆっくりお話ができて嬉しかったです。

最後の伸也くんの挨拶
「福島に生まれてよがったー!」
最高の挨拶じゃないか。

そんなみんなに会えてよがったー!
愛に溢れてる福島が大好きです。

そしてまた自分の日々を歩いていくのだ。