山小屋の灯り

昨日は春分の日の満月。

只今開催中の本郷毅史さんの写真展「水源光」。そもそもこの展示をin-kyoで開催する経緯は、昨日演奏会を行って下さった菅間一徳さん(guitar)からお話を戴いたことがきっかけでした。春分の日に演奏会を行うことは秋頃にはもうすでに決まっていて、そこでぜひ本郷さんの阿武隈川の水源域の写真の展示も一緒に行えませんかと連絡があったのが冬の始まり。その写真展に寄せて矢吹唯さん(dance)と菅間さんの演奏会「山小屋の灯り」を行いたいと。秋から冬、そして春分の日の昨日と季節は巡り。

演奏後には菅間さん、本郷さんから今回の展示に至る経緯などをお話して頂きました。「はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト」の企画、そしてご担当者のご協力がなければ成しえなかったことなど、人と町と自然のつながりなどの話を聞いている間、私は本郷さんが暗闇の中で一粒一粒かすかな光を集めるようにして撮影した作品に思いを巡らしながら、その一粒一粒の光は人の思いのようなものでもあるなと感じていました。(私の友人は同じように話を聞きながら、美味しそうに炊き上がったお米の粒をイメージしていたようです。それもどこか似ているなぁと。)とても小さな小さな、わずかなものでも放つ光。

震災後、しばらく気持ちの置き場をどこへどう持って行ったら良いのか思いがウロウロとしていた頃のことも思い出されました。人の縁がめぐりめぐって、突き動かされるように、3月にここで、この度の写真展・演奏会が行われたこと、出会いは私にとっても大切な句読点のような出来事だと思っています。 色々な方々に心から感謝を。

写真展は26日までと残すところあと4日間となりました。本郷さんご夫妻の育てたはぜ掛け天日干しの美味しいコシヒカリも期間限定の販売となりますのでどうぞお見逃しなく。

先週、今週

先週、今週の定休日は
夏に企画展をお願いしている作家さんの工房へ。

先週は那須に工房を構える
酒井蘭子さんを訪ねて。

染付の器の印象が強かった蘭子さんですが、染付、白磁以外にもあらたに灰釉の器も今回見せて頂いて、静かに、でもワクワクとした気持ちがじわじわとこみ上げてきました。

「あ、いいな」

それってずいぶん直感的というか、理屈でなく本当に感覚でしかないのだけど、自分がどういったものに対してそう感じるのか?この場合は器ですが、器そのものはもちろん、やはりその向こうに作り手の暮らしが見えるかどうかかなと。どのようなものを目にし、感じ、選び、食べ、どんな日々の暮らしがそこにあるのか?以前よりもさらにそこを大事にしたいと強く思っているんだと自分に対しての発見。

「あぁ。一緒に食卓を囲んでみたいなぁ」
そんな風に思える作り手が生み出す器は、きっと使っていて楽しいだろうな。料理の顔が次々と浮かんでくるような器。と、蘭子さんの工房へお邪魔して感じたこと。

in-kyoがまだ東京にあった頃にお会いしたのがはじめましてだった蘭子さん。
そのご縁は宮城県鳴子市で「さとのわ」を主宰している鈴木美樹さんから。いろんなタイミングが合って、今回企画展のお願いをすることに。楽しみな企画展の詳細はまた追ってお知らせ致します。

水源光

3/1から始まりました本郷毅史さん写真展「水原光」三春からも車で数十分も走れば目にすることのできる阿武隈川。その水源域を撮影したものを作品展示しております。ちなみに本郷さんが撮影された水源域は福島県西郷村から山を奥へ奥へと分け入った場所にあるそうです。

水という命の源。真夜中の真っ暗闇の森では自分の手すら見えない。深く濃い闇に包まれた中で聞こえてくるのは水の音と様々なものの気配。そこで捉えた写真に浮かび上がっているものはかすかな光を一粒一粒集めて現れた水の姿。

本郷さんからお話を伺いながら自分が知る限りの闇を思い浮かべて想像してみる。けれど、どれもその闇には追いつかないのだろうと写真の中の「水源光」の風景へ思いを馳せてみる。日常目にしているものと遠く離れた非日常の風景。でもそれはしっかりと繋がっている事実と不思議。その写真をin-kyoという日常使いの器や雑貨が並ぶ空間で福島の方々にご覧頂ける機会がつくれたことは貴重なことだとあらためて感じています。これも菅間一徳さんからのご縁。本郷さんもそのことを喜んで下さったのが私にとって心から嬉しいことでした。

