今日は宮下さんによる箸づくりワークショップの日。
漆を使って各人思い思いの絵付けをしました。


普段の宮下さんの漆の器は黒、朱、ふき漆で
鮮やかな色を使うことはないのですが…


これらの色は漆に顔料を混ぜて色を出したもの。
これらもまた乾燥することによって色の印象は変わるそうです。

みなさん真剣。漆を扱うこの緊張感もまたいいのです。

乾燥には約1週間。65%以上の湿度を保たせさながら
(漆は湿度があることで乾きます)乾燥させます。
その後最低でも1ヶ月ほど置いてから使い始めた方が良いそうです。
出来上がって使うまで楽しみですね。
私も宮下さんが在廊している間に隙間の時間を使って
箸づくりに挑戦したいと思っています。


ワークショップを終えた後にはご褒美のようなdans la natureのおやつ。
いちごのパウンドケーキ(いちごのジャム添え)とレモンサブレ、
オリーブクッキー。飲み物はteteriaのアッサムを。
いちごのパウンドケーキは千葉奈津絵さんが以前に豊島のいちご農家さん宅で
お菓子のワークショップを行ったときのために作ったレシピだそう。
しっとりとしていて口の中でいちごの味わいが華やかに広がって、
紅茶にとっても合う味でした。なっちゃんありがとう!