水曜日に夫君とお味噌を一緒に仕込む予定で
あれこれ逆算、作業の段取りを考えて臨んだ火曜の夜。
浸水を済ませ、水曜日は朝から大豆の第1弾を茹で始める。
(全体量が多いので2回に分ける段取り)

午前中は休日出勤だった夫君。
帰りの時間を見計らってお昼頃から第2弾を茹で始める。
と、頭で考えていた段取り通り。味噌作りスケジュール。
お茶でも飲んで、一息ついたら茹でた大豆をすりつぶす作業を一緒に始めるか。。。
のはずが体が急にだるくてだるくて動けなくなり
冷えてしまったかなぁとヒーターの前を陣取ったが最後、
どうも調子が悪い。
試しに体温でも測ってみるか、と計ると37度超え。
いつも平熱が高いとはいえ少し高い。
横になってちょっと休んでから作業を。。。と思っているうちに
熱がぐんぐん上がって気づけば38度超え。
大人になってからの高熱は体に堪えます。

結局お味噌作りは私は大豆を茹でたっきり、麹と塩を混ぜたっきり。
その後の作業は全て初めての夫君がやることに。
2人でやればスムーズにできる作業も1人では大変なことを
知っているだけに本当に申し訳なかったです。
が、たぶん私よりも集中してやるので上手なんじゃないだろうか?と密かに思っている。
最後には用意しておいた仁井田本家の酒粕を塩代わりにちゃんと敷き詰めていたし。
すでにいい香りがしていて出来上がりが非常に楽しみです。

私の熱はといえば、まず食事は抜いて第一大根湯を(これも夫君作)飲んで
梅醤油番茶も飲んでとにかく懇々と寝続けたら翌日の昼には平熱に。
咳や吐き気などの風邪やインフルエンザの症状もなかったので
なんだったのだろう?寒暖の差による体の反応?胃腸の疲れが出たのかな?
昨日はそんなこんなで大事をとって臨時休業を頂いてしまいましたが
もうすっかり元気です。

お味噌作り。今年はやっていないも同然なのでなんですが。。。
まだ間に合うので手作りのお味噌、美味しいですよ。