omotoの衣食住楽へ

先週、9/29はin-kyoはお休みを頂きいわきのomotoアトリエで行われたイベント「omotoの衣食住楽」へ出張ワークショップで参加させて頂きました。
参加して下さった皆さまと楽しい時間を一緒に過ごすことができてとても嬉しかったです。ありがとうございました。

くらしとしごとが溶け合う空間


今回、私が行ったワークショップは文章の書き方というよりも、文章を書くことで頭の中が整理されたり、心がやわらいだり、解放されるというか。そんなことに気づくきっかけをつくれたらと思って考えた内容でした。


テーマは「心が動くってどういうこと?」五感が心にもたらす変化や刺激。それは決して大きな出来事ではなくても、すでに日常の中にあって、そこからすくい上げることができるのでは?と。これは20年ほど前に永井宏さんが教えて下さったことでもあります。


会話をしながら皆さんが紙と鉛筆を使って思い思いに書いた文章を朗読して頂いて、みんなで耳をかたむけて。そうしたワークショップをomotoのしごととくらしが共に感じられる空間で行えたことに心から感謝しています。

康人さん、智子さんありがとう&10周年おめでとう!スタッフちかちゃん、ちえみちゃんにも大変お世話になりました!ご一緒した衣食住楽出展者の皆さんにもお会いできて嬉しかったです。ありがとうございました。

渡邊浩幸さんの個展終了

木工作家・渡邊浩幸さん個展
「暮らしの中に」が
9月24日で終了致しました。

期間中、ご来店下さった皆さま
本当にありがとうございました。

今日は展示の余韻に浸りながら
撤収&通常営業の設営作業。
期間中のお客様との会話、
在廊して下さった渡邊さんとの
やりとりなどを思い返しながら。

つくる人と
使う人。
お店はそのつなぎ目。
矢印の方向は一方向ではなく、
ぐるぐる行ったり来たり。
顔が見えるということ。

そんなことを店主の私自身が
渡邊さんの作品づくりから
学ぶことができた展示でした。

渡邊さんありがとうございました。

今回、イベントでお世話になった
TeaRoom Colineの高橋裕見子さん

DMの写真撮影をしてくれた
大沼ショージさん
素敵なデザインに
仕上げてくれた渡辺朋子さん
たまらないかわいさの
モデルyaeさん

ありがとうございました。

明日が最終日

13日からスタートした渡邊浩幸さんの個展

「暮らしの中に」

会期もいよいよ明日が最終日となりました。

定休日を除いて10日間。期間中には三連休が二度あったこともあり、ご旅行やお彼岸で帰省した際にお立ち寄り下さった方もいらっしゃって近くはもとより、遠方からのお客様も多くありがたい限りです。最終日は平日となりますが、その分ゆっくりとコーヒーやお茶を飲みながらご覧いただけるのではないかと思います。

今回、DMでも使用した鏡をはじめ、木のランプシェードや振り子時計、カバンボードと名付けられたカッティングボードなどもまだございます。

完売したものに関してはお時間を頂けたらご注文というかたちで渡邊さんに制作もお願いできますのでぜひお気軽にご相談ください。

最終日、ご来店お待ちしております。

お話会の日

16日に行われた渡邊さんとTea Room Coline高橋さんとのお話会の日。

木工と紅茶・イギリス菓子の世界。
まるで違うジャンルかもしれないけれど、出会うことで世界がより広がる面白さや、思いのほか共通する部分とか、意外な点とか。

限られた時間と人数でしたが、
それらを知る、気づく、
きっかけとなるような
ひとときだったのではないかと
店主は勝手に思っております。
ご参加下さった皆さま
本当にありがとうございました。

渡邊さん、高橋さん
興味深く、楽しいお話を
ありがとうございました!

渡邊さんの展示は引き続き
24日(火)まで開催致します。

写真は昨日のお菓子3種と
渡邊さんの白漆リムプレート。
フォークはパスタフォークと
名付けられている4本爪の
ものですが、もちろんケーキでも。

渡邊浩幸さんの個展スタート

渡邊浩幸さんの個展「暮らしの中に」

が13日からスタートしました。初日から昨日まで在廊してくださった渡邊さん。いらしたお客様ひとりひとりとなるべくたくさんお話ができたら。。。と展示が始まる前からおっしゃっていました。それは作品の話ばかりではなく、美味しいものの話だったり、住んでいる土地の話だったり、本当に色々。そうした小さな、でもあたたかなコミュニケーションが渡邊さんの作品を手にして下さった方にも思い出も含めたモノへの愛着へとつながるのではないかなぁと思いました。

展示は24日まで開催いたしますが明日、明後日(水・木)は通常通り定休日を頂きます。どうぞこの機会にぜひお越しください。

日々の様子はインスタグラムなどのSNSでもご覧頂けますのでそちらもぜひ。

(Instagramアカウント名はmiharuno.inkyoです)

暮らしの中に

いよいよ13日からはじまる
木工作家・渡邊浩幸さん個展

「暮らしの中に」

これまで渡邊さんの作品は
in-kyoの常設、グループ展で
ご紹介しておりましたが、
実は個展は今回がはじめて。
満を持しての開催です!

