月に一度、ご近所の「えすぺり」さんが
自宅用の野菜を配達して下さいます。
「月いちくらぶ」という野菜やパンのセットを
全国に発送しているとのこと。
家が近所だから毎日のようにその日にあるものを
お買い物できれば良いのですが、実は定休日が一緒。
in-kyoが終わってから行ったのではえすぺりさんも
closeしているというわけでこの「月いちくらぶ」を
お願いしているのです。

何軒かの農家さんからの農作物とパンの組み合わせ。
その月ごとに何がやってくるかお楽しみのセット。
そして野菜と一緒に添えられた「通信」がお手紙のようで
嬉しいのです。

ここ数日の雨で洗濯物もお日様にあててカラッとさせることもできず、
部屋はなんだか湿度が高くて掃除をしてもすっきりしないし、
気分もじめじめ…。
でもその大河原さんの通信によると、
梅雨に入っても雨が降らずにいたところ、
ようやく雨が降り始め土が潤い、これで夏に入って
晴れて気温が上がると夏野菜たちが
美味しく元気に育ってくれる
ということが書かれていました。

そうかぁ。ついつい自分本位で考えがちだけれど
梅雨という時期も必要なんですよね。
これがまた昨年のように雨が長く続き過ぎても困るのだけれど。
人間の思うようにはいかないのが自然なんですよね。
その自然と折り合いをつけながら、様子を見ながら、
美味しいものを育てて下さっている生産者の方々に感謝です。
そう思うとこの雨も恵みなのだなとも思えてくるし。

大河原家の夏野菜の収穫が本格的になってきたら
またin-kyoの店頭でも販売させて頂く予定です。
昨年の枝豆の美味しさったら忘れられません。

今月の月いちくらぶのセットには紫玉ねぎやにんじん、
丸っと大きなキャベツや大根、ズッキーニやキュウリ、パンが
入っていました。さぁて今夜の晩ご飯は何を作ろうかな。



↑ 三春のお城山の紫陽花もそろそろ満開。
  これも雨や曇りでしっとりした日の方がしっくりしますねぇ。