予定通り、早起きをしてひとりで益子へ。

ここのところ益子へは陶器市の時期に合わせて
M社長チームの車に乗せて行って頂いているので
自力で行く場合、どのくらい時間がかかるのかを忘れていた。
自力ってもちろんペーパードライバーの私は
電車で行くのですよ、電車で。

で、いざPCで乗り換え案内を調べてみると3時間強!
どの時間帯でもそのくらいはかかる。
ならば早目にスタートするかぁ。というわけで家を8時前に出発。
家を出るときにはちょうどどしゃぶり。
普段だったらここで出かけるのを躊躇するところなんだけど、
電車の時間もあるし長靴を履いて「エイヤっ!」と出かける。
いつからだろう?とんだ雨女っぷりだ。

負け惜しみでもなんでもないんだけど、
雨に濡れた景色を電車から見るのは悪くない。
木々の緑もいっそう濃く、鮮やかに見えるし
かすかに見える山の景色も幻想的だ。

スターネットでの曽田さんの展示は聞いていた通り
楽しい展示で、工房がそのまま屋根裏部屋に引っ越してきたみたいだった。
ピノキオのおじいさんの工房のような?空間。
展示中は展示をするのと同時に靴やバッグをその場で制作していたそう。
「作るのが楽しくて仕方ないからここでまだまだ作らせてくれ!」って感じで
なんだかハッとさせられた。
忘れちゃいけないことを確認させてもらったというか。
曽田さんとは喋っていてもそういうことがよくある。
気づいていない方向から球を投げられることが。
いやぁ行って良かった。

で、その後益子へ移住をしたよしぼーこと吉村和美さんと
パンもコーヒーもとっても美味しいパンドムシャムシャでお茶を。
個展前の準備で忙しい時期に申し訳ないなぁと思いつつ、
久々おしゃべりをして新しい工房もちょこっと見せて頂いた。
使いやすそうで明るくきれな工房。まわりも緑に囲まれて・・・
ものづくりには環境は大事だなぁとしみじみ。
つくる器も少しずつ変わっていくのかな?

帰りはまた途中までディーゼル列車に揺られて。
小旅行のひとり旅。