渡邊浩幸さんの個展スタート

渡邊浩幸さんの個展「暮らしの中に」

が13日からスタートしました。初日から昨日まで在廊してくださった渡邊さん。いらしたお客様ひとりひとりとなるべくたくさんお話ができたら。。。と展示が始まる前からおっしゃっていました。それは作品の話ばかりではなく、美味しいものの話だったり、住んでいる土地の話だったり、本当に色々。そうした小さな、でもあたたかなコミュニケーションが渡邊さんの作品を手にして下さった方にも思い出も含めたモノへの愛着へとつながるのではないかなぁと思いました。

展示は24日まで開催いたしますが明日、明後日(水・木)は通常通り定休日を頂きます。どうぞこの機会にぜひお越しください。

日々の様子はインスタグラムなどのSNSでもご覧頂けますのでそちらもぜひ。

(Instagramアカウント名はmiharuno.inkyoです)

暮らしの中に

いよいよ13日からはじまる
木工作家・渡邊浩幸さん個展

「暮らしの中に」

これまで渡邊さんの作品は
in-kyoの常設、グループ展で
ご紹介しておりましたが、
実は個展は今回がはじめて。
満を持しての開催です!

DMをご覧になった方から
お問い合わせも頂いている
新作の鏡の他にも
ランプシェードやキャンドルスタンドなど、in-kyoでは
はじめてご覧頂く作品がございます。
もちろんカトラリーなどテーブルまわりの定番の
ものも。

暮らしの中にあったらいいなと
思うもの。それは美しさや
楽しさ、手触りの気持ち良さ、使ったときの嬉しさなど
便利さとはちょっと違うかもしれないけれど、暮らしと心に豊かさを与えてくれるものたちなんだろうと思います。渡邊さんの手から生まれた作品たち。

ぜひこの機会にご覧下さい。

会期は13日〜24日まで。
期間中、水・木は
定休日を頂きます。

写真のランプシェードは
三春に移住をした際に
渡邊さんから結婚と引越しの
お祝いで戴いたもの。
今の家ではダイニングテーブル上の
灯りとして毎日使っています。
ホッとする灯りの良さはもちろん、電気をつけない日中の姿もまた良いのです。

出張Thyme の日

先日、日曜日の午前中は
出張Thyme in in-kyo

夏の疲れを癒すクレンジグクリームづくり をThymeのいのこしさんが、それぞれのアロマオイルの香りの特徴、効能を詳しく説明しながら教えて下さいました。

午後はフリーレッスンの時間。

店内が1日良い香りに満たされながらあっという間に過ぎていきました。

香り。
知れば知るほど
興味深く、面白いですよ。
今回はご都合つかなかったという方も次回はぜひ!
11月頃にまた開催できればと思っております。

夏のハーブティーが
店内ドリンクで人気でしたが、
早くも秋のブレンドハーブティーをいのこしさんに用意して頂きました。ジンジャーやレモンピールが入って、身体を活性してくれそうです。ホットでぜひ。

明日9/2〜9/6期間、
in-kyoは少し遅い夏休みを頂きます。
何卒ご了承下さい。

Book !Book!AIZU「ほんのわ」

週末、
in-kyoはお休みを頂き、
土曜日は
喜多方市にある
食堂つきとおひさまで
「愛しいもの、愛しい暮らし」
をテーマにしたイベントで、哲学者・鞍田崇さんと
トークをさせて頂きました。
参加して下さった皆さま。
本当にありがとうございました!!
こんな素敵な機会をつくって下さった、食堂つきとおひさま五十嵐夫妻に心より感謝しております。

このイベントは
2011年からスタートした
Book! Book! AIZU 
の企画のひとつ
「ほんのわ」というもので、
会津各地域4箇所で行われるトークイベントの第1弾でした。

