寒さはゆるんだもののどんよりとした雲に覆われた一日。
陽が傾いた頃から雨が降り始めた。
曇り空を見上げると、どこか冬のヨーロッパのよう。



さてさて。
大江ファームさんの紅くるり(大根です)を使って
師匠直伝?甘酢漬けを作ってみました。
もちろん何グラム 何ccなんて分量のレシピはありません。
「お砂糖は三温糖」
「塩を混ぜるときは手で混ぜるんじゃなくてボウルを振って
まぜるばい」(「ばい」って三春の言葉でしょうかね)

「はい」と言いつつ、家では三温糖を使わないので甜菜糖を使ったし、
「お酢は米酢の安いのでいいんだからね」
と言われたけれど、りんご酢が好きなのでそれを使って。
言うことを聞かない弟子。
が、とにかくやりとりが楽しいのです。



大根そのものの色。お酢を加えることでより鮮やかさが増すのです。

出来上がりのお味はと言うと、やはり師匠の年季の入った味にはなりませんが
これはこれで美味しいなぁと。1年くらいは持つようだけど
お弁当に入れたり、晩酌のおつまみなどにしていたらあっという間になくなりそう。

今日は思いがけず師匠の味見チェックを受けることに!(ひぃぃ!)
案の定、味の違いを見抜かれて及第点。あはは。
「でもまた何度もやってみぃ。そうやって失敗しながら料理は覚えていくんだから」

って優しいお言葉。
暮しってこんなささいなことで十分楽しい。