DMをご覧になった方から
お問い合わせも頂いている
新作の鏡の他にも
ランプシェードやキャンドルスタンドなど、in-kyoでは
はじめてご覧頂く作品がございます。
もちろんカトラリーなどテーブルまわりの定番の
ものも。

暮らしの中にあったらいいなと
思うもの。それは美しさや
楽しさ、手触りの気持ち良さ、使ったときの嬉しさなど
便利さとはちょっと違うかもしれないけれど、暮らしと心に豊かさを与えてくれるものたちなんだろうと思います。渡邊さんの手から生まれた作品たち。

ぜひこの機会にご覧下さい。

会期は13日〜24日まで。
期間中、水・木は
定休日を頂きます。

写真のランプシェードは
三春に移住をした際に
渡邊さんから結婚と引越しの
お祝いで戴いたもの。
今の家ではダイニングテーブル上の
灯りとして毎日使っています。
ホッとする灯りの良さはもちろん、電気をつけない日中の姿もまた良いのです。

出張Thyme の日

先日、日曜日の午前中は
出張Thyme in in-kyo

夏の疲れを癒すクレンジグクリームづくり をThymeのいのこしさんが、それぞれのアロマオイルの香りの特徴、効能を詳しく説明しながら教えて下さいました。

午後はフリーレッスンの時間。

店内が1日良い香りに満たされながらあっという間に過ぎていきました。

香り。
知れば知るほど
興味深く、面白いですよ。
今回はご都合つかなかったという方も次回はぜひ!
11月頃にまた開催できればと思っております。

夏のハーブティーが
店内ドリンクで人気でしたが、
早くも秋のブレンドハーブティーをいのこしさんに用意して頂きました。ジンジャーやレモンピールが入って、身体を活性してくれそうです。ホットでぜひ。

明日9/2〜9/6期間、
in-kyoは少し遅い夏休みを頂きます。
何卒ご了承下さい。

Book !Book!AIZU「ほんのわ」

週末、
in-kyoはお休みを頂き、
土曜日は
喜多方市にある
食堂つきとおひさまで
「愛しいもの、愛しい暮らし」
をテーマにしたイベントで、哲学者・鞍田崇さんと
トークをさせて頂きました。
参加して下さった皆さま。
本当にありがとうございました!!
こんな素敵な機会をつくって下さった、食堂つきとおひさま五十嵐夫妻に心より感謝しております。

このイベントは
2011年からスタートした
Book! Book! AIZU 
の企画のひとつ
「ほんのわ」というもので、
会津各地域4箇所で行われるトークイベントの第1弾でした。

聞き上手な鞍田先生に引き出されてついつい話をし過ぎてしまいましたが、笑
東京から三春に移転したこと、お店を始めることになったきっかけ、経緯をお話させて頂きながら 
私自身が惹かれてやまない
「もの」そのものだけではない関わりや、その向こう側にある暮らしや人への思いといった、かたちのないもの。その正体のようなものを「愛おしさをデザインする」という言葉で鞍田先生が導いて下さった時間でもありました。

喜多方市 食堂つきとおひさま店内にて

話をする側だったというのになんだか変かもしれませんが、参加して下さった方々と少しでも私のそんな思いを共有できていたら嬉しいです。

今回は大学生の方々も多く、これからたくさんのモノ・コト・ヒトと出会っていく中で、昨夜の時間をふと思い出す日がやって来るといいな、などと勝手に思っています。
次世代!どんな世界が広がっていくのでしょう。楽しみで仕方ありません。
少し先行く私も、地に足つけて、暮らしを大切にしながら自分の持ち場で頑張ろうと力を頂きました。

鞍田崇先生 著書の
「民藝のインティマシー」
㊗️4刷!
哲学というと、難しい学問と構えてしまいがちですが、この本を読むと歴史、時代的背景、政治、経済、流行などといった大きな流れの中での民藝の過去と未来が浮き彫りになって見えてきます。
おすすめですのでぜひ!

帰省

今年はお盆の期間は定休日以外、通常営業通りお休みを頂かずにおりました。お盆にお墓参りもせずにバチが当たりそうですが一週ずらして昨日、一昨日で実家に帰省。お墓参りも無事に済ませることができました。

自己満足なんでしょうけれど、なんというか、それだけでも自分の中でご先祖様に対してケジメのようなものがついたような気がしてスッキリ。

浅草アロマのプラムジュース。この季節だけの味。マスターにも奥様にも久しぶりにご挨拶できました。

東京を経由して水曜の夜は家族のような友人たちと久しぶりに大好きなお店で食事。これも親戚の集まりのようで笑って、食べて、飲んで。そこでは心がのびのびしているのがわかるというのか。その後は千葉の実家へ。

「ただいま〜」と言える人、町、がいくつかあるというのはいいものだなぁとしみじみ。そして今朝は実家の最寄りの駅からAM6:04発の電車に乗って三春に帰ってきました。ただいま、三春。

この時間に乗ればお店のオープンに間に合うことがわかったけれど、朝の通勤ラッシュに重なるから次はナシですね。

以前よりお知らせしております通り、明日・明後日(8/24、25)はお休みを頂きます。何卒ご了承下さい。

暑中お見舞申し上げます

梅雨明けとともに全国的に猛暑日が続いているようですが、三春もご多分にもれず。梅雨の時期が今年は肌寒い日が多かったので、なおさらこの暑さは身体にこたえます。

それでもあのジメジメで雨降りの毎日を思えば、お洗濯物はカラッと乾くし、お布団を干したり部屋に風を通したり。単純なので、暑くてもやっぱり晴れているというだけで嬉しくなってしまいます。

お陰で梅干しの土用干しも雨に降られることなく、夜露にも当てて無事に完了。今年の梅は、和歌山に移住をした知人が育てた無農薬の南高梅。ところどころ斑点が出ていますが香りも良く、皮も柔らかいまま仕上がったのでこれからどんな味へとこなれていくか楽しみ。

********************************************************************

お知らせページにもUPしましたが今月は長期休暇はないものの、変則的にお休みを頂いたり、営業時間を変更している日があります。遠方からお越しの方も多いこの時期。どうぞお出かけの際はお知らせページの「8月のお休み」をご確認くださるか、またはお電話を頂けると助かります。