まさに三寒四温。

天候も気温もコロコロと変わるこの季節。
こうやって春へ、春へと季節が少しずつ移ろっていくのですね。
今日は啓蟄。
虫が這い出すには少々気温は下がりましたが。

手作り味噌の仕込みどきをなかなか決められずにおりましたが
今夜大豆を浸水させてようやく明日、取りかかろう思います。
寒仕込みというには遅いかもしれないけれど、
まだ寒い日は続きそうなのでなんとか。

材料となる大豆と米麹は、縁あって滋賀で無農薬・無化学肥料で野菜やお米を育てている
百菜劇場の廣部里見さんと昨年お会いできたこともあり、
百菜劇場のオンラインショップで注文することにしました。
そして塩は味噌作り上手の友人が使っている九州の塩(お友達が作っているものだそう)
を一緒に注文させていただくことに。
たまたまですが、昨年までの材料とは違うものとなりました。
顔が見える方々が届けてくれたもの。
さてさて今年仕込むお味噌はどんな味わいとなるのでしょう。楽しみ。