本郷さんご夫妻が暮らしている、長野県大町市。写真家として活動する一方で木崎湖という湖の目の前にある田んぼで農薬を使わず、手植え・手刈り・はざ掛けの天日干しでお米をご夫婦で育てています(お米に添えられたタグに描かれた絵は奥様のまりこさんによるもの)

期間中には本郷さんのお米の販売もしております(只今、一旦完売しておりまして数日内に再入荷の予定です)美しい環境の中で健やかに育ったお米。早速我が家でも頂きましたがとっても美味しかったです。展示期間は26日まで。水・木曜日は定休日を頂きます。どうぞお気軽に期間中何度でもぜひお運び下さい。

梅が

いわき市内にあるomoto夫妻(彼らについてはまたの機会にゆっくりと)のお庭の梅は花を咲かせていたけれど、三春はまだまだ先だなぁなんて思っていたら、

今朝、自宅近くの梅の蕾がぷっくりと膨らみ始めているのを見つけました。昨年の画像を見てみると1ヶ月近く早いようでびっくり。なんだか慌ててしまいます。桜も早まる予想が出ていますがさてどうなるか。現在、滝桜は樹木医によるメンテナンスが行われているようで、幹だけでなくすべての枝に目が届くように鉄骨の細かな足場が組まれています。そうしたお陰で今年も見事な花を見せてくれることでしょう。

春のような陽射しに誘われて、調子に乗ってついいつもよりも一枚薄着で出かけたらそれはそれでまだ寒くって。この時期に気をつけないとうっかり体調を崩してしまうんですよね。だからストールなどの巻物が手放せません。

ほんの少しずつ

春の気配。

東京は梅が咲き始めたようですね。県内でもいわきの友人宅付近では梅が咲き始めたとのこと。そんな話を聞くとやっぱり福島は広いなぁと感じます。三春の梅はまだまだ。積もりこそしなかったけれど、昨日は時折雪が勢い良く舞っていましたし、会津でも昨日は吹雪いていたようです。

今週は寒さも緩んで温かな日が多くなりそうな週間予報。それだけでも気持ちはどこかソワソワするようなまさに「啓蟄」。

お店でも「お知らせページ」に少しずつUPしておりますが今年も企画展やワークショップ、ライヴなど楽しいことを考えております。頭の中では春、夏、秋、冬と先へ先へと季節を駆け抜けてます。ゆるやかにですけど。

遠方からいらして下さった方にお店のこと以外にもあれこれご案内ができるように。それには自分も色々と見に出歩かなくては!町は私が知らないことがまだまだたくさん。こんな心持ちになるのも春の気配を感じるからなんでしょうね。

写真はin-kyoから歩いて30秒ほどの場所にある「ブリキイヌ」さんが昨日、一昨日と初めてのモーニング営業をされるというので行ってきました。またの機会にぜひ。楽しい種まきがそこかしこに。

打ち合わせで

先日木曜日。陶芸家のくまがいのぞみさんと4月に行う展示の打ち合わせ。場所をどうしようと考えていたときにあ!これは行かねば!とやっと、やっと、中板橋の「1 ROOM COFFEE」さんへ。以前にお米やま・やまざきさんちの田んぼお手伝いでお会いして、いつか必ず伺いますと言ったままなかなか伺えずにおりましたが

やーっと。

隅々まで気が配られていて、とても居心地が良くて、コーヒーもあんバタートーストも美味しかった〜!移転をされるそうですが、その場所も今の店舗から3分ほどの場所だそうで、常連さんたちもさぞかしホッとしていることでしょう。

家の近くにあったら通ってしまうなぁ。絶対に。場所は変わってもきっときっと居心地の良い空気感は変わらないですね。あらたな場所も楽しみ。またぜひ伺いたいです。ごちそうさまでした!

お隣の駅、大山に住んでいたこともあって、久しぶりの東武東上線。ほんの一瞬のセンチメンタルジャーニー。肝心の打ち合わせももちろんバッチリと。DM撮影用の器も受け取ってドキドキワクワクです。

くまがいさんの展示は4/19-4/30  です。今年の桜はどうかな。

東北、山と道具の暮らし展

水曜日は浅草から移動して、神楽坂にあるjokogumo企画『東北、山と暮らしの道具展』の最終日に滑り込み。本当はワークショップなどにも参加したかったけれど。

でもとにかくあれだけの東北の手しごとが集まり、素材から資料、写真、映像も含めて見ることができたのは、本当に貴重な機会で、実際に足を運ぶことができたお陰でいろんなことを考えるきっかけとなりました。 良いものをたくさん見せて頂いた素晴らしい展示。帰る頃には青空も顔をのぞかせて。jokogumo小池さんありがとうこざいました!

