9日の日記には「寒さがゆるみ」
などと書きましたがお天気は良いものの
木曜日あたりから気温がグンと下がっています。

水曜の定休日には日帰りで新潟のエフスタイルで行われている(14日まで!)
曽田耕さんの展示を観に行ってきました。
途中、猪苗代あたりは大雪でしたが新潟は雨や雪が降ったり止んだり。
それでも合間には晴れ間も見えて。。。
1日遅かったら三春からでは途中の道は
大雪で行くことを断念せざるを得なかったかも。
ニュースで見ると新潟や北陸方面の雪が心配ですが
エフスタイルのお二人からは雪かき前の駐車場かな?
陽に照らされた雪景色の画像がメールで送られてきました。
「かまくらができそうです」と。

曽田さんの展示、うまく言葉では説明ができませんが
お近くの方は(明日までですが)オススメですので是非とも!です。

我が家には大型のクッション?(ソファ?)連れて帰ってきました。
とても存在感がある印象なので、
本来なら広〜い無機質な空間にポツンとある姿が似合うだろうし、
格好いい使い方なのだと思いますがこれが不思議と
我が家の畳の部屋にも似合ってしまうのです。

「いい!」と使う本人(たちが)とことん思えるもので、
実のあるモノならば自然とそこにしっくり馴染んでくれるんだと思います。
靴でもバッグでも、器でも着こなす洋服でも。
もしそこに違和感を感じるならば何かを工夫したり
次に何かを手にするときのヒントにもなるのかなと。

9月にはin-kyoでも個展をお願いしている曽田耕さん。
どんな展示となるか、宿題を持ち帰ってきたような気持ちです。
多くの方にワクワクして頂けるように
準備を進めていきたいと思いますのでどうぞお楽しみに。