聞き上手な鞍田先生に引き出されてついつい話をし過ぎてしまいましたが、笑
東京から三春に移転したこと、お店を始めることになったきっかけ、経緯をお話させて頂きながら 
私自身が惹かれてやまない
「もの」そのものだけではない関わりや、その向こう側にある暮らしや人への思いといった、かたちのないもの。その正体のようなものを「愛おしさをデザインする」という言葉で鞍田先生が導いて下さった時間でもありました。

喜多方市 食堂つきとおひさま店内にて

話をする側だったというのになんだか変かもしれませんが、参加して下さった方々と少しでも私のそんな思いを共有できていたら嬉しいです。

今回は大学生の方々も多く、これからたくさんのモノ・コト・ヒトと出会っていく中で、昨夜の時間をふと思い出す日がやって来るといいな、などと勝手に思っています。
次世代!どんな世界が広がっていくのでしょう。楽しみで仕方ありません。
少し先行く私も、地に足つけて、暮らしを大切にしながら自分の持ち場で頑張ろうと力を頂きました。

鞍田崇先生 著書の
「民藝のインティマシー」
㊗️4刷!
哲学というと、難しい学問と構えてしまいがちですが、この本を読むと歴史、時代的背景、政治、経済、流行などといった大きな流れの中での民藝の過去と未来が浮き彫りになって見えてきます。
おすすめですのでぜひ!

帰省

今年はお盆の期間は定休日以外、通常営業通りお休みを頂かずにおりました。お盆にお墓参りもせずにバチが当たりそうですが一週ずらして昨日、一昨日で実家に帰省。お墓参りも無事に済ませることができました。

自己満足なんでしょうけれど、なんというか、それだけでも自分の中でご先祖様に対してケジメのようなものがついたような気がしてスッキリ。

浅草アロマのプラムジュース。この季節だけの味。マスターにも奥様にも久しぶりにご挨拶できました。

東京を経由して水曜の夜は家族のような友人たちと久しぶりに大好きなお店で食事。これも親戚の集まりのようで笑って、食べて、飲んで。そこでは心がのびのびしているのがわかるというのか。その後は千葉の実家へ。

「ただいま〜」と言える人、町、がいくつかあるというのはいいものだなぁとしみじみ。そして今朝は実家の最寄りの駅からAM6:04発の電車に乗って三春に帰ってきました。ただいま、三春。

この時間に乗ればお店のオープンに間に合うことがわかったけれど、朝の通勤ラッシュに重なるから次はナシですね。

以前よりお知らせしております通り、明日・明後日(8/24、25)はお休みを頂きます。何卒ご了承下さい。

暑中お見舞申し上げます

梅雨明けとともに全国的に猛暑日が続いているようですが、三春もご多分にもれず。梅雨の時期が今年は肌寒い日が多かったので、なおさらこの暑さは身体にこたえます。

それでもあのジメジメで雨降りの毎日を思えば、お洗濯物はカラッと乾くし、お布団を干したり部屋に風を通したり。単純なので、暑くてもやっぱり晴れているというだけで嬉しくなってしまいます。

お陰で梅干しの土用干しも雨に降られることなく、夜露にも当てて無事に完了。今年の梅は、和歌山に移住をした知人が育てた無農薬の南高梅。ところどころ斑点が出ていますが香りも良く、皮も柔らかいまま仕上がったのでこれからどんな味へとこなれていくか楽しみ。

********************************************************************

お知らせページにもUPしましたが今月は長期休暇はないものの、変則的にお休みを頂いたり、営業時間を変更している日があります。遠方からお越しの方も多いこの時期。どうぞお出かけの際はお知らせページの「8月のお休み」をご確認くださるか、またはお電話を頂けると助かります。

企画展「dessert」終了しました。

企画展「dessert」
が23日で終了致しました。

最終日はデルベアの旅するカキ氷の日。
デルベア・熊倉さんの
すこぶるおいしいカキ氷は、
ご予約頂いたたくさんお客様から
感嘆の声が上がり、打ち上げ花火のような華やぎのある1日となりました。

