持ち寄りごはんの翌日。
我が家に泊まった笑達さんとともに
仁井田本家さんへ酒蔵見学へ。

先日の持ち寄りごはんの際に日本酒を
持って来てくださったのは仁井田本家の蔵元はじめ
奥さまの真樹さんと子どもたち。
せっかくの機会だからと酒蔵見学ははじめてという
笑達さんと長谷川家2人で一緒にお邪魔することに。

私が以前に仁井田本家の酒蔵見学をしたのは2011年の年明け間もない頃。
その年にようやくはじめて自社米の自然米を使ったお酒を
つくることができたというお話を伺って、
新酒を飲むことを楽しみにしていた矢先の震災でした。

それ以来の仁井田本家の酒蔵見学。
細かな知識は記憶から薄らいでいるものの、そのときの蔵の様子と
蔵の取り組みや姿勢にエラく感動したことを覚えている。

先日も同様に。いや、それ以上にこれからやっていきたいことを
語る蔵元のお話に感動しました。
決して強い主張というのではなく、
静かなゆるぎなさというのか。
仁井田本家には「穏(おだやか)」というお酒が
あるのですがまさにその言葉そのものだなぁと。

事前に予約をすれば社員の方が丁寧に説明をしながら
酒蔵を見学させて下さいます。
10/1(日)には年に2度の「蔵感謝祭」とのこと。
私も行きたいところなのですがお店があるので残念ながら。。。
ご興味がある方はぜひ。