この定休日はお江戸へ。

今回はほんの少しの仕事と、その他は
人に会いに行ったり、友人たちが新しく作った
空間(お店)に行ったり。
展覧会(ゴッホとゴーギャン展)や
映画(この世界の片隅に)を見に行くこともできました。

せっかくだから精神が働いて、
ついつい詰め込んでしまうけれど
まぁそんなこともなかなかないので良しとする。
呼吸と一緒。
吸って吸って、たくさん吸ったら
今度はゆっくりと細く長く吐き続ければいいのかなと。

以前、この日記にも書いたコーヒーとチョコレートのお店
「蕪木」にも行って来ました。
木の扉を開けると知っている懐かしい匂い。
何十年も続けていた喫茶店と同じように
コーヒーが木に沁み込んだような香りのする店内。
研ぎ澄まされた空間の中で美味しいコーヒーと自分だけの時間に浸れる場所。
ほんの1時間、いや30分でも日常の中でそんな時間を
持つことができたら毎日は少しずつ変わって行くんじゃないかなぁ。
そんな時間に浸れるお店はありそうでなかなかあるものではない。
コーヒーチケット(これまた懐かしい)も購入したことだし、
東京へ行ったらまたいつでも行けるかと思うと嬉しい。

「お店開けてるの?」と思われてしまいそうな外観ですが
扉を開けて中へぜひ。
そして「蕪木」のお店の角を入ると、空間をあらたにした「SyuRo」が。
素敵なものばかりがそろった気持ちの良い空間。
女性だけでなく、男性も好きなものがきっと見つかると思います。
スタッフの方々の笑顔と接客も素晴らしいのでこちらもぜひ。

蔵前を離れた数ヶ月で町がどんどん変わっているんだなぁ。
さぁて私もまた自分の毎日を頑張ろうっと。