期間中ご来店下さった
皆さまはじめ、

酒井蘭子さん
吉村和美さん
渡邊浩幸さん
siuさん

デルベア・熊倉さん
今回、餡子を作って頂いた
食堂ヒトトの谷口結さん

ヘルプをお願いした
coquesの大橋祐香さん

たくさんの方々に
お世話になりました。
心よりお礼申し上げます。

作品は在庫があるものに
関しては、引き続き
店頭にてご覧頂けるように
したいと思っておりますので
期間中、ご都合がつかなかったかたも常設の店内で
ぜひご覧ください。

展示期間は23日まで

12日からスタートした企画展「dessert」も早いもので月・火曜の残すところあと2日となりました。デザートをテーマに、4名の作家の方々の様々な作品を一度にご覧頂ける貴重な機会です。最終日は今年もデルベアさんが奈良から三春まで出張して下さって「デルベアの旅するカキ氷」のイベントを開催致します。ご予約はすでに満席となっておりますが、展示はご覧頂けますのでどうぞこの機会をお見逃しなく!ご来店お待ちしております。

展示3日目

12日から始まった企画展「dessert」

昨日は夏色の空が広がり、久しぶりに気温も上がりました。天気予報では午後から雨のはずが、曇りのままなんとか降らずに1日を終えました。それだけでも気持ちがいいもので「晴れ晴れする」とまさに言葉の通り。

今日はまた雨降りです。こう降り続けると、そろそろ梅雨も明けて欲しいなぁと願いたくなります。

そんなお足元が悪い中、三連休の中日の今日は、ご家族でお越しの方が皆さんで器を選んでくださる様子が微笑ましく、ゆったりとご覧いて嬉しい限りです。

明日も通常どおり10:00-17:00で営業致します。

まだまだ器、カトラリー、アクセサリーやオブジェ。色々揃っておりますのでぜひこの機会にお越し下さい。

本日初日

今日から始まりました企画展「dessert」

素材・カタチ・色など様々。見ているだけでワクワクする展示となりました。

酒井蘭子さん、吉村和美さん、渡邊浩幸さん、siuさんの4名の作家さんによるデザートにぴったりの器やカトラリー、デザートのようなオブジェやアクセサリーの展示。

いつものごとく、私自身が昨日の設営時からワクワクと緊張で初日を迎えたわけですが、今日は整理券を配布し、混乱もなく穏やかなスタートとなりました。ご来店下さった皆様にゆっくりとお気に入りのひと品をお選び頂けたことでまずはホッとひと安心。初日を無事に終えることができました。ご来店下さった皆様、作家の皆さん、本当にありがとうございました。

テーマはデザートですが、お料理にもあれこれと使えそうな器たちは想像が広がって考えるだけで楽しくなってしまいます。

酒井蘭子さんの蕎麦猪口。蕎麦猪口の用途は飲み物だけでなくヨーグルトやアイス、ベリー系などの器としても素敵です。
色が美しい吉村和美さんの器。注目するのは色だけでなく、使いやすさをとことん考えた形とサイズ感。

渡邊さんのカトラリーは、使いやすさはもちろん、どこかユーモラスさを含んだ姿がどんな器にもしっくり馴染みます。

一つ一つ並んだ姿が可愛らしい渡邊浩幸さんのカトラリー。木目の違いで選ぶのも木という素材ならではの楽しみかもしれません。

そしてsiuさんの砂糖菓子のようなオブジェとブローチやイヤリング、ピアスは陶磁器で作られたもの。形もそれぞれ違うのでどれにしようか迷ってしまいます。

siuさんの作品。写真はピアスやイヤリング。
まるで標本箱のような美しさ。

まだまだ展示は始まったばかり。作品もたくさんございますので明日以降のご来店も心よりお待ちしております。尚、渡邊浩幸さんが20日(土)に終日在廊してくださることになりました。直接質問などお話ができる機会ですのでぜひ。