東京で東北のことを知り、今自分はその東北で暮らし始めている。土地に根ざした暮らし、知恵、道具、山の恵み、自然…この心をわしづかみにしているものは何なのか?失われつつあるものを知りながらそこで自分は何ができるのだろう?できないとしても何がしたいと思っているんだろう?

東京の風景のことも重なってなのか、なんなのか、なんだか思いがぐるぐるしてしまって、実家に帰った夜は眠れなくなってしまった。考えてもしょうがないのかもしれないけど、まずはこの考えるという作業が大事な気がするし。

で、昨夜も夫君と寝る直前まで日本人のアイデンティティがうんちゃらかんちゃらなんて話をしてたもんだから複雑な夢を連作で見続け、起きたときにはグッタリ。苦笑それでも考え続けようと思う。

たろう。

昨日、今日で東京&千葉の実家へ。

東京を離れてまだ3年ほどだけど、その間の東京の景色の変化には訪れるたびに驚かされる。良い悪いということでなく、ホントただただポツンと自分が浦島太郎のような気分になってしまってるだけなんだけど。好きだった場所や建物、薄暗い雑雑した裏通りが姿を消し始めている。

それはたまたま自分が居合わせた「今」というときに対しての思いを感じているだけで、まさに時代の変化の狭間を見ているのだなとしみじみ。それを見たり、体験できていること自体貴重なことなのだなと。江戸時代、戦後からしたら10年前の景色だって十分大きな変化だったろうから。浅草界隈の人々はその変化もしなやかに受け止めていったのでしょう。

浅草のアンヂェラスが3/17で閉店と聞いて、ショーちゃんと行ってみると雨の中、外で人が並んでいて少し迷ってお茶はせずに、実家へのお土産にケーキだけ買って帰ることに。アンヂェラスの変わらない匂いってものも健在だった。良かった。

思い出は私の記憶にとどめておこう。昨年の『天然生活9月号』の取材で萬田康文氏が撮影したあのページは永久保存版だ。ありがとう憩いのアンヂェラス。

さてと。

私たちの足はアロマへ。店内には以前にも行けばよく居合わせた常連のおばさんやおじさんが当たり前のようにコーヒーを飲んでいた。テレビではワイドショー。マスターもマスクはしていたけどお元気で。ここは変わらないと感じさせてくれる場所。ありがとうこざいます。

豆まきは

昨日は立春の旧正月。そして今日は新月。あらたな季節、年のはじまり。寒さも数日ゆるんでいるからか、陽射しにも景色にもどこか春の気配が含まれているような気がします。

節分の日の豆まきは、遠方へ出張のあるじ不在で今年はナシの予定でしたが、思ったよりも早い時間に義母が「これ、豆まき用に使ってね」と持たせてくれた落花生をお土産にあるじ帰宅。豆まきをすることに。豆まきの時の豆は大豆だとばかり思っていたら、後でわかったことなんですが、案外と落花生を使うご家庭?地域が多いことが判明。福島に限らず、私のまわりでは埼玉県や宮城県、岩手県、北海道でもというお声もあってびっくり。確かに殻付き落花生だとすぐに見つかるし見つかるし、拾って食べることができるしいいことが多いですね。てっきり長谷川家だけの習慣なのかと思ってました。笑

翌朝、駐車場に殻付き落花生がポロっとひと粒落ちていて。なるほど、みんな落花生をまいているんだなぁと納得。ちなみに「鬼は〜外」は言わずに、「福は〜内」だけを言う地域?もあるようです。改心したら鬼も排除はせずということなんでしょうか。やさしい世界。

立春は

なんだか1月はあっという間に過ぎていった印象。ちょっと時間の流れ方が早まわしだったんじゃない?と思うほど。取り立てて忙しかったわけでもないのになんでだろう?

暦の上では間もなく立春。明日の天気予報は、グンと気温が上がって最高気温が11℃だとか。これでは体がびっくりしてしまいますね。人間だけでなく、それは自然もきっと同じこと。土の下の生きものたちも調子が狂ってしまうんじゃなかろうか。 週末のお出かけにはいいかもしれませんが。

自宅では先日凍み大根を仕込んだところ。今年はご近所さんに白く仕上げる作り方を教えてもらったところなのでその方法を試してみました。穴を開けて紐を通してから吊るすのが本来の作り方ですが、自宅用に作る量は数も少ないので干し網に並べてみたけれどどうだろう。せっかく凍みた大根も明日の暖かさでゆるんでしまうなぁ。凍み始めた大根は白く、朝陽に照らされてキラキラと光った姿が美しい。寒さが美味しくしてくれるもの。凍み大根は、映画の「リトルフォレスト」にも出てきたな。