「リトルフォレスト」という漫画が好きで、
その漫画が映画化されたDVDも実は何度も見ている。

レンタルビデオ屋さんに行かなくても
今は便利なもので、ネットで(私はAmazonのプライムビデオを利用)
映画やテレビドラマなどをレンタルと同じようなシステムで
見ることができるのです。もちろん返却もしに行かなくていいし。

朝から雪がしんしんと降り続ける今日のような日は特に有り難い。
一歩も外に出ずに本を読んだり、こまごまと家事をしたりの合間に。
で、パッと選んだのがリトルフォレストの
「冬・春」編

自然の四季の移ろいの美しさと、農作物、食べもの、くらし…
全てが線でつながっていて。
ストーリーに起伏があるわけではないけれど、
だからなおさらそのらせんのような連なりが引き立てられて
愛おしく感じられるというのか。
(らせんや連なりって言葉が映画の中にも出て来ます)

つきたての納豆餅やジャガイモのパン。
あぁなんて美味しそうなんだろう!と、見ていてやたらとお腹が空く映画。笑
「冬の寒さも調味料のひとつ」とも言っていたな。本当に。
またきっと繰り返し見てしまうのだろう。

映画を見て思い出した。
凍み大根が早く出回らないかな。