昨日の天気からは想像もできなかったけれど
天気予報通り、それほど寒くはなかったというのに
お昼前から雪が降り始めた。

雨水。

雪が雨に変わり氷が溶け出す頃。
暦通りのような空。
みぞれまじりの雪も夕方には雨に変わりました。

思い返せば1年前の今日は
蔵前・駒形でのin-kyo営業最終日でした。
開店前の時間を使って、オカズデザインの吉岡夫妻に
心の芯からあたたまるような優しい味わいのスープとパンを用意して頂き、
食事が終わってからは青木隼人さんのギター演奏会
「はじまりの朝」

昨年の天気予報も生憎の雨となっていたのだけれど、
この午前中は奇跡のように晴れ間がのぞき、
青木さんの演奏が終わると同時に雲が出て雨が降り始めました。
まるで夢から覚めたかのように。

その後の時間はいつものように通常営業。
淡々と、変わりなく、この先も同じようにという気持ちで…
の予定だったのだけれど、徳島からははるばるこの日のために(前日も)
aalto coffeeの庄野さんが来てずっとコーヒーを入れて下さって
昼間にはサプライズの飛び入りで山田稔明さんのミニライヴも。
閉店の時間が近づくと、友人・知人、いつも来て下さるお客様が
次々と集まって、シャッポジージョ2人の三線ライヴが開催。
何の準備も企画もしていなかったのに、あの場にいらしたみなさんに
会ってごあいさつをすることができました。
あのときのお礼がまだまだどころか、一生かかっても返すことなんて
できないくらいまわりのみんなに助けられた1年でした。
それこそ夢のように、でも淡くなどではなく濃く深く、鮮やかな時間。

あれから早いもので1年。
少しずつここ三春でも積み木をひとつづつ積み重ねるように
in-kyoというかたちを組み立てて。
モノの行き来だけではなく、人が集まりたくなるような
「場」をここでもつくっていこうと思います。
in-kyoをはじめて10年目。三春でのin-kyo2年目を前に。